芸能人 オーディション

芸能人になるためのオーディションに関する全解説

「芸能人になりたい!」
「オーディションを受けてみたいけど、どんなオーディションがあるの?」

いろいろと調べたけど、どうすればいいか分からなくて悩んでいませんか?

ここでは、芸能人になるためのオーディションについてご紹介します。

オーディションの種類から合格するためのコツまで、詳しくご紹介するので是非参考にしてみてくださいね。

20160416_CTA_2

1. 芸能人になるには?

芸能人になるためにどうしたら良いのでしょうか?

芸能人といっても俳優女優タレントモデル歌手などいくつか種類があります。

ここではまず、芸能人とはどういう人たちのことで、その芸能人になるためにはどうすれば良いのかをご紹介していきます。

1-1. そもそも芸能人とは?

filmproduction-485518_960_720

「芸能人」と呼ばれる人たちは、テレビや映画、音楽シーンで活躍し人気を得ている人達のことを指します。

ラジオや雑誌、ネット上で人気を博する人たちも芸能人と認識されています。

1-2. 芸能人になるためには?

皆が憧れるような脚光を浴びる存在の芸能人になるためにはどうしたらよいのでしょうか。

いくつか方法はありますが、ここでは一般的な流れとして代表されるオーディションのシンプルな流れをご紹介します。

オーディションの流れ

① オーディションを受ける
   ↓
② 芸能事務所に入る
   ↓
③ 仕事をもらって活躍する

というのがオーディションで芸能人になる流れです。

普段テレビで見ている芸能人の多くも、スカウトだけでなくオーディションを受け自分の手で夢を掴んでいる方が多くいます。

オーディションを受ける前はどんな芸能人も皆さんと同じ、悩みを持った普通の人や学生さんだったのです。

POINT

まずは、オーディションを受けよう!

2. 芸能人なるために必要なオーディションとは?

ここでは、芸能人になるためのオーディションについて詳しく紹介していきます。

2-1. どんなオーディションがあるのか

13746109755_5fe23d225f_b

ではオーディションとはいったいどういうものなのでしょうか?

オーディションといっても以下のように、主に6種類のオーディションがあります。

オーディションの種類

①芸能事務所オーディション
②グランプリオーディション
③ユニット企画オーディション
④番組オーディション
⑤雑誌オーディション
⑥スクールオーディション

順にご説明します。

①芸能事務所オーディション
各芸能事務所が所属者を募集しているオーディション

②グランプリオーディション
コンテスト形式でグランプリを決める大型のオーディション

③ユニット企画オーディション
アーティストやアイドルなどのグループ新メンバーを募集しているオーディション

④番組オーディション
番組の企画の中で出演者を募集しているオーディション

⑤雑誌オーディション
ファッション雑誌などに掲載されるモデルを募集しているオーディション

⑥スクールオーディション
育成や養成機関で芸能活動をするためのスキルを学ぶ学校が募集しているオーディション

このように、事務所に所属するためのオーディションから、お仕事を掴むオーディションまで多くの種類のオーディションがあります。

2-2. オーディションの流れ

俳優事務所

受けたいオーディションが決まれば実際に何をするかを紹介していきます。

オーディションによって多少異なります。

オーディションの流れ

① 履歴書(エントリーシート)を出して応募
  ↓
② 書類選考
  ↓
③ 面接や実技審査
  ↓
④ 合格発表

といった流れなります。
順にご説明します。

①履歴書(エントリーシート)を出して応募

「オーディション用履歴書」を使用して、志望動機や自己PRなどを書き込みます。

履歴書の自己PRに関しては別記事の、
審査員を魅了する履歴書の自己PRを書くための3つの手順
で詳しくご紹介します。

②書類選考

送った履歴書を審査員が選考します。「この人に面接で会ってみたい!」
と思わせられれば勝ちです。

③面接や実技審査

書類選考に合格したら、実際に審査員との面接です。ここでは、自分の特技などを思いきり発表します。

合格しやすくなるコツは、2点あります。

・審査員の印象に残る
・他の受験者と差をつける

オーディションの自己PRに関しては、
オーディションに合格する自己PR作り3つのポイント
という別記事に詳しく書いてありますので、参考にしてください。

④合格発表

だいたいオーディションから2週間以内に合格発表があります。合格した場合は、素直に喜んでください。

残念ながら不合格だった場合は、次のオーディションに向けて今すぐ準備を始めましょう!

