1[1]

赤ちゃんモデルになるために!オーディションで役立つ情報をご紹介

赤ちゃんモデルって?

我が子を芸能界デビューさせるための1つの手段として、赤ちゃんモデルのオーディションへの応募があります。赤ちゃんモデルとして活躍すれば芸能界とのつながりができるため、将来的に子役やタレントとして活動できるチャンスも生まれます。赤ちゃんモデルとして活躍できる期間は限られているため、早めに行動を起こすことが大切です。赤ちゃんモデルとは具体的にどのようなものなのでしょうか。今回は、赤ちゃんモデルのオーディションはどのように受けたらいいのかについて紹介します。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5bd00d871afe2

赤ちゃんモデルの活動内容

赤ちゃんモデルの活躍の場として代表的なのは、雑誌です。たとえば、ベビー服の宣伝のために雑誌に出たり、ママ向けの育児情報の雑誌に掲載されたりします。撮影は、他の赤ちゃんモデルやママモデルと一緒におこなわれる機会も多いです。また、赤ちゃんモデルは雑誌だけでなく、カタログやパンフレットでも活躍できる可能性があります。

さらに、赤ちゃんモデルはCMに起用される場合もあります。たとえば、おむつのCMに出てくる小さな子どもも赤ちゃんモデルです。企業と仕事をするようになれば、CM以外にも商品のパッケージにモデルとして載ることもあります。その場合、赤ちゃんモデルは商品の顔となるため、いきいきとした表情ができる赤ちゃんが重宝されます。赤ちゃんモデルとしてCMに出演すれば多くの人の目に触れるため、より活躍の場を広げるチャンスとなるでしょう。そのため、我が子を赤ちゃんモデルにしたい親は、CMに出演させることを目標にしている場合も多いです。

赤ちゃんモデルの収入事情

赤ちゃんモデルとして活動する場合、最初にモデル事務所に登録するケースが多くなっています。親が赤ちゃんモデルや芸能界のことに詳しくないのであれば、個人でオーディションを受けに行くよりも事務所に登録したほうが赤ちゃんモデルとして活躍できる可能性が広がるからです。

ただし、事務所に登録するためには、登録料として数万円~数十万円もの費用がかかります。また、年会費としてさらに数万円~数十万円がかかります。これは、オーディションのためにブランド物のベビー服を購入する必要があるからです。赤ちゃんモデルは事務所に登録するだけでも、多くの出費がかかります。

しかし、赤ちゃんモデルの収入は1回の撮影で数千円程度にしかなりません。仮に、赤ちゃんモデルとしておむつのパッケージに起用されたとしても、年間で得られるのは数十万円程度です。そのため、せっかく赤ちゃんモデルになっても、割に合わないという理由から早い段階で辞めてしまうケースもあります。赤ちゃんモデルを目指すのであれば、収入以外を目的にしたほうがよいでしょう。たとえば、自分の子どもを赤ちゃんモデルにしたいという親は、本格的な芸能デビューのきっかけにしたいと考えている傾向が強いです。我が子を赤ちゃんモデルにするなら、そういった事情もよく考えて計画性をもつことが大切です。

一般公募のオーディションを受けるには?

赤ちゃんモデルの一般公募のオーディションを受けたいなら、まずは開催状況をチェックしましょう。応募できそうなオーディションをみつけたら、合格した場合に実際に通えるかどうかを確認します。たとえば、住んでいる場所からの距離やかけられる費用を考慮するのが大切です。赤ちゃんにとって大きな負担がかからないように配慮することも忘れてはいけません。そのうえで、気になるオーディションには積極的に応募してみましょう。モデル事務所のオーディションを受けるのであれば、登録料や年会費がいくらかかるのかまでしっかり確認する必要があります。

オーディションを受けるときのポイント

赤ちゃんモデルのオーディションで合格を勝ち取るためには、根気よく取り組むことが大切です。オーディションは競争率が高いため、しっかりと準備を整えたうえで応募したほうが合格の可能性は高まります。

オーディションに応募するときは、まず志望動機を用意する必要があります。とはいえ、実際の審査においては、これらの情報はさほど重要ではありません。なぜなら、0~3歳くらいまでの赤ちゃんについて記載できる内容は、どの家庭でも大差はないからです。応募書類には赤ちゃんの写真も添付しますが、写真のクオリティもまた、合否を大きく左右するものではありません。わざわざ写真スタジオに行なくても、親がスマートフォンやデジカメで撮影したものでも十分です。ただし、プリクラやアプリで加工した写真は避けましょう。応募書類はいわば赤ちゃんの履歴書です。履歴書に向かない写真を使用してしまうと、親の一般常識がないと判断され、オーディションで不利になる恐れがあります。

また、オーディションの際は親がむやみに表に出ることがないように注意すべきです。親が撮影に口を出してしまうと、モデルとして扱いにくいというイメージがついて仕事をもらいにくくなります。

なお、オーディションは応募しても必ず合格するとは限りません。仮に落ちても、あきらめずに何度も応募することが大切です。オーディションはそのとき募集しているイメージに合う赤ちゃんモデルを探すためのものです。仮に1つのオーディションで落ちてしまっても、それは相性が合わなかっただけに過ぎません。何度もオーディションを受けていけば、赤ちゃんと相性が合うオーディションに出会える機会も増やせます。赤ちゃん自身もオーディションに慣れてくれば、より自然な姿を審査員に見せられるようになるでしょう。

まずはオーディションを受けてみよう!

赤ちゃんモデルになれば、雑誌やCMなどさまざまなメディアで活躍できる可能性があります。将来的に芸能界に進むための第一歩にもなるはずです。赤ちゃんモデルになるためには、早めに行動を起こすことが重要です。赤ちゃんモデルは活躍できる期間が短いため、少しでも早く活動を始めたほうが長く活躍できます。我が子を赤ちゃんモデルとして活躍させたいなら、まずは無料オーディションを受けてみましょう。オーディションは競争率も高いですが、受けてみないことには合格はできません。相性やタイミングがよければ、すぐに合格できる可能性もあります。オーディションの開催状況をこまめにチェックして、積極的に応募することが合格のカギです。オーディションは何回も挑戦するつもりで、赤ちゃんモデルとしてのデビューを目指しましょう。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5bd00d871afe2