テレビとリモコン

今年ブレイクした芸能人!女優・俳優・芸人・歌手を分野別に紹介

2021.01.06 / 芸能人

2020年の芸能界を振り返る!

2020年も残すところあと少し、今年は新型コロナウイルスの流行により、芸能界でも様々な変化がありました。
志村けんさんや、岡江久美子さんなどの大物芸能人が、新型コロナウイルスによって命を落とす悲しいニュースもまだ記憶に新しいですよね。
世界中が厳しい状況で、我慢の時期を過ごす中で、芸能界を始めとするエンタ-テイメントに元気をもらう機会もあったのではないでしょうか。
また、大物芸能人の結婚に関するニュースもたくさんありました。

2020年に結婚した主な芸能人

松坂桃李・戸田恵梨香
おのののか・塩浦慎理(競泳選手)
瀬戸康史・山本美月
小野賢章・花澤香菜
武田真治・静まなみ
PUNPEE・秋元才加
三浦祐太朗・牧野由依
生田斗真・清野菜名
柄本時生・入来茉里
鈴木達央・LiSA
本並健治・丸山桂里奈

他にも、一般人と結婚した芸能人など、たくさんのおめでたいニュースもありました。

また、音楽業界では新型コロナウイルスの影響で、コンサートやライブの開催が中止になり、オンラインで配信されるコンサートが新しい形として多く開催されました。
2020年をもって活動休止が発表されている「嵐」に関しても、ラストコンサートはオンラインで配信されることが決まっています。

イレギュラーな出来事がたくさんあった2020年ですが、今年ブレイクした芸能人に注目してみましょう。

20160416_CTA_2

2020年にブレイクした俳優・女優は?

はじめに、今年ブレイクした俳優・女優を見ていきましょう。

2020年ブレイク俳優

横浜流星

2009年にデビューし、俳優としてドラマや映画に出演しながら、いよいよ2019年にTBS系ドラマ「初めて恋をした日に読む話」で、ピンクの髪色の受験生役を演じ、ヒロイン役の深田恭子さんを相手に繰り広げられる胸キュンシーンで、人気に火が付いた横浜流星さん。
2020年に入ると、日本テレビ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」「私たちはどうかしている」など、話題のドラマに立て続けに出演し、本格的にブレイクを果たしました。
2020年エランドール賞を受賞するなど、実力、人気ともに将来を期待されるブレイク俳優です。

2020年ブレイク女優

上白石萌音

2011年に開催された東宝シンデレラオーディションで、審査員特別賞を受賞した上白石萌音さんは、演技派女優として映画やドラマに出演、2016年には大ヒット映画「君の名は。」でヒロインの声優を務めるほか、歌手としても活動してきました。
そんな多彩な上白石萌音さんのブレイクのきっかけとなったのが、TBS系で放送されたドラマ「恋はつづくよどこまでも」で、演じた新米ナース役でした。
ドSな医師役の佐藤健さんとの胸キュンシーンが目白押しのドラマで、ピュアで素朴な女の子の役を演じ、その存在感がブレイクのきっかけとなりました。

2020年にブレイクした歌手は?

次に、2020年にブレイクした歌手を見てみましょう。

2020年にブレイクした歌手

NiziU

韓国の大手音楽事務所JYPエンターテイメントのオーディション「Nizi Project」で、1年間に渡る厳しい審査を勝ち抜いた9人組で結成されたのが、女性アイドルグループ「NiziU」です。
2020年12月2日が正式デビューでしたが、その前のプレデビューの時点ですでに、ブレイクと言えるほど、世間の注目を集めました。
プレデビューとして、リリースした楽曲「Make you happy」はMV公開わずか2ヶ月で、再生回数1億回を突破しています。
また、正式デビュー曲「Step and a step」でもオリコン週間ランキング1位を獲得し、NHK紅白歌合戦への出場も決まっています。

瑛人

2019年にリリースした「香水」がTikTokをきっかけに人気に火が付き、公式YouTubeの動画再生回数も、1億回再生を突破しています。
また、チョコレートプラネットなど人気芸人が「香水」を歌うパロディ動画が話題となったこともあり、2020年にはこの曲を何度も聴いたと言う人も多いでしょう。
また、NHK紅白歌合戦への初出場も決まっており、2020年の大ヒット曲を生み出したブレイク歌手といえば、瑛人さんが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

2020年にブレイクしたお笑い芸人は?

次に、2020年にブレイクを果たした、お笑い芸人を見ていきましょう。

2020年にブレイクしたお笑い芸人

ぺこぱ

2019年に出場したM-1グランプリで決勝に進出したことで、一気に知名度が上がった「ぺこぱ」ですが、実はコンビを結成したのは2008年と、ブレイクまでに長い下積み時代を経験しています。
M-1グランプリでは優勝したミルクボーイ、準優勝のかまいたちに続く3位という結果でしたが、2020年のテレビ出演は驚くほどに増え、2020年上半期ブレイク芸人ランキングで1位に輝いています。
また、2020年の新語・流行語大賞に決め台詞の「時を戻そう」がノミネートされるなど、まさにブレイクの年と言える1年ですね。

ティモンディ

2015年に結成された「ティモンディ」は済美高校野球部の同期生である高岸宏行さんと、前田裕太さんで結成されたコンビです。
野球で鍛えた身体能力を活かして、バラエティ番組でも体を張った企画もこなすティモンディですが、2020年には高岸さんの決め台詞「やればできる」が若者を中心に流行しました。
また、先輩芸人の有吉弘行さんからも「面白いやつがいた」と絶賛されるなど、バラエティ番組でも注目されるようになり、2020年には一気にメディアの出演も増えました。
2021年には、さらなる飛躍が期待されているお笑い芸人です。

2020年にブレイクしたタレントは?

最後に、2020年にメディア出演が一気に増えた、ブレイクタレントを見てみましょう。

2020年にブレイクしたタレント

生見愛瑠

ファッション雑誌「Popteen」の人気モデルとして活躍していた生見愛瑠さんは、2018年にAbemaTVの恋愛リアリティーショー番組「太陽とオオカミくんには騙されない」に出演したことが話題となり、2019年からは地上波テレビへの出演も増えます。
先輩にあたる藤田ニコルさん、池田美憂さんに続き「ギャルタレント」として、人気が高まり「めるる」の愛称で親しまれています。
2020年には上半期だけで90本ものテレビ番組に出演するなど、今年のブレイクタレントとして大活躍です。

朝日奈央

アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、タレントの朝日奈央さんは、2019年頃からバラエティ番組など、メディアへの露出が一気に増え、2020年の10月からは冠番組がスタートするなど、いよいよ本格的にブレイクを果たした印象です。
体を張った仕事も自ら進んでこなすなど、一生懸命な姿がに好感を持つ視聴者も多く、好感度も高いのが特徴です。
今年のブレイクをきっかけに、息の長いバラエティタレントとしての活躍が期待されています。

2020年もブレイクした芸能人がたくさんいましたが、今後の活躍も楽しみですね。
また、2021年にはどのような芸能人がブレイクするのかも注目してみましょう。

鈴木亮平の俳優デビューとは?ドラマ西郷どんがブレイクのきっかけ?

20160416_CTA_2