hand-1030563_960_720

映画エキストラ情報|俳優への階段を昇るための3つのポイント

2016.04.25 / 俳優

一度くらい映画やドラマに出たいと思ったことはないだろうか。

あの芸能人を間近で見てみたい。
あの俳優と共演したい。

そこで登場するのがテレビや映画では必ず出てくるエキストラ。

ここでは、エキストラの仕事の内容から、お給料はどうなっているかまで詳しく解説していく。

20160416_CTA_2

1.  エキストラとは

映画 エキストラ

そもそも、エキストラはどのような仕事をしているのだろうか。

ここでは、エキストラとは何かについて詳しく説明していく。

1-1. 仕事内容

映画やドラマなどで通行人やレストランの客、群衆などメインの俳優が演技する後ろで脇役として出演ししている。

俳優が演技している後ろで映るのが仕事なので、どんなシーンなのかを理解して作品の空気に合うようにそこにいなくてはならない

撮影現場には、エキストラをまとめ指示をしてくれる人が必ずいるので、その人の指示に従っていれば問題はない。

そして、エキストラのほとんどはセリフがない。

セリフがある場合は、監督やその補佐から「このタイミングで動いてください」というように指示が出るので、その指示に従うことがエキストラの仕事といえる。

エキストラは、作品の空気を作っていくうえで大事な存在だ。

エキストラにも優越があります。

まれにエキストラでも台詞があることがありますが、その場合は芸能事務所所属の役者がその役をやることがほとんどです。

エキストラでも台詞を話したいという方はまずは芸能事務所に所属することを考えてみてください。

1-2. 拘束時間

拘束時間は作品によって変わってくるので一概には言えないが、機材トラブルや天候などの影響により撮影が押すことも考えられるので、5時間以上は見積もっておいた方がいい。

長い撮影になると拘束時間が半日以上というようなものもあるが、そのほとんどが待ち時間になる。

撮影のスケジュールは立てられているが、監督の演出次第でいつエキストラが必要になってくるかわからないので、一番スケジュールが抑えやすいエキストラは自然と拘束時間も長くなってしまう。

POINT

外での撮影になるとエキストラはきちんとした楽屋が用意されていることはほとんどない。

根気と体力がなければ長い拘束時間に耐えることはとても大変になってきますので、エキストラをやりたい気持ちをもって撮影に挑むようにしよう。 

1-3. お給料

エキストラのお給料はいくらくらいなのだろうか?

