収入

Youtuberの年収!聞いてびっくりのその金額とは!?

2021.02.12 / 芸能人

YouTuberの収入の仕組みとは?

「YouTuberで成功すれば億万長者になれる!」という話はよく聞きますが、実際にはどのくらい稼げるのか、具体的な収入も気になりますよね。
「再生回数が多ければ収入が増える?」「広告収入って何?」「動画1回当たりでいくら稼げる?」
YouTuberの収入の仕組みには疑問もたくさんあるでしょう。
そこで、YouTuberの気になる年収と合わせて、YouTubeで収入を得る仕組みも解説していきます。

YouTubeに動画を投稿すると、広告が表示されます。
動画が1回再生されて、この広告が表示されれば1回平均すると0.1円が支払われます。
広告に種類よって多少の差はありますが、0,05円~0.3円が相場であり、0.1円で考えれば、動画が10万回再生されれば10,000円の収入となりますよね。
つまり1ヶ月で30万円稼ごうと思えば、動画が300万回再生される必要があります。
これは、決して簡単に達成できる数とは言えません。

広告にも種類がたくさんあり、検索画面や関連動画付近に表示されてるバナーなど、見ている人がクリックをすれば、YouTube運営者に広告収入を支払うシステムになっているものもあります。

また、広告収入以外にも、YouTuberの収入となるシステムがあります。
例えば「スーパーチャット」というシステムでは、ライブ配信で視聴者から寄付を受け取ることができます。
他にも「YouTubeチャンネルメンバーシップ」というシステムは、チャンネル運営者が月額課金制の収益を得ることが可能です。
ただし、メンバーシップを利用するには、チャンネル登録者数3万人以上で18歳以上の運営者という条件があります。

運営するYouTubeチャンネルの再生回数・チャンネル登録者数が増えれば、企業からのタイアップ企画などの動画を作る依頼も出てくるでしょう。
この場合は、タイアップした企業からの報酬が得られます。

20160416_CTA_2

YouTuberの平均年収

どのくらいの規模のチャンネルを運営していればYouTuberと言われるのか、決まりはありません。
副業としてYouTuberをしている人も多いですし、配信の頻度も様々です。
チャンネル登録者数が1,000人のチャンネルと、500,000万人のチャンネルを運営するYouTuberでは年収も大きく変わるので、年収の幅は相当広いと考えられます。
そのため、全体の平均値を知ることは難しいですが、トップYouTuberの上位100名程の平均年収は1億円近いと言われています。

日本国内でYouTuber活動を行っている人は、1万人~2万人いると言われていますが、その中でもプロのYouTuberと認識される人は2,000人前後だと考えられます。
このくらいのレベルになれば、YouTuberとして生計を立てられると考えられ、一般企業に勤める会社員の年収と同じくらいの平均額にあたる、400~500万円程の年収は得られるでしょう。

YouTuberの収入で生活するには?

日本で開設されているYouTubeチャンネルは60万以上ありますが、1人で複数のチャンネルを運営している人もいるので、日本人でYouTubeチャンネルを運営している人の人数はもう少し少ないと考えられます。

では、YouTuberの収入だけで生活することは、どれくらい難しいことなのでしょうか。
広告収入だけで、月収20万円の収入を得ようと思えば、1ヶ月で200万回再生を稼がなければなりません。
1ヶ月を30日として計算すれば、毎日新しい動画を公開しても、1つの動画につき6万回以上の再生回数が必要となります。
そう考えると、YouTuberで月収20万円を稼ぐのは、かなりハードルが高いことが分かります。
現在の日本では、1万人ほどがYouTuberとして月収20万円程度の収入を得ていると言われており、
単純計算すると年間で、240万円程度の収入になります。
コツコツと続けることで収入が増える可能性があるYouTuberですが「毎日動画の企画を考えて、撮影・編集も行う労力」「安定するまでは収入がほぼ無い時期が続く」「成功する保証はない」という厳しさを考えて始めなければなりません。

日本の人気YouTuberの年収

トップYouTuberは収入の額が大きい分、仕事の量によって収入が大きく変わります。

はじめしゃちょー【6億円以上】

日本国内のチャンネル登録者数日本一のYouTubeチャンネルを運営するはじめしゃちょーは、メインチャンネルの総再生回数は77億回を超えています。
さらにサブチャンネル2つもそれぞれに、総再生回数が10億回を超えており、YouTubeの広告収入だけでも、年収にして平均3~4億円もの収入があると考えられます。
さらに、はじめしゃちょーさんはテレビやCMなどの出演も多く、グッズ販売やコラボ商品の販売もされているので、全ての収入を合わせれば、年収は6~7億円だと推定されます。

HIKAKIN【推定年収 5億円以上】

YouTuberの中でもトップクラスの人気と知名度を誇るHIKAKINさんは、メインチャンネル「HIKAKIN TV」の他に「HIKAKIN Games」なども合わせて4つのチャンネルを運営しています。
全てのチャンネルを合わせれば、1ヶ月で再生回数は1億回以上にもなります。
さらにHIKAKINさんの場合、メディア、CMへの出演での収入もプラスされ、ネームバリューがあるので、企業とのタイアップ企画や商品に関する報酬もあると考えられます。
HIKAKINさんの収入は、間違いなく日本のYouTuberでトップクラスと言えるでしょう。

世界の人気YouTuberの年収

日本国内のトップYouTuberの年収でも、驚きの金額でしたが、世界にはさらなる強者がいます。
次に、世界で活躍するYouTuberの年収を見ていきましょう。

ライアン・カジ【推定年収 30億円】

2020年度の「世界で最も稼ぐYouTuber」となったのがYouTubeチャンネル「Ryan’s World」でおもちゃのレビュー動画を配信している、9歳のライアン君でした。
日本人の父を持つライアン君のチャンネルは、チャンネル登録者数4170万人、動画の再生回数は120億回を超えています。
もちろん、YouTubeでの広告収入だけでなく、おもちゃなどのプロデュースや、自身のブランドなどの収入も含まれています。

ミスタービースト【推定年収 24億円】

ノースカロライナ州に住む、ミスタービーストことジミー・ドナルドソンさんのYouTubeチャンネルはチャンネル登録者数1,600万人に上ります。
総再生回数は20億回を超えており、内容は100万個のLEGOで家を建てたり、10万までひたすら数を数えるなど、子供の「やってみたい」を実現させる内容が多いのが特徴です。
たくさんお金を稼いで寄付するのが最終的な目標だと言うミスタービーストさん。
人柄の良さと、たくさんの人を喜ばせたいという思いが、動画の人気に繋がっている印象です。

日本国内のトップYouTuberの推定年収でも驚きですが、世界のYouTuberには、さらに夢のような金額で衝撃的ですよね。
幅広い年齢層の、今を輝くトップYouTuberの今後の活躍も楽しみです。

稼げるYouTuberになるには|動画で夢を叶える3つの心得

20160416_CTA_2