難波の景色

NMB48のオーディション・合格するためのポイントは?

NMB48とは?

NMB48は秋元康さんがプロデュースする女性アイドルグループで、2010年に誕生しました。
大阪のなんばにある「NMB48劇場」を拠点として活躍しています。
東京の秋葉原を拠点に活動しているAKB48の全国展開として、名古屋の栄を拠点とするSKE48に続いて発足しました。

また、吉本興業系列の事務所に所属しているので、吉本新喜劇などお笑いの舞台に出演するなど、関西らしい活躍で人気を得ています。
全国展開しているAKB48グループの一員として、AKB48の楽曲に選抜メンバーとして参加するメンバーもいるのが特徴です。

1期生オーディションの合格者で、結成当初からのメンバーとして全国区の人気を誇った山本彩さんなどの活躍もあり、シングルCD過去20作品でオリコン週間チャート1位を記録しています。
また、1期生としてメンバーとなった吉田朱里さんが美容系ユーチューバーとして成功したことをきっかけに、女子力の高いメンバーが多いNMB48は女性ファンが大幅に増えています。
「大阪ではアイドルは育たない」と言われていましたが、NMB48は大阪で成功したアイドルとして結成から長期にわたり愛されているグループです。

これまでに開催されたNMB48のオーディション

NMB48は「AKB48 グループ」の一員と言うこともあり、その他の姉妹グループと同じように、定期的に追加メンバー募集オーディションを行っています。
2020年現在までに7回のオーディションが行われているので、現在活躍しているメンバーは7期生までということになります。
また、AKB48グループドラフト会議をきっかけにNMB48に加入したメンバーもいます。
NMB48の1期生としてデビューし、人気も高かった山田菜々さんが卒業するにあたり「ポスト山田菜々オーディション」が開催されたこともありました。

過去のNMB48オーディション開催時期

2010年 1期生オーディション(合格者26名)
2011年 2期生オーディション(合格者23名)
2011年 3期生オーディション(合格者23名)
2012年 4期生オーディション(合格者16名)
2015年 ポスト山田菜々オーディション(合格者1名)
2016年 5期生オーディション(合格者10名)
2018年 6期生オーディション(合格者14名)
2020年 7期生オーディション(合格者11名)

オーディションの応募資格としては、11歳~22歳の女性で、日常的にNMB48劇場に通って活動できる人が対象となっています。
NMB48は、かなりの大人数が在籍するAKB48グループの姉妹グループなので、NMB48のオーディションに合格しても、その後他のグループと兼任、または移籍することもあるのが特徴です。

NMB48のオーディション内容とは?

これまでに開催されたNMB48のオーディションでは、1次審査として書類選考、2次審査は面接、3次審査では実技審査、その後、最終審査が行われるのが基本的な流れとなっています。
1期生の2次審査の面接では、持ち時間は1人につき5分間で、審査員と1対1での審査が行われました。
また、1期生、2期生のオーディションでは、テレビ東京系列のバラエティ番組「スター姫さがし太郎」にて、オーディションの密着企画が行われ、3次審査での歌唱、ダンス審査の様子や合格発表、さらにデビューまでの様子も放送されました。

基本的には、オーディションに合格した場合、NMB48研究生として専属契約を交わすことが条件となります。
研究生としてレッスンを行い、正規メンバーへの昇格を目指すシステムです。

NMB48のオーディションに合格するポイントは?

NMB48は2010年に結成されてから、すでに7期生までが活動しており、その他のオーディションやドラフト会議など、新らしいメンバーが加入する頻度が高いことがグループの特徴です。
そのため、NMB48のメンバーになりたいと思っている人にとっては、オーディションを受けるチャンスが多いということはメリットと感じるのではないでしょうか。
しかし、AKB48グループは、今や日本を代表するアイドルグループとして活躍するグループなので、NMB48も大阪を拠点に活動しているとはいえ、毎回全国から応募者が集まるので、倍率は決して低くないと言えるでしょう。
チャンスを活かせるように、オーディションではしっかり自分をアピールして、後悔しないように対策しておきたいですよね。

また、NMB48のメンバーは吉本興業系列の事務所に所属するので、関西でのテレビ番組に出演する機会も多く、バラエティ番組で多くのお笑い芸人と共演することになり、バラエティ能力やトーク力がある人が必要とされる傾向にあります。
劇場公演でも、お笑いを交えたMCやコントを披露することもあるので「度胸がある」「明るい」「キャラが濃い」などの長所があれば、オーディションでアピールするといいでしょう。

NMB48のメンバーと言えば個性派ぞろいなのもチームの特徴です。
NMB48には、歌唱力・ダンススキルが高く評価されているメンバーもたくさんいますが、それぞれのメンバーが自分のキャラクターを活かして活躍しています。
もちろん、オーディション審査でも歌唱、ダンス審査があるので、実力があるに越したことはありませんが「上手くできる」「完璧にできる」ということよりも、「自分らしさ」を表現できるといいでしょう。

NMB48メンバーのオーディション秘話

実際にNMB48のオーディションに合格したメンバーの、オーディションでのエピソードを紹介します。

木下百花

1期生として加入し、2017年に卒業した木下百花さんは、オーディションのダンス審査に体操服で参加したそうです。
他の参加者からも注目され、合格者のインタビューで多くのメンバーの「印象に残ったオーディションエピソード」で木下百花さんの「体操服エピソード」が語られたそうです。
合格後、NMB48として活動中も個性的なヘアスタイルやファッションで注目されていた木下百花さんは、人気メンバーとして活躍しました。

小嶋花梨

5期生としてオーディションに合格し、NMB48の2代目リーダーを務める小嶋花梨さんは、1人のファンとしてNMB48を応援していましたが、進路に悩んだ高校2年生の時にオーディションを受ける決意をしたそうです。
オーディションの時には、自分は受からないと思い、同じオーディションを受ける参加者を見て誰が受かるか考えていたそうです。
憧れのグループに自分自身が加入するというのは、すごいことですよね。

NMB48のオーディション開催予定は?

NMB48では、現在募集しているオーディションはありません。
現在は7期生までのメンバーで活動しているので、次に開催されるオーディションは8期生の募集ですが、これまでのオーディションの開催時期は1~2年に一度のペースで開催されています。
しかし、必ずしも定期的に開催されているわけではありません。

新しいオーディションの募集はNMB48の公式ホームページにて公開されるので、挑戦したい人は、募集情報をチェックしておきましょう。

アイドルのオーディションに合格するには?