オーディション 自己PR

オーディションに合格する自己PR作り3つのポイント

オーディションの自己PRって何を話したらいいか分からないですよね?

「自己PRって具体的に何を発表したらいいの?」
「上手く自分のアピールしたいことがまとめられない」

そんなこと思っていませんか?

自己PRとは、あなた自身の魅力をアピールしなければなりません。

自己PRの発表の仕方や審査員に与える印象などによって、オーディションの合否を左右します。

ここでは、あなたがオーディションに合格するために、オーディションにおける自己PRを丁寧にご紹介していきます。

20160416_CTA_2

1.そもそも自己PRとは?

芸能人 オーディション

まず、自己PRとは「性格や長所、趣味や特技など自分のよいところ(強み)を業界にアピールする(売り込む)こと」です。

つまり、あなたがどんな人なのか、あなたの人となりを知ってもらうということが重要です。

特にオーディションでは外見だけではなく、内面的な価値を高く評価しますので、自分のよい部分を100%しっかりと言葉で相手に伝えなければなりません。

自己PRの種類

①履歴書に書く自己PR
②オーディションで発表する自己PR

といった2種類があります。

履歴書に書く自己PRに関しては、
自己PRの書き方|書き方一つで合格をグッと近づける3の方法
を参考にして下さい。

この記事では、オーディションで発表する自己PRをご紹介していきます。

2種類の自己PRの違いは、発表する内容の濃さです。

POINT

履歴書には簡潔に要点のみを書き、オーディションでは履歴書の内容をあなたの言葉でより深い内容まで審査員に発表します。

次項からは、発表する自己PRの作り方や発表する際の注意点などをご紹介していきます。

2.オーディションにおける自己PR

2-1.自己PRの作り方

CM オーディション

では、自己PRはどのようにして作り、発表すればよいのでしょうか?

