6

売れる子役になるために!子役に求められる大事なことは?

2018.12.03 / キッズモデル

売れる子役の特徴とは

売れている子役には、いくつかの特徴があるといわれています。まず、子役であってもルールを守れることはとても大切です。一般的に、子役というと自由奔放に活動しているイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、実際に売れている子役に関しては、「子役は仕事である」という点をしっかりと把握していることから、ルールはきちんと守る傾向にあります。

次に、子供らしさがあるのも、売れる子役にとっては大事なことです。子役である以上、「子供らしさ」という点に関しては、「あって当たり前」と思われがちです。しかしながら、現場では緊張してしまったり、プレッシャーにつぶされてしまいそうになったりして、「自分らしさ」が出せない子供も少なくありません。それぞれの子役が持っている子供らしさは、見ている人の心をくすぐる魅力的なものであるため、売れる子役には欠かせない条件のひとつといえます。

さらに、子役として活躍するためには、所属事務所を決めなければなりません。このとき、子供の性格と所属事務所の方針が合致していることが、売れるためには重要な条件となります。事務所を決めるときにはインターネットなどによる口コミだけを鵜呑みにするのではなく、子供の性格や家庭の教育方針などをしっかりと考慮することがポイントです。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5bd00d871afe2

子役に求められる能力

子役にはさまざまな能力が求められます。まず、発声・活舌・アクセントです。子役として演技をしている場合でも、セリフが棒読みになってしまうなどの問題があると、それは自然な演技とはいえません。発声・活舌・アクセントに関しては、反復練習するなどして身体に覚え込ませておくと良いでしょう。

次に、動作・表情・立ち振る舞いも、売れる子役には求められています。たとえば、堅苦しい動きや不自然と思われる動作では、リアリティのある演技と評価することは難しいといえるでしょう。見る人が惹きつけられるような演技を目指すのであれば、動作・表情・立ち振る舞いという要素を磨いておく必要があります。

また、台本の内容を把握できる能力も欠かせません。このことは、ドラマや映画などの世界観を理解するという意味においても重要です。子供が自分ではない役になりきるために、作品の内容や配役の設定など、子役自身が知識を持っておきましょう。

さらに、演出意図に対する理解もしておくことがポイントです。演出家などの希望によって、「どのように演じるか」という点は大きく変わってきます。演出家の意図がわかれば、演技の幅も広がっていきます。

最後に、役柄への気持ちの込め方も考えておくと良いでしょう。役柄の感情や喜怒哀楽は、自然な演技をするための基礎となる部分です。特に、喜怒哀楽の表現の仕方については、普段から練習してスキルを身につけておきましょう。

事務所を選ぶポイントは?

売れる子役へと成長するためには、事務所選びも慎重に行わなければなりません。テレビや雑誌などで活躍している子役のほとんどが事務所に所属しているのが現実です。事務所に所属することによっていろいろなオーディションを紹介してもらえたり、演技力や表現力を磨くためのレッスンが受講できたりするなどのメリットがあります。

子供の事務所を選ぶときには、たとえば、事務所としての仕事の実績や、所属している子役・芸能人をチェックしてみましょう。そして、子供の個性や方向性に合っている事務所のオーディションを受けてみることが大切です。

また、事務所を選ぶ際には、「子役になってどんな仕事にチャレンジしてみたいのか」という点を明確にしておく必要があります。売れる子役になるためには、子役としての仕事を子供自身が楽しみながら取り組んでいるということが重要です。そのため、子役になったらやってみたい仕事内容について、親だけで決めつけてしまうのは好ましいことではありません。子供の意思を尊重しながら、子役としての将来像についても親はしっかりと考えておくことが求められます。

子役オーディションに失敗する原因

子役オーディションを受けているにもかかわらず、何度も不合格になってしまうというケースも実際には多く見られます。オーディションになかなか受からないと、「なんで合格しないのだろう」と落ち込んでしまうのも無理はありません。実は、子役オーディションに失敗することには、いくつかの原因があるのです。

まず、子供のモチベーションが低いケースです。このようなケースでは親のほうが熱中してしまい、子供に執拗に指示をするというパターンが多く見られます。最初は子供も子役の仕事に興味を持っていた場合でも、親にあれこれ指示されてしまうと、「面白くない」と感じてしまうものです。子役オーディションを受けるにあたって、「親は必要以上にオーディションに固執しすぎない」「子どもが疲れているときは休息を設ける」など、親としての配慮やケアが求められます。

次に、情報収集が足りていないことも、子役オーディションの失敗の原因となっている恐れがあります。たとえば、何らかの作品のオーディションを受ける場合には、同じ監督の過去の作品やシリーズなどのチェックをしておくことが欠かせません。

さらに、子ども自体がオーディションに慣れていない可能性もあります。オーディションの経験がないと、子供でも緊張してしまい、思うように結果を出せないものです。オーディションに向けてレッスンを続けることは大切ですが、ときには子どもをしっかりと褒めて、自信を持たせてあげると良いでしょう。

オーディションに受かるために大事なこと

オーディションに合格するために大事なことを心得ておくと、受かる確率がアップします。まず、個性を出すことが大切です。子役になるための条件として「かわいいこと」を挙げる人はたくさんいますが、実は子役にはかわいさよりも光る個性が求められる傾向にあります。特に子役が所属する事務所では、多様なキャラクターの子役を探しています。そのため、オーディションでは子供自身がいかに自分の個性を発揮できるかという点が重要視されるのです。

次に、子供らしさはもちろんのこと、明るさや元気な様子、人見知りをしない様子をオーディションで出すことが欠かせません。特に、人見知りをしない子供は、使う側も安心して起用できるといわれています。

また、親だけでなく、子供も積極的にオーディションを楽しむのも大事なことです。オーディションに合格しなくても、それは子役を目指す子供にとって貴重な経験となります。オーディションの失敗が続いても悲観的になるのではなく、まずはのびのびと楽しみながら取り組みましょう。

売れる子役で大事なのは個性と子供らしさ!

発声ができるか、演技力があるかなども、子役オーディションに受かるためには重要です。しかし、売れる子役として活躍させたいのであれば、子供の個性や子供らしさを活かせるような事務所に所属することも大切です。また、オーディションを受け始めたばかりの頃は、子供自身もオーディションに慣れていないため、なかなか合格しない可能性があります。合格しない場合でも、子供が「楽しい」と思いながら子役オーディションにチャレンジし続ける前向きな姿勢を持てるようにフォローしてあげましょう。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5bd00d871afe2