SNSを見る女性

芸能人のSNS事情 ファン層を広げる上手な使い方とは

2020.07.31 / 芸能人

芸能人が活用するSNSとは?

芸能人に限らず、一般人でも多くの人が利用しているSNSは、人と人との繋がりを促進する目的で作られたコミュニティ型のサービスです。
facebook、LINE、Twitter、Instagramなど日本でも利用者が多く、宣伝効果も高いSNSでは個人的な利用だけでなく企業が広告目的に利用するパターンもあります。

芸能人の場合、TwitterやInstagramなどで投稿した内容が、ネットニュースで取り上げられることも多く、知名度が上がるだけでなく、度々話題になことで、芸能活動の良い宣伝になります。
芸能人が活用しているSNSでは、日常の写真をアップしたり、今後の仕事の予定などを告知するなど、ファンが知りたい情報を手軽に発信できます。
見る方も、好きな芸能人のSNSは必ずフォローするという人も多いのではないでしょうか。
そこで、芸能人がファン層を広げるために行っている、SNSの使い方について紹介していきます。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6

SNSを活用するメリット

芸能人がファンに向けてSNSで、自身の情報を発信する理由は、ファンとの距離を近づけるためでもありますが、他にもメリットはたくさんあります。
はじめに、芸能人がSNSを利用するメリットについて見てみましょう。

SNSを活用するメリット

・たくさんの人に見てもらうことができる
・SNSをきっかけにファンになってくれる人がいる
・自分の意見や考え方を発信することができる
・広告収入を得ることができる
・出演情報などを宣伝できる
・SNSを通じて仕事の依頼をもらうことができる

このように、メリットとしては知名度を上げることと、芸能人として新たに活動の幅を広げることが出来るという点が主になります。
そして、注目しておきたいのが、広告収入が得られるというメリットです。
様々なメディアに出演している芸能人は、一般人とは違い、SNSをやらなくても知名度があります。
そのため、SNSを始めれば、多くのフォロワーを集めることができるので、インフルエンサーとして広告収入を得ることが出来ます。
所属している芸能プロダクションがSNSを管理している場合などは、広告収入の契約によって本人が得られる収入は分かりませんが、フォロワーの多い芸能人に入る広告収入はかなり高額であることは想像できますよね。

SNSを活用するデメリット

様々なメリットがある芸能人のSNSですが、自身の情報を発信するということは、それなりのリスクやデメリットも、もちろんあります。
次に芸能人がSNSを活用するデメリットについて見てみましょう。

芸能人がSNSを活用するデメリット

・アンチからの心無いコメントや誹謗中傷のターゲットになる
・知られたくない情報が写り込んでしまう
・プライベートな情報が特定される
・SNSでのコミュニケーションに疲れる

芸能人の中にも、SNSを頻繁に更新することが苦手な人もいるので、日々の更新が面倒に感じる人にはSNSは向きませんよね。
SNSでは度々、誹謗中傷のコメントが溢れる「炎上」が起こります。
芸能人がSNSで発信した内容以外でも、テレビでの発言やプライベートでのスキャンダルに関する厳しい意見がSNSでのコメントに書き込まれる場合が多く、心無い誹謗中傷に心を痛めている芸能人はたくさんいます。

また、最近はSNSの写真で、交際相手がいることが分かるような情報が写り込んでしまうなど、思いがけないところでトラブルが起こるパターンが増えています。
また、写真の景色などから自宅や現在地を特定されるなどのストーカー被害に悩まされる事案も少なくありません。

SNSを活用しない芸能人

芸能人にはメリットもたくさんあるSNSですが「やらない」と決めている芸能人もいます。
なぜSNSを利用しないのか、その理由はそれぞれにあるようです。
女優の新垣結衣さんや蒼井優さんは「発信したいことが特にない」という理由でSNSをやらないそうです。
蒼井優さんは役者としてプライベートを見せないようにするというこだわりもあるそうです。
広末涼子さんも、自分が憧れていた女優さんたちはプライベートをオープンにしていなかったことにスペシャル感を感じていたそうで、テレビの向こう側の存在という自身の立場を考えてSNSはやらないそうです。

また、マツコ・デラックスさんは対人によるストレスを作りたくないと考えているため、ネット上でのコミュニティツールであるSNSは利用していません。
他にも女優の綾瀬はるかさんや歌手の西島隆弘さん(AAA)のように、やり方が分からないからやらないという人もいます。
シンプルに自分にとって必要がないからやらないという考え方も、よく分かりますよね。

SNSでファン層を広げる芸能人

ファン層を広げるためにSNSを上手く活用している芸能人もたくさんいます。
実際にSNSをはじめる前に比べて、知名度が上がったり、仕事が増える芸能人が多い時代です。
元々応援してくれるファンに向けてだけでなく、SNSを使ってファン層を広げることにも成功している芸能人について見ていきましょう。

長州力

元プロレスラーの長州力さんは、日常のことについてつぶやくためにTwitterを利用していますが、その内容が面白いと話題になり、フォロワーは50万人を超えています。
長州力さんのツイートするする内容は、Twitterの使い方が難しいという内容や、友人に対して連絡をするようにツイートするなど、通常のTwitterの使い方とは違ったつぶやきが面白くて可愛いと若い世代のファンを獲得しています。
長州力さん自身には、新たなファンを獲得するつもりはないのかもしれませんが、結果的に話題となり、ファン層が広がったパターンですね。

長州力さんのツイッター

吉田朱里(NMB48)

大阪なんばを拠点に活躍するアイドルグループ「NMB48」のメンバーである吉田朱里さんは、メイクなどをメインとした女子力動画でYouTuberとして活躍する他、72万人がフォローするInstagramも好評です。
男性ファンがメインのアイドルグループで活躍する中で、YouTubeやSNSを使って同世代の女性ファンを獲得し、知名度が一気に上がりました。
SNSを上手く利用して、吉田朱里さんだけではなくNMB48にも女性ファンが増えるなど大きな影響力があったことが分かりますよね。

SNSが人気の芸能人

メディアでの活躍はもちろんですが、特に世間からSNSが注目され、人気や影響力が高い芸能人もいます。
日本で特に影響力が高いと言われるSNSについて見てみましょう。

松本人志(ダウンタウン)

お笑い芸人の松本人志さんは、Twitterで頻繁につぶやいています。
フォロワーは782万人、芸能界の中でも松本人志さんに憧れている人も多く、発言が常に注目されています。
芸能人のトラブルが報じられた時や、大きなニュースが出ると松本人志さんのコメントに注目が集まり、ツイートされた内容はネットニュースで報じられることも少なくありません。

渡辺直美

渡邊直美さんはInstagramのフォロワー数日本一を長年キープしており、その数は939万人を超えています。
お笑い芸人らしい面白い投稿はもちろん、色鮮やかなまさに「インスタ映え」という写真の数々は日本だけでなく世界中のファンから人気です。

他にも芸能人のSNSには、影響力の大きいものが多く、芸能人以外にもスポーツ選手や政治家などの有名人もSNSを活用しています。
今後も芸能人のSNSには注目が集まることは、間違いなさそうですね。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6