c96838b86642c717c4b07822e4c4ff80_s-min

芸能界に関わる仕事の種類や内容とは?【めざせ業界人】

2019.11.25 / 芸能人

芸能界に関わる仕事の種類は?

芸能界に関わる仕事は憧れの職業として幅広い人に注目される業界です。
就職先を探している人の中には「芸能人に会いたい」「華やかな世界で働いてみたい」という理由で芸能界に関わる仕事に就きたいと考えている人も多いでしょう。芸能界の仕事には俳優や歌手のように芸能人として表に出る仕事と、芸能人のマネジメントやテレビ番組の企画をするような裏方の仕事があります。表に出る仕事は俳優、ミュージシャン、お笑い芸人、アイドル、バラエティタレント、モデルや声優、ナレーター、舞台俳優、ミュージカル俳優などの仕事もあります。

このように芸能人として表に出る仕事にも多くの種類がありますが、芸能界に関わる裏方の仕事にはさらにたくさんの種類があります。例えば、マネージャーやヘアメイクアーティスト、メイクアップアーティスト、スタイリストなど芸能人の仕事を直接サポートする仕事や、テレビ制作のプロデューサーやディレクター、カメラマンなどテレビ局関連の仕事などが芸能界に関わる裏方の仕事としてよく知られている業種だと言えるでしょう。その他にも音響スタッフ、美術スタッフ、編集者など多くの職業の人が芸能関係の仕事をしています。

20160416_CTA_2

芸能界に関わる仕事の内容は?

俳優やタレントなどの表に出る仕事に関しては、どのような内容の仕事をしているのか比較的イメージしやすいですよね。ここでは芸能界に関わる裏方の仕事の内容について解説していきます。

まず始めに芸能人のマネージャーの仕事の内容について紹介します。
マネージャーになるには芸能プロダクションに就職します。担当する芸能人のスケジュール管理や現場への付き添いが主な仕事になります。しかし、マネジメントの難しい所は担当する芸能人が良い環境で仕事ができるようにアドバイスや悩み相談などにも対応する必要があるという部分でしょう。また、テレビ局や編集者への売り込みや出演交渉も大切な業務です。

他にも芸能人と直接関わる仕事と言えばヘアメイクアーティストやスタイリストの仕事がありますが、こちらはそれぞれの職業の人が所属する会社があります。ヘアメイクアーティストなどの会社に就職すれば、テレビ局や雑誌の編集者から依頼された仕事を紹介してもらえます。

また、会社に入らなくてもフリーで仕事をする方法もあります。ヘアメイクやスタイリストなどの仕事はセンスや技術が必要な職業です。有名な芸能人の担当や、大きな仕事を任せてもらうためには常に努力と向上心が必要となります。

次にテレビ局での仕事の内容についてですが、テレビ局に就職する場合はアナウンサーや報道の仕事は人気が高く就職する際の倍率も高くなります。ディレクターやカメラマン、美術スタッフなどの仕事の場合もテレビ局で番組の制作にかかわる仕事は、就職する前に専門学校などで技術を学んでいる人も多いようです。
製作会社や編集プロダクションへの就職を希望している人も、映像関係の編集作業などを前もって学んでいる場合が多いでしょう。

このように芸能界に関わる仕事には、特別な技術や才能が必要な内容の業務がたくさんあります。進みたい道が決まれば、その仕事に役立つ勉強を始めておいた方が就職に有利でしょう。

芸能界に関わる仕事ができる会社とは?

