カメラを向ける女性

宣材写真とは?ありのままの自分を伝える効果的な撮り方を解説

2021.05.21 / 芸能人

宣材写真とは?

宣材写真は、芸能人が仕事に対する営業活動に利用するための、宣伝材料用写真の略称です。
芸能事務所に所属している人であれば、宣材写真は事務所が準備する場合も多いですが、クライアントからの依頼を受けるための、重要な役割を果たしています。

特に、新人タレントや、まだ知名度が高くないタレントなどは、芸能界での仕事を得るための売り込みでは、宣材写真のイメージはクライアントが採用するかどうかを、判断するポイントとなります。
また、イベント用のポスターや、出演情報などでも、宣材写真が使われることが多いので、芸能関係者だけでなく、一般の人にも見られるため、イメージを大切にしておきたいところです。
事務所のホームページのタレントプロフィールにも、宣材写真が使われるので「ありのままの自分を伝える」写真を選んでおきたいですね。

とは言っても、理想的な宣材写真を撮ることは意外と難しく、なかなか納得のできる写真が撮れないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
そこで、宣材写真の効果的な撮り方について、詳しく紹介していきます。

20160416_CTA_2

宣材写真の撮り方

宣材写真は、プロのカメラマンにスタジオで撮ってもらうのが基本です。
大手の芸能事務所では、専属のカメラマンが、専属のスタジオで撮影をすることもありますが、事務所によっては、タレントが自分の選んだスタジオで撮った写真を、宣材写真に使うこともあります。

オーディション用の写真の場合、自宅で家族や友人に撮ってもらった写真を使うことも多いですよね。
オーディション用の写真と、宣材写真には大きな違いがあり、オーディション用の写真は、審査員や関係者のみが見る写真なのに対し、宣材写真は関係者以外にも一般にも公開されます。
つまり、プロとして、より本人らしい魅力が伝わる、イメージの良い写真である必要があると言えるでしょう。

そのためには、写真スタジオで、プロのカメラマンに撮影してもらう方法がおすすめです。
家族や友人に撮影してもらえば、自然で魅力的な写真が撮れるので、魅力的な写真を撮ることができるかもしれません。
もちろん、プロのカメラマンが撮影した写真ではなくても、良い写真が撮れれば、宣材写真として使用しても問題ありません。
しかし、プロのカメラマンとの違いは、カメラなどの機材のレベルだけでなく、撮影の構図、ライティング技術などが圧倒的に違います。

写真スタジオはたくさんありますが、赤ちゃんや子供の撮影に特化した写真スタジオや、記念写真を得意とするスタジオなど、様々です。
宣材写真の撮影を得意とするスタジオやカメラマンを見つけて、撮影してもらうのがおすすめです。

宣材写真の服装・メイクとは?

宣材写真を撮影する時の、服装やメイクも、タレントイメージに大きく関わるポイントです。
単純にお気に入りの服や、似合うメイクで撮影すればいいというわけではありません。

宣材写真は、クライアント以外に、一般からも見られるため、自分のキャラクターを伝えることを重視しましょう。
「明るいキャラクター」「ミステリアスなキャラクター」など、タレントイメージによって服装やメイクも変えましょう。

例えば、マジシャンのように、仕事をする時の衣装が定着している場合は、その衣装で撮影するのが基本です。
宣材写真は、特徴がよく分かることも大切なので、体型が分かりやすくシンプルなコーディネートがおすすめです。
また、服の色でイメージを表すのもおすすめです。
宣材写真で着用する服の色で、イメージがガラッと変わるので、より効果的な写真を撮るためには重要なポイントとなります。

それぞれの色のイメージ

白色・・・清楚・清潔感・やわらかい・透明感
赤色・・・華やか・主張する・情熱的・目立つ
青色・・・クール・知性的・涼しげな・爽やか
黄色・・・明るい・目立つ・個性的・元気
緑色・・・落ち着き・自然体・安心感・調和
水色・・・爽やか・誠実・知性的・開放的
ピンク・・・優しさ・可愛らしさ・やわらかい・幼い
オレンジ・・・あたたかい・元気・賑やか・陽気
紫色・・・上品・芸術的・神秘的・優雅
茶色・・・安心感・渋い・温和・素朴
黒色・・・高級感・クール・自信・威厳のある
グレー・・・上品・エレガント・落ち着いた・大人っぽい

メイクはナチュラルメイクが基本ですが、ギャルモデルや濃いメイクが定着しているタレントであれば、そのイメージで撮影しましょう。
男性の場合は、髭の剃り残しや、眉毛の手入れも忘れずに、肌のコンディションも整えておきたいですね。

宣材写真のポーズ

宣材写真を撮る時には、ポージングに悩まされるという人も多いようです。
全身写真、顔写真、バストアップ写真、それぞれのポージングのポイントをチェックしてみましょう。

全身写真

全身写真では、実際のスタイルがよく分かる写真が適していますが、全身のバランス、肩幅の広さ、手足の長さ、頭の大きさと体のバランスを意識して撮影しましょう。
目線の高さより上から撮影すると、実際よりも脚が短く、頭でっかちに写ってしまうので、カメラはおへそあたりにカメラを構えるのがおすすめです。
また、腕や足を曲げて、体の中に三角形を作ると、立体感が出てスタイルもよく見えます。

バストアップ写真

バストアップ写真は、胸元より上が写るので、表情もしっかり意識しておきたいですね。
真正面から撮ると、証明写真のようになってしまうので、少し首を横に傾げたり、胸元に手を持ってくるなど、より表情豊かに見えるポーズを意識しましょう。
髪が長い人は、肩幅から胸元にかけてのラインが分かるように、ヘアスタイルを工夫します。

顔写真

顔写真は首から上の写真なので、表情がとても大切です。
手を顔周りに持ってくると、顔の輪郭がハッキリ見えないので、気をつけましょう。
また、歯並びも見えるように、笑顔の写真がおすすめですが、クールな印象やミステリアスな印象を付けたい場合は、イメージに合わせた表情で問題ありません。
しかし、事務所に所属している人は、自分の意思だけでなく、スタッフと売り出す方向性について相談しておきましょう。

宣材写真でありのままの自分を伝える方法

良い宣材写真の重要な条件の1つとして「ありのままの自分を伝える」というポイントがあります。
宣材写真の目的は、写りの良い写真を撮ることではありません。
どんなに魅力的に映っていても、本人とかけ離れた写真では、そのタレントを知るための材料にならないので、ありのままの自分を知ってもらうという目的を忘れてはいけません。

例えば、笑顔がチャームポイントであれば笑顔に重点を置いた写真をイメージするなど「自分の魅力」を考えて撮影することをおすすめします。
また、写真を撮られることに慣れていないと、緊張して良い表情ができません。
かたい表情やポージングになってしまわないように、写真に慣れておくといいでしょう。

宣材写真の選び方とは?

宣材写真を選ぶ時のポイントは「ありのままの自分の魅力が伝わる写真」を選ぶことです。
簡単そうに思うかもしれませんが、自分自身の魅力は、意外と自分では分かっていないことも多いです。
自分の身近な人の方が、本人よりも「素敵な表情」を知っているので、宣材写真を信頼できる人に選んでもらうのも良い方法です。
撮影をする前に、自分の魅力を聞いておくと、長所を意識して撮影することができます。

宣材写真で役をつかめ!キレイに撮影できる写真スタジオ14選

20160416_CTA_2