SAHIN-YESILYAPRAK-S3LWLTSEXO4-UNSPLASH

人気のあるレースクイーンになるには?

2019.12.05 / 芸能人

レースクイーンになる方法は?

サーキットの雰囲気を華やかにするレースクイーンとは、モータースポーツに参戦しているチームや各スポンサーのコンパニオン、イメージガールの仕事をする職業です。
チームによって求めるイメージは様々ですが、基本的にレースクイーンは全身のスタイルを含めたビジュアルの美しさが重要視される業界です。
そのため、タレントやモデルと同じようにオーディション審査を勝ち抜いて採用される場合がほとんどです。
一般的なモータースポーツは1年間の中で数回の大会があり、年間のトータルした成績を競います。
それに応じてレースクイーンも特定のチームと1年間の年間契約となる場合がほとんどです。
レースクイーンはモータースポーツのオフシーズンを迎える時期の11~12月頃に翌年の募集が増えます。
例外として、レースシーズン中でもその年の追加の募集や単発のレースでのレースクイーンの募集もあるので年間での専属契約ができなくても常にチャンスはあります。
ほとんどの場合は一次審査として書類選考が行われ、通過すればオーディションまたは面接での審査となります。
注目度の高い人気のチームのオーディションでは、キャンギャル専門誌等メディアの取材が入る公開オーディションが開催される場合もあります。
年間での専属契約が決まれば、基本的にはその年は他のチームでレースクイーンの仕事をすることができません。
単発で採用された場合にも、その年は他のチームでレースクイーンをする時にはスポンサーやチームの兼ね合いに注意をする必要があります。

レースクイーンの応募資格は?

レースクイーンの募集は基本的な応募資格として18歳以上の女性となっている場合が多く上限が決められていない募集が多いのが特徴です。
レースクイーン業界で活躍する女性は20代後半の人も多く、魅力的であれば実年齢はあまり関係ないと言えるでしょう。
チームによっては15歳以上と記載されており、高校生も応募可能となっているチームもありますが、保護者の同意が必要です。
また、レースクイーンは露出が多いコスチュームを着用することもありますので、未成年の場合は保護者ともよく相談して応募を検討しましょう。
レースクイーンの募集資格として身長制限も設けられていないチームが増えています。
過去にはレースクイーンやキャンギャルと言えば165㎝以上の高身長が条件となっていた時代もありましたが、最近では幅広いキャラクターの人がレースクイーンとして活躍するようになり身長制限を設けないチームが増えています。
他には、芸能プロダクションがレースクイーンの募集を行っている場合は「特定の芸能プロダクションに所属していない人」という条件があります。
大手の芸能プロダクションは、レースクイーンを募集しているチームのオーディションの管理を請け負っていることがあるので採用されれば所属プロダクションも同時に決まる場合もあります。
レースクイーンとして年間で専属契約をする場合、1年間の全国各地で行われるレースの度にサーキットに行くことになります。
応募をする前に、年間のレーススケジュールを確認しておきましょう。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6

レースクイーンが活躍する仕事とは?

レースクイーンが活躍する場所と言えば、サーキットのイメージが強いですよね。
国内で行われているモータースポーツには種類がたくさんあります。
その中でもレースクイーンが注目されるレースと言えばSUPER GT、全日本スーパーフォーミュラ選手権、スーパー耐久などの四輪自動車のレースや、全日本ロードレース選手権、鈴鹿8時間耐久ロードレースなどの二輪自動車などが人気です。
年間での契約、単発での契約などレースによって様々ですがモータースポーツに参戦するチームのレースクイーンとして活躍できれば「20××年○○レースクイーン」という経歴ができるので仕事の幅が広がります。
サーキット以外でもモーターショーなど車やバイクの展示会で華を添えるのもレースクイーンの仕事です。
オートサロンやオーターショーなどに出展しているレースチームかスポンサーと年間で契約していればサーキットの仕事と併せて依頼してもらえるパターンもあります。
しかし、オートサロンなどの展示会ではサーキットでの仕事とは別にオーディションを受けて出演している人もたくさんいます。
また、レースチームとの契約に関しても2年目以降も継続できる人もいますが、ほとんどは年間契約が終わればまた違うチームのオーディションを受けて勝ち抜いていくことになります。
レースクイーンの仕事を長く続けるのは簡単なことではありません。
しかし、人気が出ればテレビや雑誌のグラビアなど活躍の場は広がり、レースクイーンをきっかけに女優やタレントとして成功している人もたくさんいます。

レースクイーンに向いている人の特徴

レースクイーンの仕事は美しくてスタイルが良ければ誰でもできる職業でありません。
コスチュームが似合う体系を常に維持しなければいけませんし、たくさん写真を撮られる仕事なので肌のコンディションにも気を使う必要があります。
レースクイーンの仕事は全国各地であるので、移動も多く朝早くから働くこともたくさんあります。
生活リズムが不規則になることも多いので肌や体型を維持するには努力が必要です。
また、レースは土日の2日間かけて予選、決勝が行われることを考えれば、1回のレースで2~4日間拘束され真冬の雪の中でも薄着のコスチュームでサーキットに立ち、真夏には炎天下で屋外で仕事をこなすこともあるので体力に自信がある人が向いているでしょう。
レースクイーンはファンから写真を撮ってもらう機会も多いので、ファンサービスとしてポージングや表情の研究も欠かせません。
自分がチームやスポンサーの顔だという自覚を持ち努力できる人がレースクイーンに向いています。
チームの一員としてチームワークを大切にできることや、ファンや関係者に向けてイメージを保つことができることも人気のあるレースクイーンの共通点だと言えるでしょう。

レースクイーンになるためにできること

レースクイーンを目指す場合、1年目はまだ業界に染まっていないフレッシュさを武器に不慣れなイメージでもそれが魅力だと感じてもらえる場面もたくさんあります。
しかし、新人とは言えプロとしてやるべきことはやっておくべきでしょう。
レースクイーンといえば、レーシングカーの横に立ってポーズを取り写真の撮影をします。
単純に感じるかもしれませんが、姿勢やポージングの基礎ができていなければ上手くいきません。
ファッション誌のモデルやグラビアアイドルとはまた違うので、キャンギャルやレースクイーンの専門誌やDVDなどを見てポージングの研究をしましょう。
レースクイーン業界では、特別なレッスンを受けずに現場で仕事を覚えていくことがたくさんあります。
何も教わっていない状態でたくさんのファンの前に立って撮影することも珍しくありません。
ファンの前に立つ時間は、顔を覚えてもらうチャンスです。
そのチャンスを無駄にしないように、自分の魅力が伝わる表情やポージングをたくさん練習をしておきましょう。
また、オーディションを受けるチームや参戦するレース、スポンサーについての勉強しておくことも大切です。
レースクイーンはチームの一員です。
チームが使用している車、参戦するレースのルール、スポンサーが取り扱っている商品など基本的なことは事前に勉強しておくことをおすすめします。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6