歌う女性

本物より面白い!? ものまねタレント(勝手に)ランキング

2021.01.14 / 芸能人

ものまねタレントとは?

ものまねタレントとは、その名の通り著名人のものまねを芸にするタレントのことです。
モノマネを本業としている人もいれば、普段はお笑い芸人であったり、歌手、タレントとして活動している人が、芸の一つとしてものまねをしている場合もあります。

ショーやイベントに出演したり、テレビのものまね番組などに出演するのが主な仕事です。
テレビで「ものまね王座決定戦」などの、ものまねタレントが実力を競う番組が増えたことで、人気が加速しました。
コロッケさんや清水アキラさん、清水ミチコさんなど、お笑い要素の強い誇張したものまねは、何度見ても面白い芸として長く愛されています。
ものまね芸なので、似ていることは大前提として、観客を飽きさせないおもしろさを追求することも必要ですよね。

現在活躍しているものまねタレントの人気ランキングを紹介していきます。

20160416_CTA_2

人気ものまねタレントランキング ベスト5【男性編】

ものまねタレントは比較的男性が多く、テレビのものまね番組では女性のものまねタレントも増えてきましたが、優勝する人は男性が多く、レベルが高いので競争率も高いと言われています。
その中でも頭角を現し、人気を得ている男性ものまねタレントベスト5を紹介します。

ものまねタレント人気ランキング【男性編】

1位 コロッケ

ものまね界のレジェンドと言われるコロッケさんは、1980年頃からものまねタレントとして活動し、フジテレビ系のものまね番組「ものまね王座決定戦」で一躍人気者となりました。
同じものまねタレントの清水アキラさん・栗田貫一さん・ビジーフォーと一緒に「ものまね四天王」と呼ばれるほど、ものまねタレントの頂点を極めます。
森進一さんや五木ひろしさんなどの歌マネの実力はもちろん、極端にデフォルメしたものまねや、顔面ブレイクダンスなど、コロッケさんしかできないものまね芸で、現在でも「好きなものまねタレント」のトップに君臨しています。

2位 ホリ

木村拓哉さんや出川哲郎さんのものまねで有名なものまねタレントのホリさんは、1999年頃からものまねタレントとして活動しています。
ホリさんと言えば、ものまねのレパートリーの多さと、クオリティの高さで、ものまね番組には欠かせない存在ですよね。
常に新しいレパートリーが増えるのもすごいです。
ホリさんと言えば、木村拓哉さんのものまねの印象が強いですが、ご本人の公認を得たというエピソードもあります。

3位 原口あきまさ

お笑いコンビとしてデビューした原口あきまささんは、今ではものまねタレントとし大活躍ですよね。
明石家さんまさんやとんねるずの石橋貴明さんなど、男性芸人のものまねや、玉置浩二さんや前田亘輝さん(TUBE)などのアーティストのものまねを得意としていますが、同じものまねタレントのコロッケさんや山寺宏一さんのものまねをするとうのも、おもしろいですよね。

4位 Mr.シャチホコ

和田アキ子さんのものまねでブレイクしたMr.シャチホコさんは、2015年頃からものまねタレントとして活動しています。
和田アキ子さんのしゃべりものまねのイメージが強いですが、Mr.childrenの桜井和寿さんや尾崎豊さんなど、男性アーティストのものまねも本当にクオリティが高くて驚かされます。
ちなみにMr.シャチホコさんの妻は、ものまねタレントとしても活躍しているみはるさんです。

5位 ほいけんた

ピン芸人のほいけんたさんは、明石家さんまさんのものまねでブレイクし、ものまねタレントとしても活躍しています。
明石家さんまさんの声だけでなく、見た目もそっくりで身振りやコメントなども含めて再現度の高さに驚かされます。
明石家さんまさんのイメージがかなり強いですが、Mr.childrenの桜井和寿さんやGACKTさんのものまねでは、全く違うイメージでびっくりしますよね。

