スマホを持つ女性

SNSで芸能界にスカウトされる方法は?実際にスカウトされた芸能人とは

2021.07.07 / エンタメ, 芸能人

SNSでのスカウトとは?

芸能界デビューのきっかけの一つとなる「スカウト」ですが、最近では街中でのスカウトに限らず、SNSからのスカウトも増えています。
SNSは利用者同士が交流できるサービスなので、芸能界デビューを目指す人にとっても、新人を発掘したい芸能関係者にとっても、とても便利ですよね。

中でも芸能界へのスカウトが多いのがInstagram、Twitter、TikTokなど、利用者が多いSNSです。
YouTubeなどの動画投稿サイトに動画を投稿していてスカウトされるパターンや、YouTuberとして知名度が上がったことをきっかけに、YouTuberとしてメディア出演して、芸能活動を始めるパターンも増えてきました。

SNSでは、DM機能など投稿者に直接メールを送る機能で、スカウトが行われる場合が多く、自分の顔を出したり、特技を披露している人には、芸能界からのスカウトが届くことがあるかもしれません。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6

SNSでスカウトされる方法

「芸能界からスカウトされたい」と考えている人には、街を出歩かなくてもチャンスがあるSNSは是非とも利用しておきたいですよね。
しかし、多くの人が活用しているSNSには、容姿が魅力的な人はもちろん、様々な特技をアピールしている人が溢れています。
その中で、スカウトを受ける方法について知っておきましょう。

自分の魅力を伝える工夫

モデルになりたい人であれば、スタイルやファッションなど自分の強みが伝わる写真をメインに投稿したり、アイドルを目指している人であれば、歌やダンスなどの動画を投稿するなど、SNSでプロモーションすることを意識しましょう。
自宅で撮影した写真や動画でいいので、様々なパフォーマンスを投稿してみましょう。

統一性のあるSNS

いろいろな人のSNSを見ていると、すごく魅力的な人ではあるものの、あまり個性を感じられない似たような写真をよく見かけます。
たくさんいる人の中から、スカウトをするために声をかけるとなると「こういう人です」と伝わるような、魅力的な自分らしさをアピールする必要があります。
たくさんの写真を投稿する中で、あまり統一性のない投稿をするよりも、何をアピールしたいのかが分かるように意識しましょう。

ハッシュタグを活用する

膨大な数のSNS投稿の中から、見つけてもらう手掛かりとして利用したいのがハッシュタグです。
芸能関係者もスカウト目的で、SNSを検索する時には、ハッシュタグを利用します。
「アイドルになりたい」「芸能人目指しています」など、スカウトマンが検索しそうなワードをハッシュタグに付けると、見つけてもらえる可能性が高くなります。

SNSでのスカウトの注意点は?

SNSでのスカウトに関するトラブルで最も多いのは、スカウト詐欺に関するトラブルです。
Instagramのフォロワーが多い人には、インスタグラマーへの勧誘やスカウトは頻繁に来るかもしれません。
その中でも、顔出しをしている10~20代の人には、芸能関係者からのスカウトが届くこともあります。
実際に優良な芸能事務所からスカウトがくることもありますが、中には詐欺目的でメッセージを送ってくる悪徳なものもあります。

多くの場合は、事務所の登録料やレッスン料をだまし取る詐欺的なスカウトか、アダルトビデオへの出演に勧誘するような内容になります。

もしも、SNSからスカウトが届いた場合は、会社名や住所、電話番号などを調べて、怪しい会社ではないのか確認しましょう。
また、実際に会ってもいないのに、お金を振り込んだり、写真や個人情報を送る事がないように気をつけなければいけません。

最近は、有名な芸能事務所のアカウントになりすまし、スカウトを行う悪徳な詐欺も多発しています。
相手は巧妙な手口を使って、騙しているかもしれないと、疑っておくことも大切です。

また、詐欺に限らず、小中学生の若い世代をターゲットに、芸能関係者を名乗る人物からSNSを通じて呼び出され、誘拐・監禁されるという恐ろしい事件も実際に起きているので、スカウトが来た時には必ず「保護者に相談する」と伝えましょう。

SNSでスカウトされやすい人とはどんな人?

SNSでは、実際に会ってスカウトをされるわけではないので、画面を通じて魅力を伝える必要がります。
また、世界中の人に発信できるので、海外からのスカウトを受けることもありますが、そうなると世界中の魅力的な人の中で、目立つ存在である必要がありますよね。
実際に、SNSでスカウトされやすい人はどんな人なのか見てみましょう。

特別な魅力・才能がある

何か突出した才能がある人は、スカウトされる可能性も高くなります。
ダンスの動画をSNSに投稿している人は多く、その中でもそれなりに上手い人も数えきれないほどいます。
「レベルが違う」と動画で伝わる程のレベルであれば、スカウトマンの目にも留まります。
特別な才能を持っている人は、それをアピールするとSNSでスカウトされる可能性は高くなります。

フォロワーが多い

スカウトをする時に、その人の魅力を判断する要素の一つとして、フォロワーの数があります。
フォロワーが多いということは、人を惹きつける魅力があるということなので、芸能人として活躍する場合でも、すでにファンが付いていると言うのは有利です。
SNS投稿する場合は、フォロワーを増やすことも意識しておきたいですね。

写真を加工していない

最近のSNSでは、エフェクト機能などの加工が当たり前のように使われています。
スカウトマンから見れば、加工された写真では、その人の本来の姿が分かりづらいので、スカウトに繋がりません。
時々使う程度であれば問題ありませんが、常に加工した写真を投稿していると、スカウトされるチャンスが少なくなると考えておきましょう。

SNSをきっかけにスカウトされた芸能人

すでに活躍している芸能人の中でも、SNSをきっかけにデビューした人がいます。
中でも注目の芸能人を紹介していきます。

母親が、当時小学生だった翔さんの写真をInstagramに投稿しており、その写真が「とんでもない美少年」と話題になり、母親のアカウントには10万人以上のフォロワーがいました。
その噂は芸能界にも広がり、テレビ番組で女優の桐谷美玲さんも翔さんのInstagramを見ていると紹介するほどに。
その後、10社以上の芸能事務所からスカウトされ、モデル・俳優として活躍しています。

山之内すず

兵庫県出身の山之内すずさんは、関西でサロンモデルの仕事をした写真をInstagramに投稿し、その写真を見たモデル事務所のスタッフにスカウトされています。
芸能活動開始後は、TikTokで人気が上がり、フォロワーが16万人を超え、中高生のカリスマとして人気を得ます。
現在は、バラエティ番組やCMなど、メディアで大活躍しています。

景井ひな

友達から勧められてTikTokの投稿を開始し、10日後にはフォロワーが10万人を突破したしたという景井ひなさん。
そえから1年が経った頃には、160万人以上のフォロワーがおり、芸能事務所からスカウトされます。
現在はTikTokクリエイターの他、タレントとしても活躍しています。

日本でも人気の高いK-POPでも、MOMOLANDの元メンバーで、現在は女優として活躍するヨヌさんはSNSでスカウトされてデビューしていますし、TWICEのモモさんもYouTubeにダンスの動画を投稿していたことがきっかけで、現在の所属事務所にスカウトされています。
今後は、ますますSNSでのスカウトがきっかけとなるスターが誕生しそうですね。

芸能事務所のスカウトで騙されないためにチェックするべき10項目

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6