young-child-smirks (1)

子役の才能、いつから開花するもの?

2019.12.06 / 未分類, 芸能人

ドラマや舞台、映画などで子供の役として登場する子達を「子役」と言います。

ドラマ 「家なき子」で人気を博した安達祐実さん、クイズ番組でそのキャラクターが話題となった内山信二さん、最近では芦田愛菜さんや鈴木福さんなどが記憶に新しいですよね。

現在は有名人の彼らも、最初から名前か知られていたわけではありません。
その才能が開花したのは、いつからなのでしょうか?

我が子を子役として活躍させたいと願うお父さん、お母さんにとっても、知っておいて損はない情報です。早速、確認していきましょう!

この記事は、こんな人におすすめ

・子供が子役を目指している
・子役になりたい我が子に「親として何ができるのか?」と悩んでいる。
・子役の才能は、いつから開花するものなのかを知りたい
・子供を子役として活躍させたい

親がきっかけを与えて、子役人生が始まる

普通に生活をしていて、いきなり子役としての才能が開花するということは、まずないでしょう。

5才くらいになれば、自分で「私も◯◯ちゃんみたく、テレビに出てみたい」「子役っていうのになってみたい」などと言うかもしれませんね。

でも、年齢が小さくなればなるほど、自分で子役を目指したいなんて言えるはずがありません。

結局は、親がきっかけを与えて、子役人生が始まることがほとんどです。

例えば、こんな感じ↓

・赤ちゃんの頃に、おむつのCMオーディションを受けさせた
・子ども劇団に入らせた
・物心がつく前に、習い事感覚で事務所のレッスンに通わせた
・子供に子役として活躍してほしくて、オーディションを受けさせた

赤ちゃんの頃から子役としての需要はあるわけですが、赤ちゃんが自分で申し込むことはできませんよね?

子役の場合は親がはじめに興味を持ち、オーディションを受けさせたり、レッスンに通わせる場合がほとんどです。

親がきっかけを与えて、子役人生が始まるというわけです。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2363b982c98

子役としての才能はいつから開花するの?

結論から申し上げて、子役としての才能がいつから開花するのかどうかは、誰にも分かりません。

しかしながら、芸能や演技に対する才能が開花するためには、やはり親が何らかのきっかけを与えていることがほとんどです。

普通に学校に通って友達と遊んだり、自宅で家族と過ごしていく中で「この子は演技の才能があるわ」とはならないですよね?

「この子に演技の才能があるかもしれない」「この子、本当にダンスが上手みたい」というように才能の片鱗が見えてくるのは、子供達を演技やダンスなどに触れさせているからこそです。

いつ開花をするのかは、1人1人違いますし、中には親が期待をしていてもなかなか開花しない子もいるかもしれません。

子供の子役としての才能が開花するかどうかは、正直なところ誰にも分かりませんが、開花するように親がサポートすることは可能です。

さて、どのような親のサポートが、子役としての才能を開花させることにつながるのでしょうか?

親のサポートが、子役としての才能を開花させることにつながる

親のサポートが、子役としての才能を開花させることにつながるのは、間違いありません。

なぜなら、年齢が小さいほどに、自分の意思ではなく、周りの環境に大きな影響を受けるからです。

では、どのように親がサポートしていけば良いのでしょうか?

サポート1.子供が楽しめる環境を作ってあげる

現在は女優やタレントとして活躍している元子役の芸能人が言うには、「子役の時にはさまざまなプレッシャーがあった」「要求されることが多くて、しんどかった」ということです。

たくさんの大人たちに囲まれて、その期待に応えられるような演技をしなければならないのですから、緊張やストレスで心が不安定になってしまう時もありますよね。

「いつかは有名子役になって欲しい」と期待をするのは、お父さん・お母さんの心の中だけにしておいて、まずは子供が演技やダンスなどを純粋に楽しめるような環境づくりに徹しましょう。

子供が楽しめる環境を作ってあげる時のポイントは、以下の通り↓

・お父さん・お母さん自身も楽しんで取り組む。
・家族で一緒に取り組んでいる感覚を与える。
・強い口調で指示を出さない。
・子供の意志も尊重する。
・無理をさせない。
・どんなことが楽しいのか聞いて、芸能活動に寄り添ってあげる。

子供が「こんなのやりたくないな」と思いながら、芸能活動をしていくのではなく、楽しみながら取り組む方がより実力を発揮しやすいと思います。

サポート2.達成した喜びを感じさせてあげる

幼少期はもちろん、大人になっても成功・達成体験はとても大切です。
努力をしたり、練習をした成果が、きちんと達成・成功というカタチで自分に返ってくると、それが大きな自信につながっていきます。

自信がつくと「もっと頑張ろう」「こんなことにチャレンジしてみようかな?」などと、子供たちも自ら色々なことにチャレンジしていく気持ちが整うので、想像以上の才能を発揮するチャンスが増えると考えて下さい。

サポート3.プレッシャーを与えないようにする

大人でもストレスやプレッシャーのかかる現場で、たくさんの大人と一緒に仕事をするわけですから、子供ながらに大きなストレスやプレッシャーがかかるでしょう。

才能を開花させて、引き伸ばすためには、リラックスした環境の中で、取り組ませてあげるのが1番です。

そこで、お父さん・お母さんがプレッシャーを与える根源にならないように気を付けましょう。

高圧的な言い方、強制すること、大きな声で怒鳴るなどは、子供の心がダメージを受けてしまうので、注意が必要です。

芦田愛菜ちゃんは「らしさ」で才能を開花させた

日本を代表する有名子役、芦田愛菜ちゃん。松雪泰子さんが主演のドラマ「mother」で一躍脚光を浴びましたが、実は書類審査で落とされていたんですって。

子役は演じる年齢よりも、2~3才上の子を採用するのが最も良いとされているらしく、小学校1年生の役を演じるのに、当時5歳の愛菜ちゃんではちょっと小さかったみたいです。

でもマネージャーがプロデュ―サーに頼み込み、愛菜ちゃんは書類審査で不合格だったにも関わらず、演技を見てもらうチャンスを得たということです。

当時のプロデューサー曰く、演技は他の子と大差なかったそうですが、愛菜ちゃんらしい演技が大人たちを魅了したようです。

脚本家までもが、愛菜ちゃんのために脚本を書きなおしたと言うのですから、驚きです。
世の中の人達は、愛菜ちゃんの才能が「mother」によって開花したと思いがちですが、あくまでもドラマによって知名度が広がっただけ!

当時のマネージャーが「この子だけは見て欲しい」売り込んできたということは、そのころから芦田愛菜ちゃんの女優としての才能は開花していたのでしょう。

演技がずば抜けて上手というよりも、「愛菜ちゃんにしかできない演技がある」というのが、芦田愛菜という1人の人間の大きな才能なのですね。

まとめ。子役の才能はいつから開花するの?

今回は「子役の才能はいつから開花するの?」と題して、お話をしてきました。

結論から申し上げて、子役としての才能がいつから開花するのかは、誰にも分かりません。
本人も分からないと思います。

でも、親のサポートが子役としての才能を開花させることにつながるのは、間違いがありません。サポート例としては、こちら↓

サポート1.子供が楽しめる環境を作ってあげる
サポート2.達成した喜びを感じさせてあげる
サポート3.プレッシャーを与えないようにする

子役として活躍できるのは、ほんの一握りと言われています。

だからこそ、お父さん・お母さんがサポートして、才能を開花させるチャンスを子供たちに用意してあげましょう。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2363b982c98