9584bcb9418aecbe8ad37ee9f4e47744_s-min

オーディションにも役立つ赤ちゃんの音楽

2019.11.01 / 赤ちゃんモデル

音楽が赤ちゃんに与える影響とは

お母さんのおなかの中にいる時から、赤ちゃんに音楽を聞かせると胎教に良いという話は有名ですよね。赤ちゃんは生まれてからも、音楽と接することで良い影響が与えられることもよく知られています。

赤ちゃんはお母さんのおなかにいる20週前後の時期には聴覚が発達して音が聞こえるようになります。そのため、赤ちゃんはお母さんのおなかの中で主に胎内の音を聞いて過ごしています。また、お腹の中だけでなく外の世界でお母さんが話す声や生活音もしっかり聞こえています。

生まれてからも赤ちゃんが耳から受ける刺激に対する反応は強く、生後間もない赤ちゃんでも大きな音に驚いたり、眠っている赤ちゃんがほんの小さな音にも反応して目を覚ますこともよくあります。つまり、生後間もない時から音楽を聞かせてあげると赤ちゃんの脳に大きく影響があるということになります。

例えば、歌のある音楽を聞かせてあげることで、絵本の読み聞かせと同様に言語を聞き分けたり、言葉への興味や関心を強くする影響があると言われています。また、赤ちゃんを抱っこして音楽を聞かせながら、お母さんも一緒に楽しそうに歌うことで、赤ちゃんは相手の楽しそうな姿や感情を読み取る力が身に付いて社会性を身に付けるきっかけとなるでしょう。

特に赤ちゃんはお腹の中にいる時から毎日聞いているお母さんの声が大好きです。
お母さんの歌声を聞くと安心して落ち着いた気持になることができます。
ですから、良い音楽を聞かせようと意気込む必要はありません。
大好きなままの声で楽しく優しい歌をたくさん聞かせてあげましょう。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2363b982c98

赤ちゃんの生活リズムと音楽の関係

赤ちゃんにとって音楽は生活リズムにも関わる場面がたくさんあります。例えば、毎日眠る時に同じ音楽をかけることで、赤ちゃんはその音楽を聴けば眠る時間だと認識できるようになります。赤ちゃんが上手く寝付けずにぐずってしまう時にも音楽が助けてくれることもあるでしょう。CDなどで音楽をかけるのではなくママの子守歌でもかまいません。赤ちゃんにとって「眠る時間」だと分かるように同じ音楽を聞かせてあげるのが効果的です。

また、眠いわけではないけれどぐずってしまう時などにも心が落ち着く音楽があるといいでしょう。機嫌が悪くてお風呂やご飯がスムーズに進まない時にも、楽しい音楽を聞かせてあげれば気持ちが切り替えられる場合もあります。

赤ちゃんの時から音楽に触れあう経験が多ければ、音楽によって気持ちを切り替えることが上手くなる傾向にあります。生活リズムが整うと赤ちゃんの成長にも良いことばかりです。赤ちゃんの好きな音楽、楽しい気持ちになる音楽を探しておくといいかもしれません。

赤ちゃんと音楽の関わり方

赤ちゃんが初めに音楽と関わるのは、お父さんやお母さんが歌っている姿を見ることやメリーなど音楽の流れるおもちゃのメロディを聴くことから始まります。最初は見ているだけですが、赤ちゃんも成長するとともにマネをして歌ってみたり手拍子をするなど自ら音楽で遊ぶようになります。ピアノなどのおもちゃに興味を持って、自分で演奏することを楽しむようになるので、一緒に楽しんであげるとより音楽に対する興味や関心が深まるでしょう。

音楽に合わせて体を動かすのも脳に良い影響を与えるのでおすすめです。小さい時には、赤ちゃん1人で音楽を楽しむよりもお父さんやお母さんが一緒に楽しむことを意識することが大切です。音楽に対してあまり反応がない赤ちゃんでも、感情を表現していないだけで実際にはよく聴いている場合が多いです。あまり反応が無くても「音楽が好きではない」と諦めずに、音楽に触れ会う機会は作りましょう。

