4_4_1_34874680

子役として映画で活躍するには?知っておくべき大事なこと

2018.12.31 / キッズモデル

子役として映画出演するために大切なこと1:子供らしさ

子役として映画出演するための大事なことの1つとして、「子どもらしさがあること」が挙げられます。子役として最も大事なことは、子どもらしい演技をできることです。そのためには、子役自身が子どもらしさを持っている人物である必要があるでしょう。海外の子役の中には、小さな頃から業界に身を置いていることで大人びた雰囲気を持つ子どももいます。また、周囲からそれを求められる場合もあるのです。しかし、日本では違います。日本人が好む傾向として、大人びた子どもより子どもらしさを持った子どもが良いとされているのです。

そのため、映画に出演できるような子役になるためには、まずは子どもらしい素直な感性を磨くようにすることが大事でしょう。テレビでも映画でも、子どもらしい演技をしている子役は視聴者からの人気も高く、好かれやすいです。また、実際に映画撮影をするとなった際には、映画の製作者側としてもその子役を使いやすくなります。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5bd00d871afe2

子役として映画出演するために大切なこと2:演技力

子役とはいえ、プロとして映画に出演するからには「演技力の高さ」も大事なことの1つです。思い出や記念として、一度でも映画に出演できればいいという場合はともかく、本格的に子役として活動していくのであれば、演技力を磨くことは重要ポイントになります。演技をする際のポイントとして、大人の俳優のような細かな部分までこだわった演技ではなく、感情面がわかりやすく伝わることを心がけましょう。

人間の感情は、「笑う・怒る・悲しむ・喜ぶ」などがあり、演技をするうえでも重要な部分です。子どもは感情面をストレートに素直に伝えるため、それがきちんとできる子役は重宝されます。演技の基本を極め、その後、細かな演技を身につけていくようにすると演技の幅も広げていきやすいでしょう。

子役として映画出演するために大切なこと3:礼儀

子役として映画に出演するために大事なことには、「礼儀正しいこと」もあります。日本人は世界的に見ても礼儀正しいといわれていますが、映画業界でも、それは重要な部分です。俳優にはいわゆる大御所と呼ばれる経験豊富な人もいますし、そうではなくても俳優として先輩にあたる人は大勢います。また、出演者に限らず、映画を制作する際には監督やスタッフなど多くの人々が関わっているのです。そういった人々とは一度限りの縁になるわけではなく、子役として活躍する以上、何度でも関わる可能性があります。

芸能界に入ったからには、礼儀正しく接することは基本中の基本だと考えておきましょう。礼儀といっても必要以上に丁寧にするということではなく、「おはようございます」「お疲れさまでした」「ありがとうございます」などの挨拶、演技などの指示をされた際には元気よく返事をするといったことができることが重要なのです。礼儀正しく接することは、仕事をスムーズに進めるためにも役立ちます。

子役として映画出演するために大切なこと4:親の協力

子役として映画出演するために大事なことは、子役本人の努力だけではなく、「親の協力」も欠かせません。特に、年齢がまだ低い子役の場合、親の協力が不可欠です。まだ小さな子役だけでは周囲の大人の関係者とのやりとりや撮影現場への行き帰り、スケジューリングなどをするのが難しいときがあります。そのため、親がマネージャーのような役割をして、サポートをしてあげる必要があるのです。

子役が映画に出演できるような人気を得るためにも、親自身のコミュニケーション力の高さは必要になってくるでしょう。たとえば、1つの仕事をやりこなし、次の仕事を得ることについては子役の実力だけでは難しいケースもあるため、子役と共に親が周囲のスタッフや監督などとコミュニケーションをとっておくことが役立ちます。関係者との仲を上手に深めていくことは、仕事を増やしていくための重要なポイントなのです。

子役として映画出演するために大切なこと5:学業との両立

映画に子役として出演するためには、「学業との両立」がうまくできるのも大事なことです。子役といっても、本業は勉強をすることにあります。学校へ通って周囲の子ども達と同じように必要な知識を得ることは、演技力にもつながります。また、将来的に子役をしている子どもが俳優としての道以外を選択したいと考えるようになったときのためにも、学業を疎かにすることは良いことだとは言えません。

競争が激しい子役の世界の中で生き抜くためにも地頭つまり、その子役本来の頭の良さが大切なポイントになってきます。地頭の良さを鍛える方法はさまざまありますが、学業で学んだ知識をしっかりと吸収すれば、いろいろな場面で応用をきかせることにつながるのです。子役が映画に出演できるようになるためには、親が協力して学業に励める環境を作ってあげると良いでしょう。

映画で活躍できる子役にするなら養成所がマスト!

映画に出演している子役は、養成所や劇団に所属している子どもも少なくありません。生まれながらの演技の才能があれば、ある程度の仕事を得ることができて活躍する場も増えることがあります。しかし、活躍できる分野を増やしていきたい場合や子どもがどのジャンルにおいて演技力を特に発揮できるのかなどを見極めたいときなどには、プロが教える養成所や劇団がおすすめです。どちらにも先輩子役がいるので、礼儀作法を覚えることができます。また、指導している教師や大人などから教えてもらうこともできるでしょう。

演技についても細かな指導を受けることができるため、今後、俳優として活躍するためのノウハウも学べます。演技についての知識がまっさらな状態から映画出演できるような子役になるためには、たくさんのことを学ぶ必要があるのです。しかし、親も演技について経験がない場合、教えてくれる人がいないので子役は自分で工夫して俳優として成長しなければいけません。養成所や劇団に所属することで、それをよりスムーズに行うことが期待できるのです。しかも、こういったところに所属していると、さまざまな役のオーディションについての情報も入手しやすくなります。子役として活動するうえでいろいろな仕事を得たいと考えている場合には、非常に良い方法です。

素直でたくさんのことを吸収できる子どもは強い!

子役を見ていると、その演技力の高さに驚くこともあるのではないでしょうか。子役は個人差があるものの、物心がついた年齢になってすぐに活動を開始することも少なくありません。小さな頃から芸能界で活動することで、学べることも増えるからです。また、印象に残る役を演じた子役は、大人になってから俳優として活動する際に知名度をあげやすい傾向があります。子役の頃に演じたその役が人々の記憶に残っているため、大人になったときの姿に当時の面影をみたり、今はどう変わったのだろうと興味をもってもらいやすくなったりするのです。

子役として映画に出演できるなど実力派俳優になるためには、できるだけ多くのことを吸収できるようにしましょう。個人的にさまざまなことを学ぶことも大事ですが、養成所や劇団に入って子役としてのスキルを磨いていくことがポイントになります。たとえば、劇団では学ぶだけではなく、実際に舞台に立って経験を積んでいくことができるので吸収できるものをより増やせるのです。子どもと話し合って、どういった方法でやっていくのが良いのかを考えてみましょう。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5bd00d871afe2