スポットライト

R-1グランプリの歴代チャンピオンを全て紹介!

2021.03.02 / 芸能人

R-1グランプリとは?

吉本興業が主催するピン芸人コンクール「R-1グランプリ」は、2002年~スタートし、第3回目からフジテレビ系で全国放送されています。
漫才コンビのコンクール「M-1グランプリ」に続き、ピン芸人ナンバー1を決めるコンクールとしてスタートしました。
「M-1グランプリ」のMは「漫才」を意味していますが「R-1グランプリ」のRは落語を意味しています。

披露する芸は基本的には面白ければ何でもOKとなっており、プロもアマチュアも参加できます。
ピン芸人だけでなく、普段はコンビで活躍している人が、ピンで参加することもできます。
これまでの大会では、キャリアに関する決まりはなかったものの、2021年からはプロは芸歴10年以内、アマチュアは大会の参加10回以内となりました。
コンクール名は「R-1ぐらんぷり」が2021年から「R-1グランプリ」に変更されることが発表されています。

2021年の決勝進出者も決まり、注目度も増してきましたが、今回はこれまでの歴代チャンピオンを紹介していきます。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6

R-1グランプリ歴代チャンピオン【2002年~2006年】

R-1ぐらんぷり2002【優勝者:だいたひかる】※参加者数 351名

座布団に座って漫談をするスタイルで行われた第1回では、女性芸人のだいたひかるさんが優勝しています。
まだ当時は特定の事務所に所属していなかっただいたひかるさんですが、優勝をきっかけに吉本興業にスカウトされたそうです。
その後、日本テレビ系「エンタの神様」など、様々な番組に出演するようになりましたが、2016年に乳がんを患っていたことを公表しました。
その後も、がんの再発など病魔と闘いながら、日常を綴るブログを頻繁に更新しています。

R-1ぐらんぷり2003【優勝者:浅越ゴエ(ザ・プラン9)】※参加者数 609名

前年とは違い、ネタや音響が自由となった2回目で優勝したのはザ・プラン9の浅越ゴエさんでした。
現在は読売テレビ「かんさい情報ネットten!」「土曜はダメよ!」など、関西の番組を中心に出演し、ザ・プラン9としてもコントの配信などを行っています。

R-1ぐらんぷり2005【優勝者:ほっしゃん。】※参加者数 1239名

過去2回は関西ローカルでの放送でしたが、この年から全国ネットで放送され、100万円だった賞金も一気に500万円と増額しました。
優勝したのは、ほっしゃん。さんで、R-1ぐらんぷりをきっかけに、バラエティ番組への出演も増えましたが、現在は芸名を本名の「星田英利」に改名し、吉本興業の俳優部門に所属しています。

R-1ぐらんぷり2006【優勝者:博多華丸(博多華丸大吉)】※参加者数 1761名

児玉清さんのものまねネタでチャンピオンとなった博多華丸さんは、2014年には博多華丸・大吉として「THE MANZAI 2014」でも優勝しています。
コンビでもピンでもバラエティ番組や情報番組に出演しており、2020年に放送されたフジテレビ系ドラマ「SUITS/スーツ」に出演するなど、俳優としても活躍しています。

R-1グランプリ歴代チャンピオン【2007~2011年】

R-1ぐらんぷり2007【優勝者:なだぎ武(ザ・プラン9)】※参加者数 2183名

決勝ではチュートリアルの徳井義実さんと同点となり、審査員の投票にて、なだぎ武さんが優勝しました。
なだぎ武さんは日本テレビ系の「エンタの神様」やTBS系の「あらびき団」などお笑い番組への出演も増えましたが、俳優としての活動も目立つようになります。
2021年1月から放送のTBS系ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」にも出演しています。

R-1ぐらんぷり2008【優勝者:なだぎ武(ザ・プラン9)】※参加者数 2731名

2008年の優勝者は、大会2連覇となる、なだぎ武さんでした。
R-1グランプリ・M-1グランプリやキングオブコントなど大規模なお笑いコンテストにて初めて2連覇を果たしました。
この年は「文化祭の出し物を決める高校生」のネタでコントを披露したなだぎ武さん。
大会が開催された時には、ザ・プラン9のメンバーとして活動していましたが、2015年に脱退しています。
現在はコメディアン・俳優の他、アイドルグループ「吉本坂46」のメンバーとしても活躍しています。

R-1ぐらんぷり2009【優勝者:中山功太】※参加者数 3400名

R-1ぐらんぷり2009では、この年で4度目の決勝進出だった中山功太さんが優勝を果たしました。
優勝後もしばらくは関西を中心に活躍していましたが、2010年に東京進出し、舞台を中心に活躍しています。
現在は公式YouTubeチャンネル「中山功太のYouTube」でネタの動画配信を行っています。

R-1ぐらんぷり2010【優勝者:あべこうじ】※参加者数 3539名

2010年は、決勝進出最多記録(6回)のあべこうじさんが優勝しました。
漫談やコントを得意とするあべこうじさんは、R-1ぐらんぷり優勝後は日本テレビ系の「エンタの神様」「爆笑レッドカーペット」などのネタ番組への出演が一気に増えました。
現在は青森県の番組に出演するなど、地方での活躍にも力を入れている印象です。

