役者オーディションについて解説した記事内のイメージ画像です。撮影前の緊迫した空気が伝わるスタジオ内の様子が写っています。

役者オーディションに合格するためのベーシックな考え方

2020.01.17 / 俳優

役者のオーディションとは?

人々の心を打つ演技をする役者の仕事は、難しい職業であると同時に憧れている人も多い華やかな仕事です。
役者になる方法として、基本的にはオーディションを受ける方法が一般的だと言えるでしょう。
役者は、与えられた役を演じることが仕事ですが、芝居が上手いだけでなくビジュアルや年齢などが役のイメージに合っているかどうかも重要です。
そのためにも、役者を選ぶ時にはオーディションで役の適性を審査してイメージに合う人を採用します。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6

役者のオーディションの種類

役者が活躍するのは、テレビや映画の世界だけではありません。
舞台俳優やミュージカル俳優などになるためにもオーディションを受ける必要があります。
このように役者が活躍する場所の種類はたくさんありますが、それぞれオーディション審査で重要視されることは違ってきます。

舞台で活躍する役者の場合、劇団に所属する役者を選ぶオーディションを受けることになります。
テレビで活躍する役者が舞台の仕事をする場合もありますが、舞台俳優を中心に活躍するなら劇団員として芝居の経験を重ねていくのが一般的でしょう。

テレビや映画で活躍する役者になる場合は、芸能プロダクションのオーディションを受けて所属するパターンが多いです。
芸能プロダクションの役者オーディションに合格すれば、プロダクションに所属して演技のレッスンなどを受けて役者デビューを目指します。

劇団やプロダクションに所属しない場合、フリーで活躍する役者になる方法もあります。
フリーで役者の仕事をしていくには、単発で募集している舞台出演のオーディションなどを受けて活動していきます。
ある程度、役者の経験を積んで業界関係者に人脈があればフリーで活動していてもテレビや映画に出演する役者として声がかかることもあるでしょう。
しかし、役者としての仕事が増え人気も出るとスケジュール管理などが難しくなるので、有名な俳優や女優のほとんどは芸能プロダクションに所属するか個人事務所を立ち上げて仕事の管理を任せています。

役者のオーディションを受ける方法

役者のオーディションを受ける方法は、役者を募集している芸能プロダクションのオーディションに応募するか、映画やドラマのキャストを募集しているオーディションに参加する方法が一般的です。
舞台やミュージカルの役者の場合は出演したい舞台を主宰する劇団などの役者募集を探すことから始めましょう。
芸能プロダクションのオーディションを受ける場合、役者だけでなくタレントやアーティスト、モデルなど様々な分野の芸能人が所属するプロダクションもたくさんあります。
プロダクションによって新人の売り出し方や今後の活動に関する方向性は違います。
アイドルやモデルとしてデビューして知名度を上げてから役者デビューをさせるプロダクションも多く、役者一本で仕事をしたいと考えている人の場合思うように活動できないこともあります。
芸能プロダクションの役者募集を探す時には、どのような役者が求められているのかチェックしておきましょう。
映画やドラマのキャストとして役者を募集しているオーディションでは、すでに決まっている役のイメージに合う役者を選ぶためのオーディション審査となります。
そのため芸能プロダクションのオーディションに比べると、募集条件が限られています。
オーディションの内容はいずれの場合も、書類選考を通過後、オーディション選考に進むという審査方法になります。

役者のオーディションの審査

役者のオーディションなので、演技の審査が中心となりますが全身のバランスや歯並び、カメラ写りの審査なども行われます。
演技の審査で重要なのはセリフを覚えることはもちろん、役に入り込んで役作りができるかどうかも審査されるポイントです。
しかし、役者のオーディションで見られているのは演技の上手さばかりではありません。
目力や演技の柔軟さなども重視されます。
まだ演技の実力が十分ではなくても他の人にはない魅力的な芝居ができることや、どんな役にでもなりきれるような役者としての素質も重要視されていると考えておきましょう。
よく「カメレオン俳優」と呼ばれる役者がいるように役者はいろいろな人格を演じる仕事です。
見ている人の心に残り自然に受け入れられるように、与えられた役になりきれる演技力がなければ長く続けられる役者にはなれないでしょう。
しかし、演技が上手ければどんなオーディションにも合格できるわけではありません。
例えば、先にヒロインが決定している場合、相手役を決めるオーディションであれば、演技力以外にも身長や年齢などを含めたビジュアルのイメージがヒロインに合うかという点も審査されます。
しかし、どんなオーディションも結果が不合格でも役者としての素質を感じてもらえれば、必ず評価されるのでオーディション審査は常に全力で臨みたいですね。

役者のオーディションに合格するのに必要なこと

役者として活躍する俳優や女優にはビジュアルの美しさが重要だというイメージはありませんか?
最近では特に「イケメン俳優」ブームなどもあり、ドラマや映画の主演を務めているのはビジュアルも美しい人が多いのは事実でしょう。
少女漫画が原作となる物語も多いので、原作のイメージを壊さないようにキャスティングされる作品も多いです。
しかし、ビジュアルの良さだけではドラマや映画を見ている人を感動させる作品は作れません。
ビジュアルに自信のある人も自信のない人もオーディションに挑戦するために、演技の勉強をしておく必要があります。
演技指導のレッスンに通うのも良い方法ですが、普段から周りの人の感情や行動を観察するなど身近な情報から得られる演技のヒントにアンテナを張っておくことも役に立ちます。
演技力に定評のある役者は想像力が豊かで探求心が強い人が多いと言われています。
普段の生活でも様々な感情を表現する表情などを意識しておくといいのではないでしょうか。
また、役者は声も大切だと言われています。
生まれ持って人を惹きつける声を持っている人は役者として強みになりますし、声に自信のない人でも発声練習などで声を出すレッスンをしておくと演技の幅が広がります。

役者を長く続けるために必要なこと

ドラマや映画、舞台でも一つの作品を作るためには多くの出演者が必要となります。
主演の役者以外にも、脇役と呼ばれる役者の活躍も欠かせません。
役者を長く続けるためには、どんな役も大切に演じることができる集中力が必要です。
作品を作る側から「この人に任せておけば安心」と思われるような演技ができる人が求められるでしょう。
役者としての信頼はもちろん、一緒に作品を作る仲間としても信頼される人柄も大切です。
また、役者の仕事は人気が出て安定して仕事がもらえるようになったとしても、それがずっと続く保証はありまあせん。
実力のある人やキャラクターの重なる人などライバルが次から次へと現れる厳しい世界です。
さらに良い演技をするために、良い役者になるためにと常に努力して向上心を持ち続ける必要があります。
役者として長く活躍するためには、努力を続けられる集中力がポイントとなるでしょう。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6