ここでは、具体的な作り方や実例などをご紹介します。

まず、自己PRはあなたらしさを全面に出さなければならないので、他の人と同じような内容を発表してもあまり審査員の印象に残りません。

審査員の印象に残るように他の人と差をつけるには、5つのポイントがあります。

自己PRの5つのポイント

①意外性でアピールする
②趣味を絞り込んで書く
③ありきたりな趣味や特技を「特別」にする
④簡潔にアピールする
⑤その人の人となりを想像させる特技

といった方法があります。
この5つの方法から具体的に考えていきましょう。

①意外性でアピールする

例えば、女の子の特技が「料理」だとしたら、特に珍しくもありません。
ですが男の子が「料理」と言えば、これは大きなアピールになります。

あなたのイメージ通りの印象ではなく、履歴書では表現できなかった意外な一面をアピールしましょう。

【実例】
「趣味は自炊です。僕は健康を保つために3食自炊しています。
自炊するのでお金が浮きます。その浮いたお金で僕は映画を観ています」

②趣味を絞り込む

しかし、「料理」だけでは得意料理が何なのかはっきりしません。
そこで、もっと絞り込んで審査員に興味を持ってもらえるようにします。

【実例】
「僕の特技はオムレツです。
しかし、単なるオムレツではなく食べたら笑顔になるオムレツです」

③ありきたりな趣味や特技を「特別」にする

例えば、特技が「笑顔」だけでは効果がありません。
実は言い方一つで特技はそんなに苦労せずに増やせます。

身近なものも言い方一つで相手の印象が変わるということを覚えておきましょう。

【実例】
「めちゃめちゃ落ち込んでいる人がいるとします。
その人が私を見たら『よし、頑張ろう!』となるくらいの笑顔を出せます」

④簡潔にアピールする

多くのことを伝えようとして「僕はなんでもできます!」とやる気だけ見せても、個性がなくなってしまい、逆に伝わりにくくなってしまいます。

そこで、自分の一番のアピールポイントを最も簡潔に発表する仕方を考えましょう。

【実例】
「僕はモノマネ、特に『鳥のモノマネ』が得意で、レパートリーは100種類あります」

⑤その人の人となりを想像させる特技

乗馬やお茶、陶芸の師範にならなくては特技として発表できないわけではありません。

ただの趣味でも言い方一つで魅力的な特技に聞こえます。
その人の人となりが想像できて、審査員に興味を持ってもらえるものを考えましょう。

【実例】
「私の趣味は掃除です。
私は授業に入る前に必ず一番に来て、床や鏡を掃除し、これを3年間続けました」

次項では、審査員の目線から自己PRの作り方やまとめ方を見ていきます。

2-2.オーディションで審査員が注目するポイント

CM オーディション

ここでは、前項で考えたもの土台として、具体的に発表できる形にまでしていきます。

その際に、審査員側が自己PRでどこを見るかを知っておくことで印象に残りやすい自己PRができるようになります。

では、審査員が自己PRに求めていることは3つあります。

自己PRに求められるポイント

①活躍するための能力を持っているかどうか知りたい
②アピールの根拠になる経験を知りたい
③その人自身の人となりを知りたい

といった3つの点を主に知りたがっています。詳しく見ていきましょう。

①活躍するための能力を持っているかどうか知りたい

芸能界で活躍するには、能力が必要です。
たとえば、ドラマや舞台、バラエティなど様々な事業に展開している芸能事務所では「チャレンジ精神が旺盛か」が重要なキーワードです。

このように、芸能事務所ごとに活躍するために必要な能力は異なりますので、審査員はあなたの能力はその芸能事務所の求めていることに合致するかを知りたがっています

審査員は、自己PRを聞き、その能力を持っているかどうかを判断しています。

②アピールの根拠になる経験を知りたい

ただ、「〜が得意です」と長所をいうだけでは信じられません。

審査員は、「〜という長所がある」というアピールの根拠となっている経験・エピソードをこの質問を通して把握しようとしています。

その経験で得たスキルを具体的にどんな形で今に生かしているかも審査員は見てきます。

③あなた自身の人となりを知りたい

そして、最も重要なことがあなた自身を知ることです。

審査員は自己PRを通して、あなたという人間を知りたいと思っています。

ですから、あなたがどんな人なのか一番理解できる事柄を自己PRに盛り込みましょう。

以上のように、まず事務所が求めている能力を分析しましょう。

たとえば、ドラマの主演女優が多く在籍する芸能事務所のオーディションを受ける際に、「モノマネが得意です」や「歌唱力に自信があります」などの自己PRはあまり意味がありません。

このように、合格に近づく自己PRは芸能事務所が求めている能力を理解することから始まります。

2-3.自己PRの構成を考える上で重要なポイント

履歴書自己PR

次に、自己PRの構成についてご紹介します。
単純に「〜が得意です」だけではなく、なぜそれが得意なのか具体的に説明する必要があります。

そのために構成が必要なのです。

自己PRを上手く伝える構成

①主張 → 根拠 → 具体例の順で伝える
②具体的に話す
③未来への視点を話す

といった3点です。
詳しく見ていきましょう。

①主張→根拠→具体例の順で伝える

A.主張
まず、結論として「私は〜が得意です」や「私には〜があります」と自分の能力・アピールポイントを端的に伝えます。

B.根拠
次に根拠を伝えます。たとえば「その力を最も発揮したのは、学生時代の〜という活動です。」と、アピールの根拠を伝えましょう。

C.具体例
最後に、根拠で話したことを具体例を用いて詳しく話しましょう。あなたの能力が、その場でどんな風に活かされて、どんな結果に貢献したのかを話して下さい。

②具体的に話す

前述した通り、能力の根拠となる経験は具体的に話す必要があります。

根拠となる経験を話す際には、相手にもわかるように伝えて下さい。

例えば「苦労したが、成功した」だけでは知らない相手には何も伝わりません。
具体的に話すには、

・特に、〜という課題に取り組んだ
・課題を解決するためには、〜が必要だと考えた
・そこで、〜という解決策を実行した
・その結果、〜という成果が出た

という順序で語ると、エピソードがわかりやすく伝わります。

③未来への視点を話す

あなたのアピールする能力は「芸能事務所で役に立つ」必要があります。

事務所で役に立つ能力を持っていると思わせるためには、未来への視点を話しましょう。

例えば、「僕の将来の目標は○○です。そのため、いま僕は〜をやっていて、それは自分の将来の目標のために必要だと考えているからです」など、自分の現在と未来をつなげて話しましょう。

