ハートのメンタル

芸能人のメンタル・強い心はどうやって鍛える?

2020.09.03 / 芸能人

芸能人のメンタルの強さの必要性とは?

歌が上手い人、容姿の美しい人、面白い人、スタイルがいい人など、特別な才能を持つ人は、周りからも芸能界に入るように勧められる機会もあるでしょう。
芸能界に入って活躍できる人は、才能がある人というイメージがありますが、才能だけでは続けられない厳しい世界です。

芸能界の仕事は安定した仕事ではありません。
同期の芸能人はもちろん、先輩や後輩、たくさんの人が活躍する中で、常に自分のポジションをキープしなければならないプレッシャーとの戦いです。
大きな仕事が決まって、一気に知名度が上がったからと言って、その後の保証は一切ありません。
人気や実力が伴わなければ、すぐに仕事がなくなってしまいます。

そんな厳しい環境の中で、芸能人はたくさんの悔しい思いや辛い思いを乗り越えていける、強いメンタルが無ければ続けていくことはできないでしょう。
よく「芸能人は鋼のようなメンタル」と言われることもありますが、全ての芸能人が元々ポジティブ思考で、メンタルが強い人ばかりではありません。
そこで、芸能人のメンタルとの付き合い方について、詳しく紹介していきます。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6

本当はメンタルが弱い芸能人も多い

テレビを見ていると、気が強そうに見える芸能人が「実はメンタルが弱い」「ネガティブ思考だ」と打ち明けているのを見かけませんか?
芸能人として活躍している人は、みんなメンタルが強いから生き残れるのだと思われますが、実はすごく繊細で、傷つきやすいメンタルを持つ人も多いのです。

しかも、メディアの中ではズバッと発言をするような強いイメージの人の方が、心が繊細という傾向にあります。
人間の心理として、自分が弱いことを分かっているからこそ、攻撃されないように強く見せようとする心理が働くのかもしれませんね。

例えば、タレントの指原莉乃さんは、周りの人からはメンタルが強く頼りになる存在だと評価されていますが、本人は自分のことをネガティブ思考で小さなことでも気にして落ち込んでしまうタイプだと分析しています。
他にも、カンニング竹山さんは、キレ芸でブレイクして、テレビでも強気な発言をするイメージから「鋼のメンタル」を言われますが、過去に本人が「実はストレスに弱い」と発言したこともあり、実際にストレスが原因で、体調に変化を感じたこともあったそうです。

このように元々メンタルが強いわけではなくても、メンタルを鍛えながら上手くバランスを取って、芸能界で活躍し続けている人も少なくありません。
メンタルが強くなければ芸能人になれないのではなく、芸能人を続けるためにメンタルを鍛えている人も多いということですね。

芸能人のメンタルを崩壊するネット社会

「芸能人はメンタルが強いから大丈夫」「芸能人は好きで人前に出ているのだから、誹謗中傷されるのも仕事の内だ」というような考え方をしてしまう人がいるのも現実です。
ネット社会となる前の芸能界でも、芸能人がマスコミや熱狂的なファンから誹謗中傷を受けることはありました。
しかし、ネットを使って誰でも軽い気持ちで発言出来て、それを誰もが見ることができる現代では、芸能人に対する誹謗中傷が加速して、社会的な問題になるほど加速して社会的な問題になるほどです。
芸能人の中には、自分がどんな評価をされているのかを、ネットでエゴサーチする人も少なくありません。
残念ながら、芸能人が傷つくような言葉を本人が見てしまう可能性があるのが、ネット社会の恐ろしいところです。
中にはSNSが炎上して集中攻撃を受けることもあり、芸能人は少しの発言でも油断できない状況に追い込まれているのではないでしょうか。
匿名の書き込みによる誹謗中傷などは、現代の芸能人のメンタルを傷つける最も大きな問題と言っても過言ではないのかもしれませんね。

