演技力

演技力を高めるために日頃からやっておくべき3つのこと

2017.05.12 / 俳優, 女優になる

「演技力を高めたい!」
演技に関わる仕事をやっている方なら誰しもが一度は思うことではないでしょうか?

しかし、演技力をすぐに高めるという方法はありません。

演技力とは、小手先のテクニックを身につけてすぐに上手くなるものではありません。

では、演技力を伸ばす方法はないのでしょうか?その答えはNOです。

地道な努力によって確実に演技力は伸びていきます。

ここでは、

・演技力とはどういうものか
・演技力向上への基礎
・演技力を高めるために覚えておくべきこと

をご紹介していきます。

地道な努力をする者が、高い次元で勝負できる能力を身につけるのです。

20160416_CTA_2

Outline

– 項目をクリックで該当箇所へ

1.演技力とは?

演技力

そもそも「演技力」とは、どういうものなのでしょうか?演技力とは、演技をする上での力量です。

力量が高ければ高いほど、演技力があると周りから認められることになります。

演技とは基本的に日常生活と同じで、「ある限定的な空間での日常」が舞台です。
ここで必要になってくるのがコミュニケーションです。

例えば、「大丈夫?」というセリフがあったとします。

・親が殺された恋人を心配したとき
・家に携帯を忘れてきた友達を心配したとき
・バナナの皮で転んだ子どもを見たとき

同じ「大丈夫?」というセリフでも、言い方には違いが出てくるはずです。

まず、演技とはその世界で相手と「コミュニケーションをきちんととる」ことです。

「コミュニケーションをとる力が高いこと」=「演技力が高い」なのです。

2.演技力向上への基礎

演技力を伸ばすためには「基礎」作る必要があります。
ここでは、演技の基礎についてご紹介します。

演技の基礎

①発声
②表情
③表現

順にご説明します。

2-1.発声

voice-1

まずは発声です。

・声が相手に届いていない
・お客さんに声が届かない

これではどんなにいい演技をしていても、表現が出来ていないと思われても仕方ありません。

きちんと発声をするためには、腹式呼吸をマスターする必要があります。

ここでは、腹式呼吸の練習法をご紹介します。

腹式呼吸の練習法

①寝転がってお腹が膨らんでいることを意識して呼吸をする

②徐々にできるようになってきたら次は、立った状態で同じように呼吸する

③喉を広げて「あー」と声を出す

④「あー」という音がクリアになってきたらきちんとした発声が出来ています

発声は一朝一夕でできるようになるものではないので毎日、トレーニングすることが重要です。

2-2.表情

演技力

次に「表情」です。
怒っているのに笑っていたり、笑っているのに泣いていたり人間の感情には様々な例外がありますが基本は喜怒哀楽です。

表情のトレーニングをしては、鏡を用意して、自分の中で喜怒哀楽の顔をしてみてください。
鏡に映っているあなたがその感情の時のあなたの顔です。

自分の顔というのは普段はあまり、まじまじと見ることがないものです。

自分がどんな表情をしているのか、定期的にチェックすることが表情のトレーニングになってきます。

2-3.表現

happiness-824419_960_720

最後に「表現」です。
表現できているかというのは、相手にきちんと伝わっているかということです。

独りよがりの演技になっていないか。
これは自分では確認することが難しいです。

誰かに見てもらって演技をし、感情や目的が見ている人に伝わっているかどうかを確かめてください。

見ている人に伝わっていなければ、独りよがりの演技になってしまって表現が出来ていないということになります。

伝わっていなければ、どんなにいい演技をしていても意味がないので心してください。

3.演技力を高めるためにやっておくべき3つのこと

ここでは、続けることで少しずつ演技力の向上につながっていくであろうことをご紹介していきます。

3-1.相手の台詞を読む

5708114364_a9774b69bd_b

演技というのは「コミュニケーション」です。
しかし、演技に伸び悩み人が陥りやすい点として、自分の台詞だけしか読んでいないというものがあります。

台詞というのは相手の台詞があって初めて成立します。

なぜそのキャラクターがその台詞をいうのか?
それは別のキャラクターが言った台詞があるからその台詞が出てくるのです。

そして、自分が言った台詞が相手の台詞を出す意味にもなってきます。

例えば、このような台詞があったとします。

A「僕と付き合ってくれませんか」

B「ごめん。私、他に好きな人がいるの」

BさんはAさんに「付き合って」と言われることによってはじめて自分の中に断るという選択肢がでてきます。

