4_4_1_41919374

髪型で印象が変わる!オーディションを受けるときのポイント

髪型は人の印象を大きく左右します。そのため、オーディションではどんな髪型をしていけばいいのか悩むところです。個性的な髪型だと印象を持たれやすく、高評価になるのではと思いがちですが、実はそれは勘違いです。ヘアアレンジをしすぎてしまうと、審査員にマイナスの印象を持たれてしまう可能性があります。では、どのような髪型を考えたらいいのでしょうか。ここでは、オーディションに最適な髪型について紹介していきます。

髪型ひとつで見た目の印象を変えられる

“オーディションで審査員の印象を左右するものは表情や声質などいろいろありますが、髪型も重要な要素のひとつです。重く、暗い印象にならないよう、フェイスラインの髪は下ろさないようにしましょう。耳を出してふんわりとまとめるだけでも、印象を明るくすることが可能です。髪型のアレンジ次第で、人に与える印象は大きく変わります。オーディションでは、応募者のさまざまな面、たとえば服装や化粧、立ち居振る舞いなどを見て評価をする審査員もいます。そうした審査員には、髪の結ぶ位置が重要なポイントになります。たとえば、ツインテールを高い位置に結んでいると、「髪をほどいてください」と注文されたときに時間をとられてしまいますので注意しましょう。

ツインテールやポニーテールをしていくときは、ゆるく低い位置で結ぶのが基本です。また、ほどいたあとにさっと整う髪型にしておくのも大切なポイントです。同じ人であっても、前髪を下ろしたときとおでこを出したときでは印象が大きく変わってきます。前髪を下ろす場合は、長さにも気をつけましょう。前髪で目が隠れていると、暗い印象を与えて魅力が半減してしまいます。オーディション中に髪が気になるような中途半端な長さにするのも避けましょう。前髪を分けるか斜めに流す場合は、髪が途中で落ちてこないように工夫をしましょう。”

debut

自分の魅力を引き出せる髪型を探る

“自分をどう見せたいかを考えて髪型を選ぶのがポイントです。オーディションの目的や求められるキャラクターに合わせて髪型を選ぶこともありますが、基本は自分に似合う髪型を選ぶことです。個性のあるキャラクターが求められるオーディションでない限り、奇抜なカットや派手な髪色は避けてください。ヘアアレンジを行うほうがバリエーションも豊富なので、自分をどう見せたいかで髪型を変えてみましょう。ヘアアレンジで有効な髪の長さは、肩よりも少し長いミディアムかロングです。髪が長いほうがアレンジはしやすくバリエーションもたくさんありますが、自分に似合う髪の長さ、アレンジしやすい髪の長さにしましょう。

髪型や髪色で悩んだときは、家族や美容師さん、学生なら学校の先生に相談してみましょう。特に髪色は、無理に変えると学則に違反するケースもあります。また、自分では似合っていると思っていても、他人の目には違って映っていることがあります。オーディションも自分の目ではなく他人の目が判断するものなので、周囲の人に印象を聞いておくことをおすすめします。ヘアアレンジが苦手な場合は、周囲の知り合いやプロの美容師さんに相談し、簡単にできるものを教えてもらいましょう。”

求められる人物像を意識して選ぶ

“自分に似合う髪型を選ぶのはもちろんですが、オーディションで求められている人物像や勝ち取りたい役柄を意識するのも大切です。まずは、自分が受けるオーディションがどんな人物を求めているのかをじっくりと考えましょう。たとえば、演技をするオーディションであれば、表情がはっきりと見える髪型が適しています。というのも、長すぎる前髪や表情が見えない髪型だと、オーディションの内容を把握していないと判断される可能性があるからです。

清楚系やアクティブ系など求められる人物像をしっかりとつかみ、ヘアアレンジや服装を決めていきましょう。先にメイクをしてしまうより、ヘアアレンジと服装を決めてから似合うメイクをしていくほうがおすすめです。また、常識や固定概念にとらわれず、自由な発想でヘアアレンジをしてみてください。周りから批判されるような髪型は危険ですが、自分の個性を発揮することで結果がよい方向に向かう可能性があります。鏡でチェックをしながら自分の決めた人物像に近づけるよう、さまざまなアレンジを試してみましょう。”

子供のオーディションで多い髪型は?

“女の子に多い髪型は、肩にかかるセミロング以上です。ある程度の長さとボリュームがあれば、ヘアアレンジのバリエーションが増えます。基本的には、髪を下ろしているだけのナチュラルなスタイルが定番です。ヘアアレンジは、編み込みやツインテールをしている例がよく見られます。また、髪は結んでいなくても、毛先だけにカールやウェーブをかけるアレンジをする女の子もいます。ショートは比較的少人数ですが、ショートが似合う場合は印象に残りやすいのでおすすめできます。

男の子の場合は、シンプルな髪型が基本になります。顔の印象に合った、自然なスタイルにしましょう。男の子はきちんと手入れのされたオシャレなカットが多く、個性的な髪型の子はごく少数です。ドラマや映画で髪を染めている子役もいますが、オーディションでは目立つカラーリングをする人はあまりいません。赤ちゃんの場合は、成長のスピードによって個性が出るので、自然なままの髪型がいいでしょう。子供のオーディションの場合は、基本的にシンプルでナチュラルな髪型を選ぶことがおすすめです。”

アレンジのしすぎはマイナス

“気合を入れてヘアアレンジをしすぎてしまうと、マイナスポイントになりかねません。たとえば、スプレーでがちがちに髪を固めてしまうと、「髪を下ろしてください」という指示があったときに困ってしまいます。また、髪をきつく結びすぎて、ほどくときに時間がかかってしまうとマイナスの印象を与えてしまう場合があるのです。そのため、審査員からの指示に臨機応変に対応できるようなヘアスタイルを選びましょう。自由な発想も大切ですが、全体的にシンプルでゆるふわにまとめることを心がけてください。

特に、個性が強すぎるような過激な髪型だと、よい印象を持ってもらえないおそれがあるので避けましょう。審査員からの指示が多く出されるようなオーディションであれば、あらかじめ自由に髪型を変えられるスタイルにしておくと無難です。髪色も金髪などの奇抜な色ではなく、オーソドックスなほうが好印象を持たれる傾向があります。オーソドックスな髪色にするのは、奇抜な髪色よりも審査員が採用後のイメージを合わせやすくなるからです。アレンジはほどほどにして、オーディションで自分の魅力を引き出せる髪型を考えてみましょう。”

オーディション対策はスクールで学ぶ

“髪型は、オーディションにおいて自分の印象を左右するとても大切な要素です。ほかの人よりも目立つ自分を考えるのではなく、あくまでも自分に似合う髪型を考えましょう。ついつい自分の好みで髪型や服装などを決めてしまいますが、オーディションでは第三者から見た自分の印象が重要です。そのため、さまざまなヘアアレンジを試しながら周りの意見にきちんと耳を傾けましょう。また、オーディションでは審査員からの指示に臨機応変に対応できるような髪型が求められます。

しかし、オーディションの経験が少ないと、求められる人物像や自分の上手な見せ方がわかりません。そのため、ある程度の経験を積む必要がありますが、むしろオーディションをよく知っている人から教わるほうが効果的です。オーディションに少しでも早く合格したい場合は、スクールに通うことがおすすめです。スクールに通うことで、髪型だけでなくオーディション対策や自分のアピールの仕方など、基本的なことを学ぶことができます。基本的なことを知っているだけでも、ほかの人と差をつけることが可能です。まずはスクールでオーディションの知識を得て、自分の受けたいオーディションに挑戦してみてはいかがでしょうか。”

debut