最近ではネットからの応募も多く、地方でもオーディションの予選をやったりします。

本選や最終選考などは東京であることが多いので、受かった場合のスケジュールなどもしっかりと把握しておきましょう。

 3-3. おすすめの芸能事務所ランキング

1位 テアトルアカデミー

theatre3

鈴木福くんや小林星蘭ちゃんが所属する、言わずと知れた大手芸能事務所。

テレビ局などの業界と強力なパイプがあるため、最短3ヶ月でデビューも可能。

即戦力を育てるための充実したレッスンなど伝統と実績のある事務所なので、ぜひオススメしたい事務所です。

気づいたら台本に自分の名前が!

他の人と違うことがやりたくて、テアトルアカデミーのオーディションを受けたんです。

そしたら合格してしまって、気づいたら事務所に入って3ヶ月でドラマに出演することに。

台本に自分の名前が載っていて、「あの日、オーディションを受けてよかった」と思いました。

脇知弘(ごくせん、必殺仕事人、真田丸など多数出演)

・実践的なレッスン
・業界との強力なつながり

…といった強みで、全面的にバックアップしてくれる事務所です。

テアトルアカデミー

所属タレント
鈴木福、小林星蘭、谷花音、脇知弘 他多数

出演実績
「真田丸」「相棒」「下町ロケット」
「ちはやふる」「信長協奏曲」「僕だけがいない街」他多数

オーディション情報
・随時無料オーディション実施中
・最短3ヶ月でデビュー可能
・何度でも受験可能
・強力なバックアップ

テアトルアカデミー

2位 スターダストプロモーション

芸能事務所 オーディション

引用:http://www.stardust.co.jp/

山田孝之や本田翼など旬な俳優や女優、アーティストが多数所属する大手芸能プロダクション。

全国的にオーディションを開催し、積極的に新人を発掘、育成している。
本格的に俳優や女優になりたい方にオススメ。

スターダスト

所属タレント
山田孝之、本田翼 他多数

出演実績
「小さな巨人」「雪女」「女の勲章」他多数

オーディション情報
・6〜25歳まで応募可能
・直接応募はNG

スターダスト

3位 ホリプロ

芸能事務所 オーディション

引用:http://www.horipro.co.jp/

ホリプロスカウトキャラバンなどのオーディションから、スターになり得る人材を発掘している。

映画やドラマ、バラエティやお笑い、舞台制作など様々な事業を複合的にマネジメントしている総合エンターテインメントプロダクション。

石原さとみや綾瀬はるかなど芸能界には欠かせない人材を常に輩出し続けています。

俳優一本ではなく、タレントとして様々なことにチャレンジしたい方におすすめです。

ホリプロ

所属タレント
石原さとみ、綾瀬はるか 他多数

出演実績
「炎の経営者」「リバース」他多数

オーディション情報
・年に1度オーディション開催

ホリプロ

3. オーディションを受けるためには

3-1. 今、あなたに出来ること

CM オーディション

まずは今芸能人になりたいあなたに出来ることは、受けたいと思えるオーディションを探すことです

そして、受けたいオーディションが決まったら子の順番で準備を進めましょう。

①写真の準備
②履歴書を書く
③自己PRを作る
④実技の練習
⑤面接対策

履歴書を通して魅力的だと思ってもらえる自分を表現しましょう。

3-2. 履歴書の書き方

オーディションを受ける上で必ず必要となってくるのが履歴書です。

履歴書に書く内容は主に4つあります。

①プロフィール写真(全身写真、バストアップ)
②自己PR
③趣味、特技
④好きな○○

順にご説明します。

①プロフィール写真(全身写真、バストアップ)
髪型、服装、表情、姿勢、服装など、自分では気が付かない細かいところも注意してみましょう。

②自己PR
マイナスな表現は避け、良い自分をしっかりと文字で伝える。
志望動機ではなく自分の強みを全面に出すと良いでしょう。

③趣味、特技
それらを通して自分のこれまでの人間性や姿勢がわかるもの。

④好きな○○
映画、本、番組、タレント、音楽などが入ります。
ただ好きではなくちゃんとその魅力を伝えられて、さらに自分の価値観を知ってもらえるもの。

どの項目もなるべくありきたりなものにならないように、オーディションを受ける前から意識して理想の自分に近づけるように磨いておきましょう。

履歴書の自己PRの作り方については、
審査員を魅了する履歴書の自己PRを書くための3つの手順
で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

