服装を迷う女性

好感度を上げるオーディションでの服装を分野別に解説します

オーディションに適した服装とは?

オーディション審査を受ける時には、服装・髪型・メイクなど、どのようなスタイルが適しているのか気になりますよね。
今回は、オーディションに適した服装について解説していきます。

オーディションに参加する時の服装の基本は、全身のスタイルが分かりやすく、シンプルなファッションが好ましいです。
スタイルが重視される、モデルなどのオーディションはもちろんですが、女優・俳優・アイドルなど様々な分野でも体型を含めた審査がされています。
「スタイルに自信がない」という人であっても、それを隠そうとする服装はオーディションに適していません。
オーディションにもいろいろな種類があり、必ずモデル体型の人が合格すると決まっているわけではないので、自分らしさを見てもらうためにも、隠さずにスタイルが分かりやすい服装で参加しましょう。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6

好感度アップの服装

オーディションに着ていく服装で、スタイルが分かりやすいものと言えば、体型に合ったサイズのTシャツにショートパンツというコーディネートを選ぶ人が多いでしょう。
男性の場合は、女性に比べてスタイルが分かりやすい服装が、選びにくいかもしれません。無理にハーフパンツを履いたり、体にフィットする服を選ばなくても、シンプルな服装であれば問題ありません。
しかし、極端にぶかぶかなビッグサイズのTシャツやパンツなど、体型が分からない服装は避けましょう。

オーディションの審査員に、合格者の決め手を聞くと「清潔感」「透明感」というワードが出てくる事が多いですよね。
オーディションで良い人材を見つけようとする審査員にとっては、垢抜けて完成された容姿よりも、垢抜けていなくても清潔感や透明感のある人を選ぶ傾向にあります。
つまり、オーディションでの服装はセンスの良い服ではなく、清潔感のある服装が好感度を上げると言えるでしょう。

シンプルな服装でも、汚れやシワがないかなど、細かい所にも気を配り、清潔感アップを心がけることも必要です。

他の人と差をつけるオーディションでの服装とは?

オーディションでの服装は「シンプルで体型が分かりやすいファッション」が好ましいということは分かりましたが、さらに他の参加者と差をつけるために、押さえておきたいポイントも確認しておきましょう。

自分に似合う色の服を選ぶ

一般的にも顔映りが悪くなると言われている黒っぽい服装は、オーディションでも避けた方がいいでしょう。
白、ピンク、オレンジなど、顔映りを良くしてくれる色の服装がおすすめですが、人はそれぞれ肌・髪・瞳の色によって、似合う色は違います。
色々な色の服を着て、鏡で確認し、写真を撮るなど似合う色を知っておきましょう。
周りの人の意見も聞いてみると、意外な発見があるかもしれません。
自分に似合う色の服を着ると、審査員からの印象が良くなるだけでなく、気持ちもポジティブになり、表情が明るくなるというメリットもあります。

全体のバランスを整える

Tシャツにショートパンツというシンプルな服装であってもTシャツの丈が変わるだけで、体型のバランスの見え方が全然違います。
体型によって肩幅、首の長さなど、コンプレックスを感じる部分は人それぞれですが、Tシャツの袖の長さや襟元のデザインなどで、体型をよりバランスよく見せることもできます。
シンプルな服装だからどれも同じと考えずに、丈やサイズでバランスを見ながら、スタイルが良く見える服を選ぶように心がけましょう。

分野別・オーディションにおすすめの服装

芸能界のオーディションには様々な分野があるので、その種類によって適した服装は違ってきます。
分野別におすすめの服装を知っておきましょう。

俳優・女優

役になり切って演じる仕事である俳優・女優のオーディションでは、これからどんな役にでも染まれるような人材が求められます。
あまりキャラクターを作り過ぎず、ありのままの姿で審査を受けましょう。
服装もシンプルなデザインを選び、アクセサリーなどの装飾品は付け過ぎずに、着飾らないファッションが好ましいでしょう。
ヘアメイクも服装も、素の状態に近い方が審査がしやすく、好印象です。

アイドル

他の分野に比べ、比較的低年齢の参加者が多いアイドルのオーディションでは、メイクや髪型、服装などもシンプルな装いで参加する人が多いです。
制服でのオーディション参加者も珍しくありません。
もちろん、アイドル業界でも、清楚で透明感がある人が好まれますが、反対にキャラクターの濃さがウケて合格する場合もあります。
特に大人数のグループで活動するアイドルグループであれば、自分の個性を活かして売り込む能力も重要です。
実際に、オーディションで目立つために、体操服や個性的なファッションで勝負して、合格する人もいます。
アイドルのオーディションでは、グループのコンセプトに合わせる必要はありますが、ある程度自分の個性も主張できる服装もOKです。

モデル

モデルオーディションの場合は特に、体型が分かりやすい服装が好まれます。
スキニージーンズなど、ピッタリとしたパンツスタイルでも体型は分かりますが、モデルの場合、合格後は様々なファッションで撮影をするので、脚の細さだけでなく、筋肉のつき方や傷の有無なども審査されるため、ショートパンツやミニスカートが好ましいでしょう。
デコルテやウエストなども、分かりやすい服を選びます。
また、モデルと言えば、おしゃれでセンスがいいという印象が強いですが、ショーや雑誌のモデルの場合、最も重要なのは「素材」なので、オーディションでの服装は流行のファッションである必要はありません。

タレント

タレントにも様々な分野がありますが、キャラクターの強いタレントを求めているようなオーディションであれば、奇抜なファッションなどの個性が求められる場合もあります。
しかし、大手のプロダクションなどで、これから育てていくタレントを求めるオーディションの場合は、シンプルで体型が分かりやすい服装で問題ありません。
まだ方向性が決まっていないタレントの場合、今後、バラエティ番組以外にもグラビアやCMなど、どのように展開していくかを審査されるので、他のオーディション同様、自分らしさが分かる服装が好ましいでしょう。

オーディションで好感度を下げる服装とは?

派手な柄の服や、デザインが複雑な服の場合、審査員は体型をチェックしたいのに、服装で分かり辛いと感じてしまい、見ている側はあまり良い印象を受けません。
そういう面では、服装を通じて、場の空気を読む力や協調性など、内面的なことも審査されていると考えておきましょう。
芸能界では、個性が大切な場面も多いですが、その場で求められていることが理解できる人が重宝されます。

他にも、ダンスの審査がある場合は、動きやすい服装が好ましいですし、役のイメージが決まっている俳優のオーディションであれば、そのキャラクターをイメージできる服装の方が、演技審査の時にイメージが伝わりやすくて、良いでしょう。

また、体型が分かりやすい服装と言っても、露出度が高い方がいいという意味ではありません。
露出が多すぎて下品な印象になってしまっては、逆効果です。
女性の場合、胸元が大きく開いた服装や、短すぎるスカートなど、下着が見えてしまいそうな服装はおすすめできません。
審査中に椅子に座ることもあるので、どんな体勢でも対応できる服装を選びましょう。

CMのオーディションに合格するには?

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6