9_9_1_49612654[1][1][1]

子役は何歳から何歳まで?子役年齢に関しての疑問を解消

2019.07.27 / キッズモデル

映画やテレビでは毎日多くの子役が活躍しています。「わが子を子役としてデビューさせたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、子役といっても何歳から何歳までを指すのか、疑問に思っている方も少なくありません。この記事では、「子役が何歳くらいまでを指すのか」「子役を卒業するタイミング」「子役を始める準備」などについて解説していきます。

子役は何歳から何歳まで?子役年齢に関しての疑問を解消

子役とは、テレビや映画、CMなどで活躍する子供の役者のことです。子役は、何歳から何歳までと決められているのでしょうか。子役には、特別な資格や年齢制限があるわけではなく、明確な定義はありません。そのため、ベビー用品のCMに出演している生後間もない赤ちゃん子役から、中学生まで、幅広い年齢層を指して総称として子役といわれています。

しかも、子役は演じることが仕事ですから、必ずしも実年齢であるとは限りません。実際の年齢が中学生であっても、見た目や声、キャラクターイメージによっては小学生役に抜てきされて演じることは多々あります。子役として活躍するためには、年齢そのものよりも、子役の個性や能力、成長度合いによるところが大きいため、子役を目指すにあたっては、年齢を気にしすぎる必要はないといえるでしょう。

しかし、子役のオーディションを受ける場合や子役専門の事務所に入りたい場合には、対象の年齢があらかじめ指定されている場合があります。そのため、子役を目指す場合には、希望するオーディションなどの応募要項の年齢制限を確認することが重要です。

LP baby

子役のピークは7歳頃

それでは、子役として人気があるのは何歳ごろでしょうか。一般的には、子役のピークは7歳ごろ(小学1〜2年生)といわれています。人気のある子役を思い浮かべてみても、このあたりの年齢の子が多いのではないでしょうか。理由として考えられる要因の一つは、見た目の幼い愛らしさです。成長期に入る前のこの時期の声や身長、かわいらしい容姿は、CMやドラマでもニーズが高いと考えられます。

もう一つの理由は、この年代の子役自身のスケジュールに余裕がある点です。子役は、撮影の他にもオーディションを受けたり、養成所の演技レッスンに出たりするなど、やることがたくさんあります。それらをこなしていくには、時間が十分に取れるこの時期が適切です。小学校低学年のうちは、まだ学校の授業もそれほど長くなく、課外活動もないことが多いので、午後早い時間から芸能活動に当てることができます。勉強のスピードがまだ緩やかで宿題も少なめなのも、忙しい子役の活動には適しているといえるでしょう。そのため、この年齢の子役たちは、一般的にニーズも多い上に活動時間も十分に取れる最もふさわしい時期です。

子役を卒業するタイミングは小学校卒業前後

それでは、子役を卒業するタイミングはいつごろが多いのでしょうか。子役には、明確な年齢制限はないため、卒業のタイミングは人によって異なります。しかし、子役に求められるのは子供らしい風貌や雰囲気であることが多いので、子供の成長スピードに合わせて卒業の時期を考えていくことになります。成長が早い子は、小学校高学年でも大人っぽい風貌に変化しますし、身長の低い子は、中学生になっても小学生役を演じていることがあるため、子役の卒業時期は年齢では一概に区切れません。周りの大人たちが適切な時期を見極めることが必要だといえます。

ただし、一般的には小学校卒業前後が子役卒業の一つのタイミングになることも多い傾向です。その理由の一つは、やはり成長期に入り体が大きく変化をしていく時期であることが挙げられます。男女とも、小学校高学年あたりから急に身長が伸び始め、大人っぽくなっていくためです。子供の成長は喜ばしいことですが、子役にとっては、求められているイメージに当てはまらなくなってしまう時期でもあります。また、男の子は声変わりも同時に起こりますので、「撮影時期に声が変化してしまうと役柄のイメージとは変わってしまう」ということもあるため、声変わり前に卒業することも多い傾向です。

もう一つの理由は、子役自身の生活が大きく変わる点です。中学校に入ると勉強時間も増え、課外活動も多くなります。子役としてずっと活躍することはできないため、子供の人生キャリアのために勉学を優先させる家庭も出てくるのです。これらを考慮して、多くの子役が小学校卒業を機に子役も引退していきます。

子役は大人へ脱皮するタイミングが重要

子役を卒業しても芸能界の引退をせずに、大人の俳優、女優を目指していくケースもあります。旬の短い子役と違って、俳優は一生続けられる仕事ともいえますので、子役から俳優を目指す場合にはどのようにステップアップするかは重要なポイントです。子役として人気が出た場合は、視聴者の側にずっと幼いころの子役のイメージがつきまとうことがあります。そのイメージが時には邪魔をして、大人の俳優・女優として見てもらいにくくなってしまう心配があるのです。

子役を卒業してからも引き続き俳優として活動をしたい場合には、子役のうちから自分の特徴や長所を作り、成長していく努力が必要でしょう。本格的な芝居やダンスのレッスンを受けたり、舞台に出演したりするのもその方法の一つです。子供らしさを求められる仕事だけではなく、大人っぽい演技力を求められる仕事のオーディションを受けたり、声優の世界で活躍したりと新しい挑戦を続けていくことも必要になるでしょう。息の長い芸能活動をするためには、早いうちからの対策が大切です。

また、ずっと俳優と活動し続けることだけを目指すのではなく、小学校卒業と同時に子役を卒業して、いったん学業に専念する方法もあります。子役としての生活だけでなく、一般の学校生活や勉強を大事にして子供らしい経験を積むことで、思春期以降、新たな魅力を獲得してスムーズに仕事に戻ってくることも可能です。視聴者からも、子役のころのイメージが抜けて新鮮に受け止められるメリットもあります。芸能の仕事からいったん距離を置くことで、子供自身も自分のやりたいことがはっきりしてくることもあるでしょう。大人になってからも俳優を続けていきたい場合でも、活動し続けることにこだわらず、いったん休むことも一つの選択肢です。

名子役になるには2~3歳からレッスンを始めよう

それでは、実際に子役になるためには、一体いつごろから活動を始めれば良いのでしょうか。子役として活躍するには、まずは養成所や所属事務所を決めるのがおすすめです。子役に求められるのは可愛らしさや子供らしさといわれていますが、これらを知らない人の前やカメラの前で演技を伴って表現するのは、決して簡単なことではありません。「ただオーディションを受ければいい」というものではなく、専門の養成所で子供に合わせたトレーニングをして、仕事として求められることに慣れていく必要があります。

子役の養成所などでは、基本的な芝居の発声や滑舌、歌やダンスといったさまざまなカリキュラムが用意されており、未経験の子供たちが人前に出るために必要なことを学ぶことができます。また、子役は子供といえども遊びではなく仕事をしていくことになるので、そのために必要なマナーや人間関係の約束事、責任感を学ぶことも大切です。これらの活動を同年代の子供たちと切磋琢磨していくことができるので、子供にとっても技術的にも精神的にも大きく成長できるのが養成所や事務所だといえます。

子役のピークが7歳ということを考えると、第一線で活躍するには、それ以前からの準備が必要です。実際に活躍している子役がレッスンを始めた年齢は、3〜4歳が多いといわれています。幼稚園に入るタイミングや、幼稚園よりさらに早いタイミングで養成所に通い始めていることになります。活躍時期の短い子役は、早めの対策がとても重要です。子役として活躍していくためには、なるべく早いうちから子供に合った所属事務所や養成所に入ってレッスンを始めるのがよいでしょう。

LP baby