名刺を渡す男性

スカウトとは 【めざせスター発掘!】芸能人をスカウトする方法・スカウトになる方法

2020.09.02 / 芸能人

芸能人をスカウトする仕事とは?

芸能界で活躍する芸能人には「スカウト」をきっかけに芸能活動を始めた人がたくさんいます。
オーディションでは、自ら芸能人になりたいと志願する人からアクションを起こすことになりますが、スカウトの場合、声をかけられた本人は芸能界に興味が無いことも少なくありません。
しかし、スカウトをされた人の中から数々の大スターが誕生していることから、スカウトをする人の発掘力のすごさが分かりますよね。

芸能人をスカウトする仕事は、一般的に「スカウトマン」と呼ばれ、女性の場合は「スカウトウーマン」「女性スカウトマン」などと呼ばれることもあるようです。
芸能人をスカウトするのは、ほとんどが芸能プロダクションのスタッフか、プロダクションと契約をしているスカウトマンです。
プロダクションに所属する新人タレントを発掘するために、人が多く集まる場所などで、未来のスター候補を探すのが仕事です。

「スカウトマン」は誰もが知るような人気芸能人を発掘できるかもしれない、夢のある仕事ですよね。
そこで、芸能人をスカウトする仕事「スカウトマン」について詳しく紹介していきます。

20160416_CTA_2

スカウトマンの仕事内容

芸能人をスカウトする仕事は、街中でスターになりそうな人材を見つけるというのが主な仕事内容です。
少し前までは、人が多く集まる場所の方が、良い人材に出会える可能性も高いので、東京の原宿や渋谷などでスカウト活動をするスカウトマンがほとんどでした。
また、芸能人を目指す人の中でも、スカウトマンが多い場所は知られており「スカウトされやすい場所」に自ら出向くというパターンも多かったでしょう。

しかし、今では全国各地でスカウトを行うプロダクションも増え、地方でもスカウトマンとして働く人が求められています。
また、最近ではInstagramなどのSNSを利用して、スカウトを行っているプロダクションも多く、スカウトマンにはネットでのリサーチ力も必要な時代です。

スカウトをする仕事は、単純に良い人材を見つけるだけではなく、スカウトをした人に信頼してもらえるようなトーク力や人柄も必要な仕事です。
スカウトマンの中には、わざわざスカウトに出向く以外にも知人や近所の人などに声をかける人もいます。
そのため「この人のスカウトなら安心かな」と思ってもらえるように、日頃から信頼されるような人柄であることも、スカウトマンの仕事に重要な要素となっています。

スカウトの仕事をする方法とは?

プロのスカウトマンとして生活をしている人もいますが、最初からスカウトマン一本でという人は少ないのかもしれません。
スカウトの仕事にも「向き不向き」はありますが、経験値も大きく関わる仕事です。
とにかく最初は、アルバイトや副業感覚でスカウトの仕事を始めるのが、スムーズな方法になるでしょう。
実際に、アルバイト情報誌や求人サイトに、芸能スカウトの募集は掲載されています。

応募する際には、プロダクションが信頼できる会社であるか確認しておきましょう。
中には、スカウトマンに声をかけさせて、所属した人から登録料やレッスン料など高額な費用を請求するような悪徳なプロダクションもあります。
スカウトマンは、スカウトした人の人生を大きく変えるきっかけとなる可能性がある仕事です。
自信を持ってスカウト活動ができるように、事前の下調べは欠かせません。

信頼できる芸能プロダクションでは、スカウトマンに対しても、しっかりとした採用面接が行われる場合がほとんどです。
求人募集にエントリーした後に、面接を受け、採用となればトークマニュアルなどで、一連の業務内容を確認し、スカウトマンとしての仕事が始まります。
最初は先輩スカウトマンや、担当のスタッフと一緒に現場で仕事をする場合が多いです。

慣れてくれば、1人での業務となりますが、歩合制のスカウトマンの場合、勤務時間や拘束時間は決まっておらず、空いている時間にスカウト活動をします。

スカウトの仕事に向いている人は?

芸能スカウトの仕事に向いている人は「トーク力のある人」というイメージが強いのではないでしょうか?
初めて会った人に、信頼してもらうには、トーク力が必要というのも間違いではありません。
しかし、芸能スカウトの場合は、トークで相手を上手く乗せることよりも、相手に信頼してもらえる話し方や人柄の方が重要になります。

残念ながら、詐欺まがいの悪徳なスカウトが増えてしまったこともあり、スカウトされる側には「怪しい」「騙されるかもしれない」という危機感を持った人が圧倒的に多いです。
そのため、スカウトマンが信用できなければ、連絡先を教えてもらうことはもちろん、プロダクションに所属するまでに到ることはありませんよね。
また、スカウトするのは新人発掘が目的なので、未成年者が対象となる場合もたくさんあります。
スカウトする相手が未成年の場合、保護者からの信頼を得られることも必要です。

スカウトは100人に声をかければ、99人に断られるのが当たり前と言われていますが、実際に何度も断られると、声をかけることが億劫になり、スカウトの仕事を辞めてしまう人もいます。
何度断られても、無視されても、次は成功させようと気持ちを切り替えられることができる人はスカウトマンに向いています。

また、プロのスカウトマンを目指すなら、未来のスターを見つけ出す能力も身に付けておきたいですね。
芸能プロダクションも、スカウトマンを採用する時に、これまでの実績に注目します。
また、良い人材を見つける能力があると判断されれば、プロダクションに社員として採用されることもあります。
ただ単に、ビジュアルの良い人に声をかけるだけでなく、その人が持つスター性やオーラ、目力など、芸能人として輝ける能力を持つ人を見極める力が養われた人には、スカウトマンの仕事は適しています。

スカウトの仕事の給料は?

芸能スカウトの仕事での給料は、歩合制となっている場合が多いようです。
もちろん、大手の芸能プロダクションの社員でありながら、業務の一環としてスカウト活動をする分には、社員としての給料が支払われます。
しかし、スカウトマンとして芸能プロダクションと契約している場合、結果が出せれば報酬が支払われる歩合制となるパターンが一般的です。

そのため、プロのスカウトマンとして生計が立てられるほどの収入が得られる人は少なく、普段はサラリーマンや大学生、主婦など、別の仕事をしている人が副業としてスカウトをしている場合が多いです。
給料は、スカウトをした人が、プロダクションに入所すれば、一定の金額が支払われるシステムが多いでしょう。
金額は芸能プロダクションによって違いますが、ビジュアルの良さやスター性などよりも、読者モデルやエキストラやなどの仕事を、アルバイト感覚でできる人を集めているプロダクションでは、スカウトした人がプロダクションに登録すると、1件に付き数百円~千円程度の報酬という場合もあります。

芸能スカウトの仕事の魅力とは?

芸能スカウトの仕事の魅力は、何といっても自分が見つけてスカウトした人が、芸能界で活躍する姿を見ることができる夢のある仕事だということではないでしょうか。
と言っても、スターを見つけ出すことはそう簡単なことではありません。

すごく良い人材だと思った人でも、声をかけてみると全く相手にされないことは当たり前のようにあります。
また、良い人材は他の芸能プロダクションからも、たくさん声をかけられていることが多く、声をかけたらすでにどこかのプロダクションに所属している人だったということも少なくありません。
つまり、良い人材を見つければ成功ではなく、プロダクションに所属するところまで導くことは実に難しいということです。

その分、成功した時の達成感があり、人に夢を与える仕事に関わることができる素晴らしい仕事ですね。

芸能界に関わる仕事の種類や内容とは?【めざせ業界人】

20160416_CTA_2