マイクと音響

アナウンススクールってどんなところ?アナウンサーになるには通うべき?

2020.07.16 / 未分類

アナウンススクールはどんなところ?

アナウンサーの仕事は、人気が高く競争率が高いことでも知られています。
アナウンサーになるための採用試験を受けるなら、たくさんのライバルに勝って採用されるように努力をしておく必要があるでしょう。
そんな厳しい競争を勝ち抜くためには、アナウンサーに必要なスキルを身に付けるために、アナウンススクールで学ぶ方法があります。

アナウンススクールとは、アナウンサーを目指す人が、採用試験に合格するために必要な指導を行ってくれるスクールです。
アナウンサーの仕事の内容は、テレビやラジオなどのメディアで様々な情報を伝える仕事以外に、イベントのMCを務めるなど、司会進行の仕事を任せられることがあります。

アナウンススクールで学ぶことができる内容は、話し方のレッスンだけでなく、マナーや仕事の進め方などアナウンサーとしての業務に必要なことが身に付く内容になっています。
アナウンサーになってからのことはもちろん、アナウンサーになるための採用試験に合格できるように、面接における対策も学べるのがアナウンススクールです。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6

アナウンススクールでは何が学べる?

アナウンススクールに通う場合、レッスンで学べる内容について見ていきましょう。
全国にはたくさんのアナウンススクールがあるので、全て同じ内容ではありませんが、ほとんどのアナウンススクールで行われているレッスンの内容について紹介します。

一つ目は、発声方法や発音、滑舌などの話し方の基礎となるレッスンです。
アナウンサーに限らず役者やアーティストなど芸能関係の人や、飲食店や販売員などの接客業など、相手が聞き取りやすい話し方が必要な職業には、特に必要なレッスンとなります。

二つ目は、原稿読み、フリートークなど、実際にアナウンサーとして仕事をしていくために必要な力を養うレッスンとなります。
アナウンサーの採用試験では、一般企業のような面接内容以外にも、原稿を読む審査やフリートークを審査する場合もあるので、アナウンサーの採用面接対策とし、とても役に立つレッスンです。

三つ目は、自己PRや筆記試験、面接試験の対策など、実際に受けるアナウンサーの採用試験に繋がるレッスンです。
アナウンサーに必要な「正しく話して伝える」ことができるように、実際の面接で成功するために、対策しておくべきポイントを学ぶことができます。

その他にも、マナーや一般常識についても学べるレッスンを取り入れているスクールもありますし、女性であればメイク方法などの指導を授業に取り入れているスクールも多いです。

アナウンススクールは必要?

アナウンサーになるために、アナウンススクールに通うことが絶対条件なのかといえば、絶対に必要だとは言い切れません。
実際に、テレビで活躍しているアナウンサーでも、アナウンススクールでレッスンを受けた経験が無くても、採用試験に合格した人もいます。

しかし、アナウンサーの仕事は素質があったとしても、全くレッスンやトレーニングを受けずに、プロとしてできる仕事ではありません。
レッスンを受けた経験がない人が、アナウンサーの採用試験に合格すれば、採用後に必要な技術を身に付けるために猛練習することになるでしょう。

アナウンサーの採用試験を受ける前に、アナウンススクールでレッスンを受けておけば、話し方や伝え方など必要なスキルが身に付いた状態で試験を受けるので、有利になることは間違いないでしょう。
アナウンススクールに通うためには、時間も費用もかかってしまうので、誰でも気軽に通うというわけにはいかないかもしれませんが、可能な限り通っておく方がアナウンサーの採用試験に合格する可能性は上がります。

発声や滑舌の練習など、スクールに通わなくても、自分自身の努力でできる練習もありますが、面接の対策や原稿読み、フリートークなどを、プロの講師に客観的に見て指導してもらえるのは、アナウンススクールの良いところだと言えるでしょう。
アナウンススクールに通うためにかかる費用や、通う期間については、スクールによっても違うので自分に合う学び方ができるスクールを見つけましょう。

アナウンススクールに通うメリットと言えば?

アナウンススクールに通うメリットといえば、採用試験に合格するための対策ができること、アナウンサーとして役立つスキルを身に付けることができるだけではありません。
同じようにアナウンサーを目指す人たちと同じレッスンを受けることで、自分のレベルを知ることもでき、ライバルから良い刺激を受けることもできます。
さらに、プロの講師による指導では、素人には気付けないような欠点や問題点を指摘してもらい、改善できるような対策法を聞くこともできます。

各テレビ局が運営しているアナウンススクールなどでは、推薦制度があるスクールも多いです。
アナウンススクールで実力を伸ばすことで、推薦枠で採用試験を受けられる場合もあります。
一般の採用試験に比べ、推薦での採用試験の方が合格率は高くなると言われています。

アナウンススクールの選び方

アナウンススクールを選ぶ時には、スクールの費用や場所など自分が通える条件の範囲で選ぶのはもちろんですが、講義の内容もチェックしてから決めましょう。
アナウンススクールでは、レッスンにかかる費用も決して安くないので、できるだけ安い所や、通いやすいように自宅から近い場所などで選ぶ人も多いですが、どんなに通いやすい条件でも、講義の内容に納得できなければ意味がありません。

アナウンススクールを選ぶ時には、興味を持ったスクールの資料請求、体験レッスンや説明会を上手に利用しましょう。
講師との相性や、レッスンの雰囲気などは自分の目で確かめて、納得できるスクールを選ぶのが基本です。

また、アナウンススクールには、日本テレビやテレビ朝日などテレビ局が運営しているスクールや、アナウンサーやMCなどが所属する芸能プロダクションが主催しているスクールなどがあります。
テレビ局が運営している場合、現役で活躍しているアナウンサーから指導を受ける機会があるなど、将来の役に立つ環境で学ぶことができます。
また、芸能プロダクションが運営しているアナウンススクールであれば、真面目にレッスンに取り組み実力が認められれば、スクールを卒業後にアナウンサーとしてプロダクションに所属できる場合もあります。

他にも話し方などのプロや、元アナウンサーが個人で開業しているアナウンススクールもあります。
それぞれに良さがあるので、比較して慎重に選びましょう。

また、アナウンススクールを選ぶ時には、講師のプロフィールなどもチェックしておきましょう。
アナウンススクールの講師であっても、アナウンサーの実績や経験はなく話し方のプロの講師、面接対策のプロの講師がメインでレッスンを行っているスクールもあります。
アナウンサーを目指して、アナウンススクールに通うのであれば、アナウンサーとしてのキャリアがある講師から指導を受けられるスクールを選ぶのがおすすめです。
経験者から指導を受けることで、よりアナウンサーに必要なことが分かりやすく身につ、採用試験の合格率も高くなるでしょう。

アナウンススクールの中には、アナウンサーを目指すわけではなく、一般企業での営業職や、プレゼンが上手くできるようになるために通う生徒を受け入れているスクールもあります。
あくまでも目標は「アナウンサーになること」であれば、アナウンサーに特化したスクールを選びましょう。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6