微笑む女性

乃木坂46のオーディション内容とは?

乃木坂46とは?

2011年にAKB48の公式ライバルとして結成された乃木坂46は、NHK紅白歌合戦に5年連続5回の出場、日本レコード大賞でも連覇を成し遂げるなど、トップアイドルとして大活躍です。
AKB48と同じく秋元康さんによるプロデュースで、応募総数38,934人の中からオーディションで選ばれた36名で活動をスタートさせました。

結成当初は「コンセプトが無い」がコンセプトになっていましたが、乃木坂46は専用劇場を持たないなど公式ライバルであるAKB48とは違った形で、アイドルとしての地位を築いてきました。
乃木坂46ならではのエンターテイメントを作ることを目指し、楽曲やダンスにおいても乃木坂46らしさを強調した作品になっていますよね。

現在では、個々のメンバーが女優やモデルとして活躍の場を広げ、男女問わずに人気のアイドルグループに成長しました。
これまでに、度々メンバーの加入や卒業もあり、現在は1期生~4期生のメンバーが活躍しています。

乃木坂46のオーディション内容

乃木坂46は、これまでに4回のメンバー募集オーディションを開催しています。
結成メンバーのオーディションとなった1期生の募集では、応募総数38,934通の中から書類審査、面接審査、実技審査、最終審査を経て36名の合格者が選出されました。
このオーディションで選ばれたメンバーには白石麻衣さんや齋藤飛鳥さん、生駒里奈さんなど、乃木坂46の発展に大きく貢献したメンバーがたくさんいます。

2期生募集オーディションは、2年後の2013年に開催されており、応募総数は16,302人でした。
2期生として14名のメンバーがオーディションに合格して、乃木坂46の研究生として選出されました。
2期生の合格者には、堀未央奈さんや北野日奈子さんなどがいます。

3期生募集のオーディションは2016年に行われ、応募総数は48,986人に上りました。
1次審査では書類選考、2次審査は地方面接、3次審査の実技、4次審査は東京での面接で12人が合格者として残り、その後最終審査で合格者12人全員が3期生となりました。
3期生には、大園桃子さんや山本美月さんなど次世代での活躍が期待されるメンバーがいます。

そして、4期生のオーディションは「坂道合同オーディション」として、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の3グループ合同オーディションとして開催されました。
応募総数は121,982人、オーディションの内容は1次審査は書類選考、2次審査は地方でのカメラテスト、3次審査は東京での面談、最終審査は実技審査となり39名が合格することになりました。
4期生のメンバーには、次世代のセンター候補と呼ばれる遠藤さくらさんなどがいます。

乃木坂46のオーディションの内容としては、「坂道合同オーディション」を除いて、1次審査~最終審査までだいたい同じような流れだと分かりますよね。
オーディションへの応募資格の年齢制限は、1期生は満12歳~24歳、2期生は満13歳~23歳、3期生と4期生は満12歳~20歳となり、応募できる年齢の上限は徐々に低くなっています。
乃木坂46ほどの人気グループでは、オーディションの応募者数もかなり多く、通常のオーディションに比べて審査の過程も多くなる傾向にあります。

坂道合同オーディションとは?

乃木坂46の4期生が選ばれた、坂道合同オーディションはこれまでに開催された乃木坂46のオーディションとは変わり、欅坂46、けやき坂46(現 日向坂46)のメンバーを合同で募集する方法で行われました。
人気の3グループのメンバー募集ということで、合格者の倍率は3900倍となり、合格した39名のうち21人は、それぞれのグループに別れて配属されました。
残りのメンバーは、坂道研究生としてレッスンを受け、2020年には研究生の中から5人が乃木坂46に加入しました。

アイドルオーディションとして、過去最大級の規模と応募者数になった坂道合同オーディションは、注目度も高く話題になりました。

乃木坂46のオーディションに合格するには?

アイドルを目指す人にとって、乃木坂46のような人気のあるグループに憧れる人はとても多いでしょう。
アイドルのオーディションには、乃木坂46のようにすでに活躍しているグループや、新しく結成されるアイドルグループのメンバー募集など様々なオーディションが行われています。
乃木坂46ほどの知名度があるグループであれば、多数の応募があることから、勝ち残るための戦略が必要となるでしょう。

すでにトップアイドルと呼ばれるグループですから、合格すればすぐに第一線でアイドル活動をすることができて、恵まれた環境でアイドルの仕事をしていくことができます。
しかし、オーディションにはライバルが多く、才能あふれるレベルの高い人たちが集まるのは言うまでもありません。
オーディションでは審査員の印象に残ること、グループに必要だと思ってもらえる強みをアピールする必要があります。
合格すればグループとして活動していくことを考え、自分自身のアピールばかりせず、グループに貢献したいという気持ちや、チームワークを大切にする気持ちなど、乃木坂46のメンバーとして活動したい意思を伝えましょう。

乃木坂46メンバーのオーディションでのエピソード

実際に乃木坂46のオーディションに合格したメンバーのエピソードを見てみましょう。
1期生から活躍して長く愛されている秋元真夏さんは、2次審査で審査員から一発芸をするようにお題を出され、多数いる参加者の中で唯一挙手をして、スーパーマリオがジャンプをするときの音マネを披露したそうです。

3期生のオーディションに合格した大園桃子さんは、元々アイドルにあまり興味がなく乃木坂46についても名前を知っている程度だったそうです。
鹿児島出身の大園桃子さんは、お世話になってる先輩にお願いされたのがオーディションを受けるきっかけになったそうですが、オーディション会場の緊迫した雰囲気や緊張感で、地方予選から最終審査まで毎回泣いてしまったそうです。

同じく3期生のオーディションに合格した与田祐希さんは、福岡県の志賀島出身の島育ちで、アイドルに憧れて乃木坂46のオーディションに参加しました。
彼女はオーディションの歌唱審査で「石焼き芋の歌」を歌ったというエピソードがあります。
石焼き芋が大好きだからという理由で、本人はいたって真剣に選曲をしたそうですが、インパクトは大きいですよね。

このように特別な特技を披露するわけではなくても、大勢の中で目立つ度胸やグループにいて埋もれてしまわない存在感、セルフプロデュース力などを審査員にアピールできれば、合格への第一歩となるのではないでしょうか。

今後の乃木坂46のオーディション

今現在発表されている乃木坂46の追加メンバーオーディションの情報はありません。
これまでは、2~3年おきのペースで開催されてきましたが、最近では1期生の卒業が相次いで新たなステージに進むグループとして、今後の展望は読みにくい状態です。

乃木坂46だけの募集になるのか、坂道グループの合同オーディションになるのかなど気になることもたくさんありますが、次回開催される時にも、多くの応募人数が集まることが予想されます。