smiling-pointing-man

芸能界が稼げる理由とは

2019.12.04 / 芸能人

テレビで、有名人のお宅訪問の番組を観たことはありませんか?

芸能人は知名度がある方ほど豪邸に住んでいることもあり、芸能界は「札束が飛び交う稼げる業界」だと誰もが想像しているのではないでしょうか。

また芸能界では、「1本」「2本」・・・という業界用語があります。

これは何を表す言葉かというと、ギャラ、つまり給与のこと。
100万を「1本」と表現し、「今後のCMのギャラは2本らしい」というように使います。

芸能界は、数百万がポンと手に入る夢の業界なのでしょうか?

では「芸能界が稼げる理由」について一緒に見ていきましょう。

芸能界が稼げる理由1「自分にしか勤まらない仕事がある」

芸能界は、一芸が秀でた人が活躍する場所です。

たとえば「歌が上手」「お笑いセンスが抜群」「司会力が高い」「ルックスが良い」など、なにかしら光るものがある人が輝いているのです。

一人ひとりの存在価値は、まさに宝。

人気の芸能人になればなるほど、「うちのCMキャラクターを依頼したい」「今度の特番に出演してほしい」など依頼が殺到し、それに伴って自身の市場価値が上がっていくのです。

芸能界が稼げる理由2「プライベートと仕事の境目が薄い」

芸能人としてテレビに出るようになると、日本全国のお茶の間であなたの顔が映ることになります。

またインターネット動画を介せば、世界各国の人があなたの存在を知ることになるでしょう。

売れるのはとても良いことですが、その反面、仕事とプライベートの境目がよくわからなくなることも多くあります。
外を歩けば「〇〇さんだ!」と気づかれ、人だかりができて、サインと握手の嵐・・・。
好感度のために笑顔で対応しても、心の中では「今はプライベートの時間なのに・・・そっとしておいてくれよ」と思っている芸能人も少なくないはず。
有名な芸能人であればあるほど、一挙一動に好奇の目が集まるのは仕方がないことです。「有名税」という言葉がある通り、芸能人の高給は、私生活の犠牲のたまものといえるのかもしれません。

また、自宅の場所も簡単に突き止められてしまうので、パパラッチが待ち伏せていたり、「帰宅したらドアノブにラブレターが掛かっていた」なんてリスキーな思いをすることも・・・。
オードリーの春日さんのように、自宅の住所を日本中に公開していると、さらに様々な出来事が起こるのではないでしょうか。

一般企業であれば就業時間外は自由を謳歌できますが、芸能人だと「年中無休で仕事」と言わざるを得ません。「今日はオフの日だから握手はなし!」と冷たくあしらっては、またたく間に悪評が拡散されてしまいます。つまり芸能人の高給は、かなりの額の「時間外手当」も含まれているといえるでしょう。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6

誰もが稼げるわけではない

「芸能人になればたくさん稼げる!」「自分なら絶対に売れる!」など、芸能界デビューを目指す方は皆が夢を描いていることでしょう。

確かに、売れっ子になれば一度の出演で百万単位の報酬をポンと稼ぐことも可能です。

しかし、それはあくまでほんの一握りの芸能人のみ・・・というのが現実です。

たとえば「タレント名鑑」には数多くの芸能人が掲載されていますが、その中でも「テレビで見かけたことがある」という方はごくわずか。大半は「芸能事務所に登録しているけれども仕事がない」という方ばかりなのです。

仮に仕事をもらえても、知名度がない段階では報酬が安いので、「芸能界の仕事だけでは生活できないから飲食店でバイトをしている」など二足のわらじを履く方も多数。

売れるまでは一般企業の給与のほうが高い、ということをどうぞ覚えておいてください。でも、「給料が良いから芸能界に入る」というよりも、「レギュラー番組を〇本持つ売れっ子を目指すんだ!」というように、夢を優先して行動できたら良いですね。

有名な芸能人はどのくらい稼いでいる?

誰もが知る、大物芸能人。

売れると報酬はどんどん増え、デビュー前には想像もしなかったような大金が手に入ることも珍しくありません。

では、芸能人の大先輩たちの報酬をご紹介します。
「自分も絶対にこうなるぞ」というように、志を高く持ち目標に向かって邁進していきましょう!

明石家さんま

日本を代表する芸能界の大御所、明石家さんまさん。

トーク力抜群の彼は、老若男女問わずに好感度抜群です。

NEWSポストセブンの発表によると、明石家さんまの推定年収は5億4000万円!
もともとお茶の間の人気者だった彼ですが、個人事務所を設立してから給与が倍増し、ここまで高額な金額をもらえるようになったそうです。

よくゴールデンタイムの番組で司会をすることが多いですが、1回の放送だけでもおよそ200~500万円が発生。たった数時間働くだけで、私たちが1年かけて手に入れるような金額を軽々と稼いでしまうことが分かりますね・・・。

秋元康とアイドルたち

AKB48グループをはじめ、乃木坂や欅坂など、「会いに行けるアイドル」の形を築いた秋元康さん。

総合プロデューサーである彼の年収は、実に50億円以上といわれています。
作詞や印税をはじめ、「総選挙」によるファン同士の争いなど、彼が稼げる理由はたくさん。

しかし一方で、AKB48のトップだった大島優子さんの稼ぎは、全盛期でも月額100万円程度だったそうです。レッスンやバラエティー番組への出演など、あらゆる仕事をこなしていた彼女ですから、この金額はいささか少なすぎるかもしれません。トップクラスの彼女でさえ100万円程度なので、人気が薄いメンバーは一般企業と同じくらいかそれ以下といえるでしょう。

女優として圧倒的な存在感を見せる、杏さん。

杏さんは、ドラマ1話あたり250万円の報酬を受け取っているそうです。

もともとは1話150万円だったのですが、出演したドラマの視聴率が非常に良かったため増額されたとか・・・。

俳優の斎藤工さんも、ドラマ「昼顔」の出演を機に大ブレイクしました。
このように、出演した番組や役が「当たり」になれば、そこから一気に人気が加速することも期待できるでしょう。

ビッグダディ

もともとは大家族の父親だったビックダディ。

特に芸能人としてデビューしたわけではありませんが、自由奔放な彼の存在は日本中が知るところとなりました。

ビッグダディはドキュメンタリー番組に出演することが多く、そのたびに世間からの反響が大きいため、今の年収は1200万円にもなるそうです。1200万円も稼いでいたら、自分の子どもたちに満足な教育ができますね! 彼の功績は、素人でも稼げるという良い例になったでしょう。

特番は普通の番組よりも稼げる

もしあなたに特番への出演オファーが来たら、それは稼げるチャンス。

たとえば日本テレビの「24時間テレビ」において、メインパーソナリティーの嵐は5000万円を受け取ったそうです。そのぶん1日中の生放送で心身ともに負担はかかりますが、それでも十分すぎる金額といえるでしょう。

目の前の仕事を一つひとつ丁寧にこなしながら、夢への階段を着実に上っていきましょう。

まとめ

芸能界が稼げる理由は、価値ある才能は誰もが欲しがるということと、プライベートと仕事の境界線がほとんどない、ということが挙げられます。

ただ、芸能界に入ったら必ず稼げるというわけではないのでご注意ください。

しかし下積み時代が長くても、その経験は必ず後に生きてきます。

誰もが知る大物芸能人になるべく、目標を高く持って少しずつ進んでいきましょう。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6