人気ものまねタレントランキング ベスト5【女性編】

次に、女性のものまねタレントで、人気はもちろん、ネタのおもしろさや、ものまねのクオリティの高さを評価されている人をランキングで紹介していきます。

ものまねタレント人気ランキング【女性編】

1位 荒牧陽子

荒牧陽子さんと言えば、ものまねの上手さはもちろんですが、その歌唱力の高さにも驚かされます。
もともとは、シンガーソングライターとして活動してた荒牧陽子さんですが、カラオケのガイドボーカルのカリスマとしてテレビに出演したことがきっかけとなり、倖田來未さんや大塚愛さんの歌声がそっくりだと話題となり、ものまね番組に出演するようになったそうです。
レパートリーは、女性アーティストのものまねがほとんどですが、タイプの違う声質のアーティストも上手く使い分ける歌声は圧巻です。

2位 ミラクルひかる

ブレイクのきっかけとなった宇多田ヒカルさんのものまねは、宇多田ヒカルさん本人が公認しています。
歌やビジュアル、話し方までそっくりなものまねは、宇多田ヒカルさん本人に「なんでこんなに似てるの?」と言われるほどです。
さらに、工藤静香さんや濱田マリさんなど、ものまねのレパートリーもたくさんありますが、とにかくクオリティが高く、少し誇張したものまねがおもしろいミラクルひかるさん。
「ものまねには、おもしろさも必要」という人にはおすすめです。

3位 みかん

ものまねタレントになる前から、大好きな浜崎あゆみさんのものまねをしていたみかんさん。
ブレイクのきっかけは、TBS系のテレビ番組「サンデージャポン」に、タレントで女医の西川史子さんのものまねで出演したことでした。
ものまねのレパートリーは、主に女性タレントやアーティストが多くなっていますが、中でも松嶋尚美さんや土屋アンナさんからは、ご本人の公認をもらっています。

4位 渡辺直美

今や世界でグローバルに活躍するお笑いタレントの渡辺直美さんは、ビヨンセのダンスものまねでブレイクしたので、ものまねタレントとしても人気です。
現在のネタでも、レディー・ガガなど外国人女性アーティストのダンスものまねを披露することもあり、ダンスの再現度の高さとは裏腹に、表情や動きで笑いを取る、渡辺直美さんにしかできないネタが魅力です。

5位 やしろ優

デビューした頃は、ピン芸人としてコントや漫談をしていたやしろ優さんは、ネタにものまねを取り入れるようになり、倖田來未さんのものまねでブレイクしました。
また、子役時代の芦田愛菜さんのものまねで「芦田愛菜だよ」というセリフが話題となり、今でも多くの芸能人が真似をしています。

次世代の活躍が期待される新人ものまねタレント

ものまねタレントには、長期に渡って人気を維持している人も多いですが、今後さらにブレイクしそうな次世代のものまねスターを紹介します。

丸山礼

女性のあるあるネタなどが、中高生の若い世代を中心に支持されている丸山礼さんは、ロバートの秋山竜次さんの顔真似で、テレビにも出演し話題となりました。
YouTubeやInstagramなど、ネットでもネタを配信しているので、今後はさらにファン層が広がるのではないでしょうか。

松浦航大

YouTuberとしても活動している松浦航大さんは、ネットで配信していたものまねが話題となって、テレビにも出演するようになりました。
2020年に放送されたフジテレビ系の「ものまね王座決定戦」では、初出場ながら初優勝を果たすなど、大型新人として期待されるものまねタレントです。
平井堅さんや槇原敬之さんなど、声が特徴的な男性アーティストのものまねができるのが、松下航大さんの魅力です。

最近はネットを使って、自らプロモーションすることができるので、実力のあるものまねタレントがたくさん出てきそうですね。

昭和の懐かしのアイドル勝手に人気ランキング!男性女性それぞれの1位は文句なし?

20160416_CTA_2