芸能人が実践しているメンタルトレーニング

芸能界で活躍している人のほとんどが、メンタルについて悩みを抱えた時期があるでしょう。
それを乗り越えるために、トレーニングをしようと意識して行うわけではなく、経験で乗り越えていく人もいます。
しかし、ストレスを抱えやすい仕事なので、専門家の指導を受けてメンタルトレーニングを行う芸能人も増加しています。
現代の芸能界で生き残るためには、メンタルの強さは必要な要素だと意識する機会が増えたということですね。。

芸能界では大きな舞台に立つ時の、極度の緊張感を自分でコントロールする力や、個人的な感情を、コントロールしなければいけない場面がたくさんあります。
プロとして、自分をコントロールするために、メンタルトレーナーの指導を受けてメンタルを鍛えてる方法があります。
イメージトレーニングなどを含めた瞑想系のトレーニングや、体を使ってメンタルに働きかけるトレーニングなど、自分に合うメンタルの鍛え方を知ることも、芸能人が身に付けるべき大切な要素となっています。

自信をつけることでメンタルを鍛える

芸能界で活躍する中で、精神的なダメージを受けやすい時は、誹謗中傷などのバッシングを受けているなどのストレスが原因となる場合も多いですが、本人が自信を失うことも大きく影響していると考えられます。
周りからの評価を受けて自信を無くすのではなく、本人が自分の能力に自信を持てない時に気分が落ち込んでしまい、メンタルのバランスを崩しやすくなります。
自信が持てない時には自己肯定感が下がりますよね。
素晴らしい才能を持った人が溢れる芸能界の中で、自分を否定して辛い状況に陥ってしまうのは、芸能人に起こりやすい心の変化です。

人間が自信を持つためには、自分が納得できるほどの練習や訓練が必要です。
特に、芸能界で活躍する人には、ストイックな人が多いというイメージはありませんか?
そのストイックな精神は、芸能人が自信を持ってパフォーマンスをできるように、自分を納得させるための一種のメンタルトレーニングとなっている部分もあります。
芸能人は歌手でも俳優でもどんな分野でも、見ている人に評価をされる仕事です。
自信を持てないことが原因で、良いパフォーマンスができなくなることが無いように、自分の技術向上に努めることで、自信をつけます。
自分に自信を持てる根拠があることが、メンタルを鍛える力になるということですね。

ブレない精神がメンタルを強くする

芸能界では長く活動する中で、浮き沈みが少なく、常に仕事を得られる人はごく一部の人です。
ほとんどの芸能人は、人気が出て仕事がたくさんある時期と、人気が低迷してほとんど仕事がもらえない時期の両方を、経験したことがあります。
もちろん、芸能界は一度人気が低迷したら、そのままメディアに戻れないことも珍しくない過酷な環境です。
その中で、何度も芸能界の荒波を乗り越えて、活躍し続ける人には「ブレない」という共通点があります。

例えばDA PUMPのISSAさんはデビューしてすぐに大ブレイクし、人気アーティストとして活躍していましたが、人気が低迷しメンバーが脱退後は、新しいメンバーと活動を続けていました。
しかし、一時期の人気を取り戻すことはできず、メディアでは見かけない時期もありましたよね。
そんな低迷している時期でも、ISSAさんは「芸能界でデビューする時に自分はずっとここで生きていく」と固く決意したことに、心変わりはなかったそうです。
そのために初心に戻り、ショッピングセンターでのイベントなどの仕事も積極的にこなしていました。
見ている人から「落ちぶれた」などと心無い言葉をかけられても、ISSAさん本人がアーティストとして生きていくというブレない心があったからこそ続けることができたのではないでしょうか。

その後「U.S.A」で再び大ブレイクをしたDA PUMPを見て感動した人も多かったでしょう。
芸能人の強いメンタルの支えとなるのは、ブレない心の影響も大きいと言えますね。

関連記事:ハリウッドで活躍する日本人!言葉の壁はどうしてる?

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6