3-3. 芸能人オーディションに合格するためのポイント

映画 エキストラ

それでは実際にオーディションを受ける際に必要となる知識をまとめてみましょう。

個性だけが必要ではなく、きちんとした社会でのマナーや礼儀が出来るかどうかも見られているので注目してください。

・実技での注意点

演技や歌、ウォーキングなどのスキルを見られる審査では無理に難しいことをやろうとせず、自分の一番自信の持てることを精一杯やりましょう。

さらに実技では自己PRをすることがあります。
こちらはあなたの人柄として魅力を見られているので自分らしい自己PRを考えておきましょう。

・質疑応答

当日は実技だけでなくあなたという人がどんな人なのかが1日通して見られます。

そのまま面接や面談になることも多いので、何を聞かれてもしっかりと自分の意見を話せるように準備や対策をしっかりやって臨みましょう。

「どんな○○になりたいですか?」
「なぜ○○になりたと思ったのですか?」

などと一見簡単なようですが、話し方や緊張感によって頭がいっぱいになることも想定し、何が起きてもいいようにしっかりと準備した上で自分をしっかりとアピール出来るように心がけましょう。

・礼儀やマナーは当然

会場に着く前からオーディションは始まっているという意識を持ち、マナーやモラルを持って行動しましょう。

会場に着いたら特に大事なのは挨拶です。

オーディションではお辞儀も意識し目線もはっきりと相手を見るだけで印象はがらりと変わります。

実技が終わって帰る際の挨拶も丁寧にしましょう。

POINT

芸能人になるための近道はオーディションを受けることから始まります。

しかし、まず芸能事務所に所属することが必ずしも近道ではありません。

自分の憧れの存在についてよく調べ、一番理想の形でデビュー出来る道を探してみましょう。

3-4. オーディションに関するQ&A

ここでは、オーディションに関するよくある質問をQ&A形式でご紹介します。

Q:だれが受けられるの?

A:募集要項にある年齢や性別などが主な制限です。

あとは役柄や求めている人物像に合えば誰でも応募可能です。

Q:どうやって受けるの?

A:オーディション情報は各オーディションを主催している会社のWEBサイトやオーディション情報をまとめたサイトからのネット応募、さらにオーディション雑誌からの応募があります。

Q:いつ受けられるの?

A:1年を通してオーディションはたくさん開催されています。
開催時期に合わせて数か月前から募集していることが多いです。

映画や長期プロジェクトのオーディションによっては半年や1年がかりのものもあります。

Q:いくらかかるの?

A:参加料金がかかるオーディションも時にはありますが、お金がかからないオーディションがほとんどです。

Q:どこで受けられるの?

A:やはり東京が圧倒的に多いです。

ですが予選などがあるオーディションの場合は大阪、名古屋、福岡など各地方の主要都市で行われることもあります。

Q:どのくらいの人数が受けるの?

A:開催規模によっては数万人規模のものもあれば数十人というのも実在します。

このように年間通して誰でも受けることが出来ます。

4. 芸能人に求められること

映画 エキストラ

多くの応募者の中から選ばれる人になるためには、3つの能力が必要です。

①実力(スキル)
②コミュニケーション力
③自己プロデュース力

順にご説明します。

①実力(スキル)

何といっても実力!
演技力、歌唱力、トーク力など、テレビで活躍するにはまずは実力が何より大事になります。

②コミュニケーション力

さらに人との関わりや自分をより良く知ってもらうためには、コミュニケーション力が必要です。

③自己プロデュース力

自分の特性を良く知り、自分には何が合うか、そしてスタイル維持や体調管理に至るまで自分のやるべきこと、自分の活かし方を理解する能力が必要です。

他にも挙げだすとキリがないくらいですが、どれも共通するのは人間としてのあなたの魅力が何より求められていると思ってください。

人に好意を持ってもらうことを仕事にする上で欠かせないことです。

5. まとめ

芸能人になるにはオーディションを受けることから始まります。

様々なオーディションがあることを知り、どのオーディションに受けることがベストなのか考えるきっかけにしてみてください。

もし一回でダメでも、何度でも挑戦する気持ちを忘れずに!!

20160416_CTA_2