芸能界に関わる仕事ができる就職先にはどのような会社があるのでしょうか。就職先を探す時に、どのような分野の会社があるのかを知っておくと役に立ちます。

一つ目は、芸能プロダクションへの就職です。
芸能プロダクションでは芸能人のマネージャーの他に所属タレントのファンクラブ運営やイベントの企画、新人タレントのスカウト、その他一般的な事務仕事など仕事内容がたくさんあり、総合職として社員を募集している芸能プロダクションがたくさんあります。音楽関係の仕事に就きたい人はレコード会社に就職するのもおすすめです。芸能プロダクションのマネージャーと同じように、所属するアーティストのマネジメントをする仕事や音楽の製作に関わる仕事に携わる仕事を任せてもらえる場合もあります。

二つ目は、テレビ局への就職です。
テレビ局に勤務するアナウンサーもテレビ局の社員であることはよく知られていますが、他にもテレビ番組の制作にかかわる仕事やイベントなどの営業をする仕事についても社員を募集されています。

三つ目の芸能界に関わる会社は、制作会社です。
テレビ局の内部で作られているテレビ番組以外にも制作会社が作るテレビ番組もたくさんあります。テレビ局から依頼された番組を作るために、企画から編集まで様々な仕事に関われる仕事も多いのが制作会社で仕事をする魅力の一つです。

四つ目は、出版社での仕事です。
雑誌や本を作る会社なので、芸能界との関りも深い仕事だと言えるでしょう。芸能人の写真集や雑誌などを作るときの企画や撮影に関わる仕事もたくさんあります。

五つ目は、イベント制作会社です。
芸能人はテレビ以外にも新商品の発表イベントやイベントを兼ねたコンサートにも数多く出演しています。様々なイベントを企画、セッティング、運営する仕事はイベント制作会社が請け負っている場合がほとんどです。

芸能界に関わる仕事のメリット・デメリット

芸能界に関わる仕事のメリットとして思い浮かぶのは「華やかな世界」であることではないでしょうか。テレビで見ている芸能人と同じ現場で仕事をするので、友達や親戚にも思わず自慢したくなる職業ですよね。

また、自分が関わったテレビ番組や雑誌が実際に形となって多くの人を笑顔にできるやりがいのある仕事です。しかし、たくさんの人に夢や感動を与える仕事である反面、大変なこともたくさんあります。

芸能界の仕事は、業務時間も不規則でテレビ番組のロケで出張に出ることも多く深夜の時間帯の仕事も少なくありません。雑誌の撮影でも屋外での撮影の時には、まだ人通りが少ない早朝に撮影をすることが多くなります。また、長距離の移動も多く食事や睡眠時間も不規則なので健康管理も難しく体力も必要な仕事です。

芸能界に関わる仕事をする方法とは?

芸能界に関わる仕事をするためには、就職先を見つけなければいけませんよね。
専門学校などに通っている人であれば、自分の目指す職業の就職先を学校から紹介してもらえる場合が多いでしょう。一般の大学にも就職先としてテレビ局や制作会社や芸能プロダクションの募集はあります。

また、数は多くありませんが一般向けの就職情報にも募集記事が掲載されているのを見かけます。テレビ局や制作会社などの就職後の平均的な給与としては、業種によって違いますが一般企業と大差はなく月収30万円前後と言われています。

初任給は20万円前後ですので、年齢と共に収入が増えていく点も他の企業と同じです。ヘアメイクアーティストやスタイリスト、俳優などの表に出る芸能人の仕事に関しては歩合制での給料となる場合もあります。

特に、芸能人の場合は新人の時にギャランティの交渉はしづらく下積み時代にはかなり厳しい条件で働いている人もいます。残念ながら悪徳なプロダクションでは、人気が出るまではほとんど収入がない状態で所属タレントを働かせているという会社もあります。現実的に下積み時代はタレントの売り込みに費用がかかるので、タレントへの給料が負担になるプロダクション側の事情もありますが給料面の話し合いは契約する前にしっかり話し合っておくことをおすすめします。

芸能界に関わる仕事は、常に努力が必要で才能のある人たちの中で勝ち残っていかなければいけません。しかし、その分やりがいも感じられて自分の成長を実感できる機会にも恵まれる仕事です。芸能界に関わる仕事に興味があれば、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

20160416_CTA_2