赤ちゃんの才能を伸ばす音楽とは

音楽には、リズムや音の高低、メロディや歌詞に使われる言葉、テンポなど赤ちゃんにとっても多くの情報量があり、自然と脳を活発に使う要素がたくさん詰まっています。自然と脳を活発に働かせることは赤ちゃんの知能指数にも影響を与えると言われており、実際に赤ちゃんの時から音楽のレッスンを受けている方がIQ値が高くなると言う研究結果も発表されています。

たくさんある音楽の中でも、特に赤ちゃんの才能を伸ばす効果があると言われているのが生演奏です。ピアノやギターなどの楽器の生演奏の周波数は心地よく心が落ち着くので赤ちゃんにも丁度良い刺激となるでしょう。もちろんCDなどで聴かせることが悪いわけではありません。生演奏を聴かせる機会が無ければ赤ちゃんが不快に感じない音量でCDなどの音源を聞かせてあげるといいですね。

芸能活動をする赤ちゃんにおすすめの音楽

赤ちゃんモデルや子役タレントなどの芸能活動をする予定の赤ちゃんは音楽と関わっておくと役に立つことも多いでしょう。赤ちゃんモデルの場合も、慣れない撮影の時にお気に入りの音楽があれば赤ちゃんの緊張もほぐれてスムーズに行えるということもあります。子役のタレントとして活動する場合、音楽に合わせて踊ったり、表現が上手にできれば子供向けの教育番組やイベントなどで活躍できるでしょう。そのため、赤ちゃんの時からリトミックなどの習い事をして音楽の感性を磨いておくといいのではないでしょうか。

お父さんやお母さん以外の人との関りとして、習い事の先生や同世代のお友達と一緒に音楽を楽しむ場所はまた違う刺激を受けることができておすすめです。
場所見知りや人見知りが心配な赤ちゃんも、外の世界で音楽を楽しむことが、コミュニケーション能力を育む良い機会となり芸能活動の役にも立つでしょう。

赤ちゃんにおすすめの音楽とは

赤ちゃんに良い音楽と言えばお腹の中にいる時からモーツアルトなどのクラッシック音楽がすすめられることが多いですよね。もちろん、クラッシックも良い曲がたくさんあり赤ちゃんの心にも影響を与える音楽であることは間違いありません。

しかし、他の音楽に比べてクラッシック音楽が特別に赤ちゃんの脳や心に良い影響を与えるということではありません。最初からクラッシック音楽と決めつけて聞かせるよりも、いろいろなジャンルの音楽を聞かせて赤ちゃんのお気に入りの音楽を見つけて聞かせてあげる方が効果的だと言えます。赤ちゃんは特にお父さんやお母さんからの影響を受けやすくなります。音楽の趣味が似ていたり、同じアーティストが好きという親子は多いですよね?

赤ちゃんはいつでもお父さんやお母さんの様子をよく見ています。お父さんが好きなアーティストの音楽をいつも車で流して、楽しそうに口ずさんでいる姿やお母さんが穏やかな様子で鼻歌を歌っている姿を見てその音楽に興味を持ち好きになります。

成長して自我が芽生えてからは自分の好みの音楽にも興味を持つようになりますが、赤ちゃんの時には家族の影響がとても大きくなります。赤ちゃんに音楽を聴かせることが目的ではなく、赤ちゃんが音楽を好きになり興味を持ってもらえるように聴かせてあげることを意識しましょう。つまり、ただ音楽を流しておくと言うよりは、音楽を楽しめるように工夫することが赤ちゃんにとって良い音楽とのかかわり方に繋がります。また、長時間音楽を聴かせるのではなく赤ちゃんが眠っている間や食事中などは音楽を消して静かな時間を作り赤ちゃんの脳を休めることも大切です。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2363b982c98