つまり、AさんがBさんに告白をしなければBさんは断る理由はないわけです。

もしかしたらBさんには本当に好きな人がいなけれどAさんを傷つけないために「他に好きな人がいるの」といった可能性も考えられます。

はたまた、本当に好きな人がいることも考えられます。

ここに相手の台詞を読むことの重要性があります。

なぜその台詞がその瞬間にでてくるのか?
その「なぜ?」を持つことが演技力を高めていくうえで必要になってきます。

3-2.記録する

image

役者の表現力は自分の身体にストックしているものの数がモノを言ってきます。

例えば、ペットの死を経験したことがない人が、犬の死に対して悲しみを持てるか?
なかなか難しいことであると思います。

ここで必要になるのが、自分が悲しいと感じた時の状況や感情を記録したノートです。

日常生活でいろいろな思いを抱いたときに、ノートに記録することをしておきます。

そうすることで、まずは犬の死とは別の悲しいという感情を思い起こすことができます。

その悲しいという感情をベースに、犬の死というものを悲しいと本当に思えるように台本上ですり合わせていく。

その悲しいという感情のストックを作ることが演技の幅を広げていくことに繋がっていきます。

まずは感じたこと、考えたこと何でもいいので記録するという癖をつけてみてください。

3-3.表現したいものをもつ

演技力

役者の仕事としてキャラクターが持つ思いを伝えることが挙げられます。

例えば、なぜこのキャラクターはこんなにもいろいろなことに対してやる気がないのか。
それはそのキャラクターなりの考えがあり、思いがあるはずです。

その思いをもつこと、そのキャラクターを自分が演じるにあたって何を表現していくべきなのか。

そういった表現のベースを持って演じていくことで、キャラクターが台本上のキャラクターではなく、実際に生きた人物として立ち現れてきます。

表現したい何か。
それが演じることの必要性でもあり、役者として持ち続けなければいけないものでもあります。

4. 演技力をあげる事務所ランキング

ここでは、演技力を高めるレッスンで有名な事務所を、ランキング形式でご紹介します。

1 位 テアトルアカデミー

huku111

鈴木福くんや小林星蘭ちゃんが所属する、言わずと知れた大手芸能事務所。

即戦力を育てるための充実したレッスンなど伝統と実績のある事務所なので、ぜひオススメしたい事務所です。

テレビや映画などの業界と強力なパイプがあるため、最短3ヶ月でデビューも可能。

気づいたら台本に自分の名前が!

waki1

他の人と違うことがやりたくて、テアトルアカデミーのオーディションを受けたんです。

そしたら合格してしまって、気づいたら事務所に入って3ヶ月でドラマに出演することに。

台本に自分の名前が載っていて、「あの日、オーディションを受けてよかった」と思いました。

脇知弘(ごくせん、必殺仕事人、真田丸など多数出演)

たった3ヶ月でドラマデビューできてしまうほど、演技力向上に定評がある事務所です。

テアトルアカデミー

所属タレント
鈴木福、小林星蘭、谷花音、脇知弘 他多数

出演実績
「真田丸」「相棒」「下町ロケット」
「ちはやふる」「信長協奏曲」「僕だけがいない街」他多数

オーディション情報
・随時無料オーディション実施中
・最短3ヶ月でデビュー可能
・何度でも受験可能
・強力なバックアップ

テアトルアカデミー

2位 アトランティス

geinoproduction3

水川あさみや大東駿介を中心に、テレビや映画で活躍する実力派の俳優や女優が多く所属している事務所です。

モデルや歌手ではなく、俳優や女優といして芸能活動をしていきたいと思っている方にオススメです。

・所属タレント:水川あさみ、大東駿介
・オーディション料:無料
・応募資格:10歳〜20歳の女性、15歳〜25歳の男性
・事務所:東京都港区

アトランティス

3位 ワタナべエンターテイメント

芸能事務所 オーディション

マネジメントからコンテンツ作成、タレント養成スクールまで総合エンターテインメント業界の大手芸能プロダクションです。

フジテレビに太いパイプを持つことで有名。
プロダクション直営のスクールでは、タレントやモデル、お笑い芸人を目指すコースなど様々あります。

テレビ番組やバラエティで活躍したいと思っている人にオススメです。

・所属タレント:石塚英彦、原田泰造、ふかわりょう、イモトアヤコ
・オーディション料:無料
・応募資格:5歳〜20代前半の男女
・事務所:東京都渋谷区

ワタナべ

5.まとめ

演技力は一朝一夕でつくというものではありません。

毎日が演技の糧であり、勉強です。

どれだけ毎日の生活から吸収していけるかがそれが重要なのです。

あなたが一か月後、一年後に演技力があると言われる俳優になることを応援しています。

20160416_CTA_2