wood-cube-473703_1920 (1)

芸名の決め方って?芸名をつけるメリットも5つ紹介

2020.05.14 / 芸能人

芸能界デビューを目指しているなら、今のうちから芸名を考えておきましょう。

仕事用の名前が使えるのは、芸能界の特権といっても過言ではありません。本名で活動するのも悪くはありませんが、せっかくの機会なので「自分が考える最高の名前」をつけてみませんか。

芸能界では、芸名で活動する方も多く見受けられますが、本名で活動する方も同じくらいいます。

芸能人はなぜわざわざ芸名をつけるのでしょうか? 由来やルーツと共に、芸名をつけるメリットもご紹介します。

芸能人の芸名の決め方

テレビで見ない日はないほどの人気芸能人。
本名で活動する芸能人は多いですが、芸名で活動する方も同じくらいにたくさんいます。彼らはなぜ芸名をつけたのでしょうか。
では、人気芸能人が芸名をつけた理由について一緒に見ていきましょう。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6

綾瀬はるかさん

ドラマや映画で主演を務めることが多く、さらに数々のCMにも起用されている綾瀬はるかさん。

綾瀬さんの本名は、「蓼丸 綾(たでまる あや)」。デビュー当時はグラビアを中心に活動していましたが、スタッフたちが「たでまる」を読めずに困る事態が続出したため、「綾瀬はるか」として芸名をつけました。

名前の「綾」をそのまま苗字に持ってきて、「はるか」は地元の親友の名前から拝借。語呂の良さで、この芸名に決めたそうです。

MISIAさん

日本トップクラスのシンガーMISIAさん。
ラテン系の外見と日本人離れをした圧倒的な歌唱力から、外国人かハーフか・・・と疑われることの多い彼女ですが、実はMISIAさんは純粋な日本人。

本名は「伊藤美咲」なのですが、漢字は1文字違えど、読み方は女優の「伊東美咲」さんとまったく同じ。類似した名前での活動が法律で禁止されているというわけではないものの、やはりイトウミサキと聞くと「え?どっちの?」と毎回混乱させる事態になることは避けられないでしょう。そのため、あえて芸名をつけたそうです。

大トニーさん

「大トニーって誰?」と疑問を感じるかもしれませんが、大トニーをひと言で表現するなら「アントニーじゃないほうの人」。

大トニーは、もともと本名「大野大介」として活躍していました。彼が所属するのは、お笑いコンビ「マテンロウ」。マテンロウは、アントニーと大野大介さんで活動していたのですが、コンビ内での知名度はアントニーのほうが圧倒的に上。ある番組の調査において、大野さんの知名度は0%で、「じゃないほう芸人」としての現実を目の当たりにしたそうです。

そこで、ダウンダウンの松本人志さんに相談。「大トニーにしたら」との提案をそのまま受け入れて、現在は「大トニー」として芸能活動を続けています。

確かに、コンビやグループで活動している場合、相方のインパクトが強すぎると自分の存在が希薄になりかねません。知名度を上げたいのなら、やはり爪痕が残るような芸名を考えるに越したことはないでしょう。

芸名のメリット5つ

芸能界デビューを考える方は、「いつか日本中に自分の名前をとどろかせてやる!」と大きな志を抱くことがほとんど。

確かに、あなたの名前が日本中や世界中に知れ渡ることになったら、これほど誇らしいことはありませんよね。
本名での活動も悪くはありませんが、芸名をつけると様々なメリットが出てきます。

では、芸名をつけることでのメリットをお伝えします。知識をつけた上で、本名と芸名どちらを選ぶかはあなた次第ですよ。

芸名のメリット1「本名を公開しなくて良い」

個人情報保護が叫ばれている昨今、本名で活動することをあえて避ける芸能人は数多くいます。
本名がわかれば、出身校、過去の恋人歴、実家の住所など、その気になればいくらでもプライバシーが筒抜け状態に。もちろん芸名で活動した場合でも本名がわかれば同じリスクはあるものの、それでも病院などで「〇〇さーん」などと本名を呼ばれて全員の視線を集めるような事態にはなりにくいでしょう。

芸名のメリット2「違う自分になれる」

芸能界では、ある程度の演技力が必要です。
楽しくないのに腹をかかえて笑わなければいけないときもあれば、自分とは正反対の価値観にも「そうそう」と同調しなければいけないこともあるでしょう。

芸名で仕事をすれば、ON・OFFの切り替えがしやすくなります。「今求められているのは〇〇(芸名)としての自分であって、△△(本名)の自分ではない」と認識することで、「求められるキャラ」を意識的に演じられるでしょう。

また、本名にコンプレックスを抱えている方は、自分で命名できるチャンス。たとえば女性なら、「男女兼用のような男らしい名前が嫌だったけど、芸名なら女らしい名前をつけられる!」など好みの名前をセレクトできる良い機会ともいえます。

芸名のメリット3「視聴者に自分の名前を覚えてもらいやすい」

芸名は、「苗字+名前」のようなありきたりなネーミングでなくても構いません。
インパクトのある芸名をつければ、自分の知名度を飛躍的に上げるチャンスです。

たとえば「とにかく明るい安村」さんや、「ひょっこりはん」さん、「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんなどは、芸名のインパクトが強すぎて一度知ったら忘れられないでしょう。
このように、視聴者の心に爪痕を残すために、あえて奇想天外な芸名をつけるのも一つの方法といえます。

ちなみに歌手の家入レオさんは、「家入」は本名ですが「レオ」は芸名。事務所から「君は見た目がライオンっぽいからレオにしよう」とすすめられたそうです。家入さんの歌唱力は圧倒的なので、歌を一度聴いただけで存在を覚えてしまいますが、「レオ」の芸名により孤高の獣をイメージづけることにも成功しています。このように自分が何かに似ていると思うものがあったら、そのモノの名前をあえて芸名に取り入れるのも良いでしょう。

芸名のメリット4「姓名判断で縁起が良い名前をつけられる」

芸能界デビューをするからには、やはり仕事運は気になりますよね。
もし本名で姓名判断の結果が良くなければ、縁起を重視して芸名を考えるのも良いでしょう。

かつてお笑いタレントの「おさる」さんが「モンキッキー」さんに芸名を変更したのは、カリスマ占い師細木数子さんがきっかけでした。バラエティー番組で共演したとき、細木さんが「モンキッキーに改名したほうが絶対に売れる」と助言をし、そのアドバイスを受けた結果の改名だそうです。

このように、姓名判断の結果から逆算して、画数を引いたり足したりするのも一つの方法でしょう。

芸名のメリット5「本名だとインパクトがない方に有効」

本名がもし「苗字ランキング」「名前ランキング」などの上位にランクインするような名前であれば、どうしても存在が希薄なものになりがちです。

ありきたりな名前を払拭するほどの個性があれば良いのですが、それでも「名前相応」の活躍をしている方は決して少なくありません。

しかし、あえてありきたりな芸名をつけることで成功した方もいます。たとえば「山田花子」さん。山田花子さんは吉本のお笑い芸人ですが、その名前は書類の見本などで誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。
「それを芸名にしたか!」というインパクトは、誰の胸にも共通に残ったはず。このように、本名にインパクトがない方は芸名をつけるのが一番ですが、あえてありきたりすぎる芸名をつけて笑いを誘うのも有効といえるでしょう。

まとめ

芸名の決め方は、人それぞれです。
縁起を気にして綿密に決める方もいれば、親友の名前を借りる方もいます。

芸名のメリットはたくさんあるので、ぜひあなただけの特別な名前をつけてみませんか。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6