R-1グランプリ歴代チャンピオン【2012年~2015年】

R-1ぐらんぷり2011【優勝者:佐久間一行】※参加者数 3572名

初のトーナメント戦となったR-1ぐらんぷり2011では、歌ネタ・フリップネタ・コントなど多彩なネタで、佐久間一行さんが優勝しています。
優勝後は主にお笑い番組への出演が多かった佐久間一行さんですが、現在は月に1度の生配信ライブや、公式YouTubeチャンネル「佐久間一行チャンネル」での動画配信も頻繁に行っています。

R-1ぐらんぷり2012【優勝者:COWCOW多田】※参加者数 3612名

最終決戦でCOWCOW多田さん、徳井義実さん、スギちゃんの3組での戦いになり、COWCOW多田さんが優勝しています。
一発ギャグを得意としている多田さんですが、COWCOWとしてコンビでの活動を中心に、公式YouTubeチャンネル「COWCOW公式チャンネル」や、TikTokでの動画が若者を中心に人気を得ています。

R-1ぐらんぷり2013【優勝者:三浦マイルド】※参加者数 3684名

最終決戦で審査員満場一致で、三浦マイルドさんの優勝となりました。
優勝後も積極的にライブを行うなど、舞台を中心に活躍している三浦マイルドさん。
現在もルミネtheよしもとなどで行われる、お笑いライブやイベントに出演しています。

R-1ぐらんぷり2014【優勝者:やまもとまさみ】※参加者数 3715名

最終決戦では満場一致の票を獲得し、優勝したのはやまもとまさみさんでした。
優勝後は日本テレビ系「エンタの神様」などお笑い番組への出演も増えましたが、現在は芸人の傍ら、副業としてクレープ店を経営しています。

R-1グランプリ2015【優勝者:じゅんいちダビッドソン】※参加者数 3751名

2015年の優勝者は、本田圭佑さんのものまねでお馴染みのじゅんいちダビッドソンさんでした。
本田圭佑さんのものまねネタを中心に、テレビ出演も多いじゅんいちダビッドソンさんですが、最近は趣味のキャンプ動画を中心に、動画配信を行っているYouTubeチャンネル「ちゃんねるダビッドソン」も人気です。

R-1グランプリ歴代チャンピオン【2016年~2020年】

R-1ぐらんぷり2016【優勝者:ハリウッドザコシショウ】※参加者数 3786名

R-1ぐらんぷり史上最年長での優勝となったハリウッドザコシショウさん。
「誇張しすぎるものまね」などのネタで、お笑い番組にも出演しています。
独特の芸風が特徴のハリウッドザコシショウさんですが、公式YouTubeチャンネル「ザコシの動画でポン!」はチャンネル登録者数18万人を超える人気チャンネルです。

R-1ぐらんぷり2017【優勝者:アキラ100%】※参加者数 3792名

優勝者はアキラ100%さんで、この大会をきっかけにメディア出演が一気に増えましたよね。
この大会の優勝賞品として、フジテレビ系で冠番組となる「アキラ100%裸一貫!ニューヨークに行って参りました!」も放送されました。
最近は芸人としてだけでなく、俳優としても大活躍で、2021年には主演映画「達人 THE MASTER」も公開予定です。

R-1ぐらんぷり2018【優勝者:濱田祐太郎】※参加者数 3795名

平成生まれ初のR-1ぐらんぷり優勝者となった濱田祐太郎さん。
視覚障害を持つ芸人として話題となりましたが、正統派漫談ネタが先輩芸人からも絶賛されています。
現在はラジオの仕事や単独ライブなどを中心に活動しています。
日常を面白おかしくつぶやく公式Twitterも人気です。

R-1ぐらんぷり2019【優勝者:霜降り明星 粗品】※参加者数 2532名

M-1グランプリ、R-1ぐらんぷりの2冠達成となる、霜降り明星の粗品さんが優勝しました。
また、この年は決勝に相方のせいやさんも出場し、コンビでのR-1ぐらんぷり決勝進出が話題となりました。
コンビとしても個人としても、お笑い第7世代の代表格ともいえる活躍ぶりで、フジテレビ系ドラマ「絶対零度~未然防犯潜入捜査~」に出演するなど、俳優としても活躍しています。

R-1ぐらんぷり2020【マヂカルラブリー野田クリスタル】※参加者数 2746名

新型コロナウィルスの影響で無観客での開催となったR-1ぐらんぷり2020の優勝はマヂカルラブリーの野田クリスタルさんでした。
初めての決勝進出で優勝となった野田クリスタルさんですが、コロナ禍で出演オファーがあった番組が立て続けに中止になっていました。
しかし、この年のM-1グランプリで優勝を果たし、一気にメディア露出が増えましたよね。
2020年にはフジテレビ系「IPPONグランプリ」「さんまのお笑い向上委員会」など、人気番組に多数出演しています。

R-1グランプリ2021は、2021年3月7日に開催予定なので、今年は誰が優勝するのか楽しみですね。

本物より面白い!? ものまねタレント(勝手に)ランキング

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6