c2233430cae9a58e50ca4bfb5809ae75_s-min

芸能界でヘアメイクの仕事をするには?

2019.10.10 / 未分類

ヘアメイクアーティストになるには?

ヘアメイクアーティストの仕事といえば、芸能界で様々な芸能人のヘアメイクを担当する仕事が有名ですよね。芸能界の仕事以外にも化粧品メーカーで働いたりヘアサロンで働くなどヘアメイクアーティストとして活躍の場がたくさんある仕事です。

ヘアメイクアーティストになるための免許は特になく、専門学校でヘアメイクを学んだ後に、ヘアメイクアーティストとして就職するのが一般的な方法です。しかし、ヘアカットに関しては美容師の国家資格を持っていなければできないので、ヘアメイクアーティストとして就職をするためには美容師免許を持っていた方が有利になります。

国家資格はありませんが、民間の資格でメイクアップ技術検定試験などメイクに関わる試験は行われているので、エアメイクアーティストとして働いていくのに有利になることを考えれば挑戦しておく価値はあるのではないでしょうか。

ヘアメイクを学べる専門学校では、様々な分野をトータルで学べる学校や一つの分野に特化して学べる学校などそれぞれに特徴があるので自分のやりたいことが学べる道に進みましょう。まだ方向性が決まっていなければ、いろいろな分野を学べる専門学校からスタートしてみると学びながら方向性を決めることができるのではないでしょうか。

卒業後は、ヘアメイクアーティストとして化粧品会社に勤務したり、メイクアップインストラクターとしてメイクを教える講師になるなど芸能界以外にも活躍の場はたくさんあります。多くのヘアメイクアーティストは、最初はアシスタントとして下積みを経験しながら技術を学んでいきます。

20160416_CTA_2

芸能界で活躍するヘアメイクアーティストの仕事は?

芸能界で芸能人のヘアメイクを担当するためにはヘアメイク専門のプロダクションなどに所属するか、フリーランスで契約をすることになります。しかし、まだ、経験の少ない新人の時にフリーランスで仕事を得るには実力的にも人脈的にも難しい場合がほとんどでしょう。将来的にフリーランスで活躍することも視野に入れて、最初はヘアメイクのプロダクションに入るか、大手の企業で専属のヘアメイクアーティストとして活動することをおすすめします。

芸能界以外でのヘアメイクアーティストの仕事は、ブライダル関係や成人式の時などに一般人に向けてヘアメイクをする仕事や、コスメ売り場でのヘアメイクアドバイザーの仕事など全体的に華やかな場所で活躍をすることが多い業界です。その中でも芸能界でのヘアメイクアーティストの仕事はとくに人気が高く競争率も激しい世界です。

芸能人にヘアメイクをする場合、雑誌、テレビ、ファッションショー、イベントなど出演する場所によって適切なヘアメイクを行うことを求められます。撮影する場所がスタジオか屋外かの違いでも適切なヘアメイクは変わってきますし、撮影する時の照明の当たり方なども考えて臨機応変に対応できる実力が必要です。

芸能界で活躍するメイクアップアーティストの収入としては、初任給で18万円前後が一般的です。しかし、実力と共に収入は増えて、フリーランスで人気のあるヘアメイクアーティストになれば年収が数千万円になる人もいます。

芸能界のヘアメイクには様々な種類がある

芸能界でヘアメイクをする場合、タレント、女優、モデル、アイドル、お笑い芸人など様々な分野の人に対してそれぞれに合ったヘアメイクをするよう求められます。

特に芸能人の場合、自分のイメージを大切にしている人が多く、信頼できる高い技術があるヘアメイクアーティストでなければ納得してもらえないことも少なくありません。同じ人にメイクをする場合でも、CMに出演する時とドラマに出演する時では別人のようなヘアメイクを求められることもあり、幅広いヘアメイクができる技術を持った人が求められるでしょう。

芸能界で活躍するヘアメイクアーティストには、特殊メイクを専門としている人もいます。例えば、ゾンビや宇宙人など通常のメイクとは異なる技術で特殊なヘアメイクをするアーティストです。専門的な分野になるので、一般的なヘアメイクアーティストの仕事よりも報酬も高いと言われています。

芸能界のヘアメイクアーティストに向いている人とは?

芸能界でヘアメイクアーティストの仕事をする場合、芸能人から指名されて仕事をする場合や、テレビ局などから依頼を受けて番組に出演する芸能人のヘアメイクとして仕事をする場合もあります。そのため、モデルや女優、アイドルなど分野の違う人にもそれぞれのイメージに合わせてヘアメイクをしなければならないので、器用さを求められます。

また、当日衣装を見てそのファッションに合わせてヘアメイクをする場合も多いので、ファッションセンスがよくトレンドにも敏感である人が向いているでしょう。色彩感覚が優れているというのも強みになります。

また、多くの人にヘアメイクをするので人当たりがよく、コミュニケーションを取るのが上手な人も仕事がしやすくなります。ヘアメイクアーティストとして自分の世界観を持つのも大切なことですが、芸能人にヘアメイクをする時にはその芸能人の個性やイメージに合わせたヘアメイクをすることが重要です。自分の好みを押し付けるのではなく、人の好みを敏感に感じ取り、活かせる人が向いていると言えます。

ヘアメイクの技術が高い程、たくさんの芸能人に評価され指名で依頼される数も増えます。
そういった、実力主義で勝ち残るためにも常に向上心を持って努力を出来る力も必要となるでしょう。

芸能界のヘアメイクアーティストに必要なことは?

同じようにヘアスタイルに関わる仕事でも、美容師や、理容師のように国家資格は必要ありません。しかし、実際にはヘアメイクアーティストの募集を見てみると美容師免許が必須であったり、優遇される場合が多いようです。ヘアメイクアーティストとして長く活躍することを考えると、美容師免許は持っていた方が有利でしょう。

また、ヘアメイクアーティストの仕事の中でも芸能界で仕事をするには特にトレンドに敏感である必要があります。テレビや雑誌を見ていても、活躍しているタレントやモデルは1シーズンも2シーズンも先のトレンドをファッションとヘアメイクに取り入れています。そのため、ヘアメイクアーティストとして毎日忙しく仕事をしている中でも常に先のトレンドを勉強して提供できるように勉強しておく必要があります。

他にも、芸能界でヘアメイクアーティストを目指すなら、美しく見せるヘアメイクだけでなく「疲れた表情のメイク」「意地悪に見せるメイク」などどんな要望にも対応できるようにヘアメイクの技術を学んでおきましょう。ヘアメイクアーティストとしての実力が認められれば、芸能人の中でも口コミが広がりたくさんの人から指名で仕事を依頼されることが増えます。

有名な女優を担当したり、ドラマなどの話題の作品でヘアメイクを担当することができれば一気に知名度も上がり、自らテレビなどのメディアに出演するなど一躍トップヘアメイクアーティストとして有名になる可能性もある世界です。華やかな世界ですが、実力のあるヘアメイクアーティストはみんな人一倍の努力をしている業界であることは間違いありません。常にレベルアップを目指せる気持ちが最も必要なだと言えるでしょう。

20160416_CTA_2