一言でエキストラといっても大きく二つに分けることが出来るので、それを詳しくご紹介していく。

①報酬のあるエキストラ

一般的に一つの案件につき、1000円~5000円くらいと考えておいてほしい。

現地集合、現地解散の案件も多く、交通費が支給されないことが多い。

当日、現金手渡しの現場もあるが多くは派遣会社やエキストラ事務所を通しての仕事が多いので、月末にまとめて支払われることが一般的。

②ボランティアエキストラ

テレビ局が募集していることが多い。

放送中のドラマや話題になりそうな映画のエキストラであることがあることが多く、交通費も謝礼もでない完全ボランティアのエキストラ。

エキストラの給料は少ないことが多いが、ドラマに出られるということで報酬とは違うやりがいを感じてエキストラをやっていく人が多い。

1-4. エキストラメリット

ここでは、エキストラをやるメリットをご紹介する。

①有名な俳優や芸能人に会える

普段はテレビで見ているような方たちを間近で見ることが出来る。

憧れの俳優や芸能人の素の表情などを見ることが出来るかもしれない。

そして、役者を目指している人ならば一線で活躍する俳優の演技を目の前で見ることが出来るので、演技の勉強にもなる。

②ドラマや映画の舞台裏が見れる

どのようにドラマや映画が出来ているのかを経験できる。

座ってテレビを見ているだけではわからないスタッフたちの活躍が垣間見えるので貴重な体験ができること間違いなし。

③限定のグッズがもらえる

映画やドラマの限定グッズが謝礼としてもらえることがある。

記念品として部屋に飾ったりしてはいかがだろうか。

1-5. エキストラデメリット

ここでは前項のメリットとは逆の、デメリットをご紹介する。

①待ち時間が長い

拘束時間のところでもご説明したが、現場にいる時間のほとんどが待ち時間だ。

数秒の出番のために半日以上待つこともあるので、現場を楽しいと思える人でないと続けることは難しい。

②絶対に映れる保証はない

長く撮影に参加したからといって必ずスクリーンに映れるとは限らない。

拘束時間=スクリーンに映れる時間ではないことを覚えておかなければならない。

どうしてもスクリーンに映りたい人は、いつくかの現場に足を運んで、放送を毎回チェックするようにしよう。

2. エキストラで押さえておきたいポイント

エキストラとして出るためには、次の3つのポイントをおさえておく必要がある。

1.時間厳守
2.挨拶はしっかりと
3.服装

この3点さえ間違えなければ大丈夫だ。

2-1. 時間厳守

映画 エキストラ

どこの世界でも仕事となれば時間厳守は大事だが、芸能界は特に時間に厳しい世界。

時間を守らないとその人のために撮影が遅れることもある。

もし電車などが遅延するなど遅れることがわかったら、すぐに担当に連絡するようにしよう。

2-2. 挨拶はしっかりと

映画 エキストラ

挨拶は明るく大きな声で。

撮影の現場など芸事の世界では人によって寝る時間も起きる時間も全く違う。

深夜に起きて仕事をする人もいる。
そのためいつ何時、夜中であっても「おはようございます」と挨拶するのが業界における常識。

生活する時間が違う人たちが集まって一つの作品を作っているのでしっかりと挨拶からコミュニケーションを取ることが大事。

2-3. 服装

映画 エキストラ

エキストラの衣装は私物であることがほとんど。

どんな撮影で自分がどんな役柄で撮影に参加するのかを撮影前に必ず確認するようにしよう。

基本的に、先方からどんな服装で来てくださいと指示があるのでその通りの服装を持っていけば大丈夫。

3. エキストラになるためには

映画 エキストラ

ここでは、エキストラになる方法をご紹介する。

3-1. エキストラ募集のサイトから探す

一つ目はエキストラを募集しているサイトがあるのでそこから応募してみましょう。

東京「エキストラ」NOTES

東京エキストラ

撮影中の映画のエキストラを募集している。
登録の必要はなく、あなたが気になった作品に直接問い合わせをすることができる。

東京エキストラ

アプローズ

アプローズ

エキストラや番組観覧など、主にバラエティ番組への参加が多い。

有料のエキストラ登録することで、プロフィールなどを作成してくれる。

アプローズ

3-2.エキストラ事務所に入る

二つ目は、エキストラ事務所に所属すること。
ここでは、いくつかご紹介する。

古賀プロダクション

古賀プロダクション

実際に事務所へ行って簡単な面接を行うことで、登録完了となる。

簡単なプロフィールや連絡先などを登録すれば、その日からお仕事の案件が来ることに。

古賀プロダクション

エキストラ事務所Storm Rider

ストームライダー

主にドラマのエキストラを募集しています。

参加する場合は、登録説明会に参加が必須。

ストームライダー

エキストラ事務所クロキプロ

クロキプロ

都内の本社で簡単な面接を行い、登録完了となる。

有名映画などへエキストラを多く派遣している。

クロキプロ

4. まとめ

エキストラは、活躍している俳優を間近で見れるといういいことばかりではなく、拘束時間が長かったり報酬が少ないなどよくないこともありますが、間違いなくやりがいのある仕事。

自分が作品の一部としてその作品の空気を作っていくことを考えただけでもワクワクするだろう。

作品の一部として参加しているという自覚をもって楽しめることが、エキストラとして活躍できる一歩になります。

20160416_CTA_2