6_6_1_40154144

ドラマ役者として成功するために大事なこととは

2019.01.04 / 俳優

ドラマに出演できる役者になる方法1:事務所に入る

ドラマに出演できる役者になる方法はさまざまですが、できるだけ若いうちから役者として仕事が始められると、挑戦できる役の幅も広がります。世間から注目を集める機会も増えるでしょう。ドラマに出演するための近道のひとつが事務所に入ることです。ドラマのキャスティングはオーディションによって選ばれるケースもありますが、制作側としても毎回オーディションを行うのは大変です。そのため、制作側から事務所に声がかかることも多くあります。また、同じ事務所の先輩が出演するドラマに抜擢してもらえる可能性も高くなります。述べたような理由から、早いうちからドラマに出演するためには、事務所に入っておくと有利です。

debut

ドラマに出演できる役者になる方法2:劇団に入る

ドラマに出演できる役者になるもうひとつの方法として、劇団に入るという方法があります。劇団の活動場所は舞台ですが、同時に映像系の仕事に関するマネージメントを行っている劇団もあります。ドラマへの繋がりをつくるという意味では、劇団に入ることもおすすめです。また、劇団に入ることで、役者としての確かな実力が身に付きやすいというメリットもあります。まず、生の舞台に立つことで度胸がつくようになります。観客の反応もリアルにわかるので、自身でも自分の演技を客観的に評価しやすいでしょう。さらに、舞台の場合は客席の一番奥まできちんと台詞を届けなくてはなりません。舞台で実戦経験を積んでいくことで、自然と腹式呼吸ができるようになるなど、正しい発生方法の習得にも効果的です。舞台とドラマの両方に出演する役者を目指しているのであれば、映像系のマネージメントもしている劇団を探すといいでしょう。

ドラマの役者にとって大事なこと1:監督や脚本の意図を読む力

ドラマに出演する役者にとって、大事なことは多くありますが、特に重要な4つのポイントについて解説します。まず、役者に求められるのが監督や脚本の意図を読む力です。いくら演技が達者でも、作品の方向性や仕上がりについて制作側の意図が読み取れなければ、見当違いな演技を披露してしまうことになります。結果として、全体の中で自分だけ浮いてしまうということにもなりかねません。テレビドラマの場合、基本的に脚本家や監督はより多くの視聴者の心をつかむような面白い作品を作ろうと奮闘しています。

そのうえで、監督は全体最適を考えて役者たちにも、役柄に応じてさまざまな演出を行います。制作陣が目指す作品イメージに少しでも近づけられるよう、役者としても役柄の特徴を的確につかむなど、作品において自分が果たすべき役割を考えなくてはなりません。いい役をつかむためには演技力を磨くことはもちろん大事です。しかし、同時に制作陣の演出意図をきちんと理解して、求められているような演技をすることも重要です。

ドラマの役者にとって大事なこと2:コミュニケーション力

ドラマに出演する役者にとって、2つ目に大事なことはコミュニケーション力です。ドラマ制作には大勢の人が関わります。役者だけではなく、監督をはじめ、衣装やメイク、照明、カメラなど、数え切れないほどのスタッフが参加しています。役者にとって、ほかの役者やスタッフはいわば職場の仲間です。ドラマ制作という大きなプロジェクトを円滑に進めていくためには、役者もそのメンバーの1人として場を盛り上げていくという気持ちが必要です。

たとえば、どんな相手にもきちんと挨拶をし、受け答えに気を付けるという姿勢が基本です。相手の質問の意図をくみ取って的確な答えを返したり、相手が望むような形で速やかに答えてあげたりすると、忙しい現場では喜ばれます。スタッフも丁寧で感じのいい役者とは、もう一度仕事をしたいと思うでしょう。コミュニケーション力も役者の実力のひとつです。次もまた仕事をしたい役者として選ばれたいのであれば、コミュニケーション力も磨きましょう。

ドラマの役者にとって大事なこと3:体力

ドラマに出演する役者にとって、3つ目に大事なことが体力です。ドラマは撮影期間も長く、撮影自体も長時間に及ぶケースが多々あります。たとえば、晴れのシーンを撮りたいのに雨が止まないといった場合には、数時間の待ち時間が発生することもあります。また、撮影の時間帯は必ずしも昼間とは限りません。あえて人の少ない深夜や早朝から始まることも珍しくありません。日々の撮影時間は不規則です。場合によっては、ほとんど睡眠時間が取れないという日もあるでしょう。

加えて、スタジオ撮影だけではなく、真冬の雪の中で撮影するというように環境の厳しい屋外で行う場合もあります。体力勝負なうえ、内勤の仕事と比べると体調を崩しやすい仕事だといえます。しかし、役者の場合は体調を崩しても代わりがいません。過密スケジュールを乗り切り、大事な仕事に穴を空けないためには、丈夫な体が必要です。普段から健康管理にしっかりと気を付けて、空き時間にはジムに通うなどして、体力づくりを行っておきましょう。

ドラマの役者にとって大事なこと4:学ぶ姿勢

最後に、人気ドラマに出演するような役者になるためには、謙虚に学び続ける姿勢が大事です。役者は、自分以外の他者を演じる仕事です。まるでその人が実在するようにリアルに演じるためには、自分の中にある表現力や造形力の引き出しだけでは不十分な場合があります。足りない部分を補うには、学びが必要です。たとえば、できるだけ多くの映画やドラマ作品を見て、演技力に定評のある役者の演技から学んだり、たくさん読書をしたりして想像力を磨いたりすることが大切です。

行ったことのない土地に旅行に出かけたり、新しい趣味を持ったりすることも自分の経験値を広げるでしょう。役者の場合、どのような経験も糧にできます。嬉しいことだけでなく、悲しいことや辛いことも生かせます。生活のあらゆる部分に学びのヒントがあると心得て、常に知的好奇心を持って興味があることは積極的に学んでいきましょう。そうすることで、演じられる役柄も広がりますし、演技にも説得力と深みが出てくるでしょう。

多くのドラマに出たいなら事務所へ入ろう

これまで述べたように、ドラマに出演したいと思っているのであれば、やはり一番の近道は事務所に入ることです。役者を目指している人の中には、自分のスタイルを貫いてフリーでやっていきたいと思っている人もいるかもしれません。しかし、必ず有名になるのだという意気込みで役者を目指している人は世の中に大勢います。かなりの実力者であっても、注目してもらうことはなかなか難しい世界です。その点、事務所は役者を売り出すことに長けています。制作側との繋がりもあり、何よりも事務所にはこれまでに蓄積されたノウハウがあります。

事務所に入ることで、役者としてステップアップするために必要なサポートやアドバイスも受けられますし、先輩役者の行動や考え方も参考になるでしょう。事務所で日々技術を磨きながら自己啓発に取り組むことで事務所の人にも認めてもらえ、人気ドラマ出演への道も開けるかもしれません。数多くのドラマに出演するチャンスをつかみたいのであれば、まずはオーディションを受けるなどして事務所に入ることをおすすめします。

debut