以上のように、プロダクション側の求める人材像や方向性、特色などと合致し、「将来的に一緒に仕事をしたい!」と感じてもらえればベストです。

ただし、プロダクションにより、それらが異なるので、情報をできるだけ収集したうえで、何パターンもPRを作ってみることが大切です。

3.あなたの自己PRは大丈夫?自己PRチェックリスト

coins-948603_960_720

3-1.作った自己PRをチェック!

前項まででほとんど自己PRが完成したことと思います。

最後に、あなたが作った自己PRが審査員に良くない印象を与えていないかチェックリストで確認します。

下のチェックリストとあなたの自己PR文を照らし合わせて完璧なものを作って下さい。

・ネガティブな表現を使っていないか?
→「人前が苦手」や「誰かを見返してやりたい」などのマイナスなイメージの言葉は、たとえそれが本心でもやめましょう。

それよりももっとポジティブな印象を審査員に与えられるように書き換えて下さい。

・抽象的な言葉「○○的」や「○○性」を使っていないか?
→「積極的」や「協調性」などの言葉は、審査員によって認識にズレがあるので、自分のことを100%性格に伝えるには向いていません。

それよりもより具体的な言葉に書き換えて下さい。

・例え話が安易になっていないか?
→「私は納豆のように粘り強い人間です」など一見斬新な言い回しのようですが、過去に何度もオーディションを実施してきた審査員は聞き飽きています。

例え話をするときは、自分にしか表現できない言葉で言い換えましょう。

・自己PRに用いる題材は、主体的な物事か?
→「私は学生時代○○部に所属していて・・・」など、所属しているだけでは自分の行動ではありません。

自己PRに用いる題材は、自分が主体的に行動した事柄に限定しましょう。

・結果より過程をアピールしましょう
→「○○大会で優勝しました」だけでは審査員の印象に残りません。

その大会で優勝するまでに、あなたが学んだ経験や過程が重要なのであって、結果はあまり重要ではありません。

・密度(期間)の薄い経験
→「2日間の○○体験を通して・・・」などの短い期間での体験は、審査員が「本当にこの体験で何かを学んだのか?」と疑問に思ってしまいます。

あなたの人生を劇的に変える体験ならばそれでもいいですが、なるべく密度(期間)の薄い経験は避けた方がいいです。

・「コミュニケーション能力」「向上心」「積極的」はあって当たり前
→これらの言葉を自己PRで発表する方がいますが、そもそもあって当たり前の能力です。

厳しいことを言うようですが、特にタレントは「向上心」がないのに売れるはずがありません。

「当たり前でしょ」と審査員がつっこみそうな言葉は避けましょう。

・人との違いが評価しづらい言葉は避けましょう
→いろいろ、さまざま、たくさんなどの言葉は、「実際どれくらいか」が分かりません。

具体的な数字や明確な結果などを書きましょう。

・丁寧すぎる日本語で変な印象を与えていないか?
→暗記と思われないように、あなたの言葉で話しましょう

・実際に発表することを想定して考えよう!
→オーディション本番で、審査員に向かって発表することを想定して考えましょう。

アピールしたいことがあまり長くなってはいけません。

多めにみて2分以内におさまるように調整しましょう。

以上の点に注意していただければ、あなたの自己PRはさらに磨きがかかりもっとよくなります。

3-2.それでも自己PRに自信がない方は

ここまで自己PRに関していろいろとご紹介してきました。
しかし、今ひとつ自分の長所が見出せない方もいらっしゃると思います。

そんな人は、大手の芸能事務所に所属して自分を磨いてみるのも一つの手かもしれません。

ここでは、個性や長所を引き出すレッスンで定評のある3つの事務所をご紹介します。

1. テアトルアカデミー

俳優 養成所

鈴木福くんや小林星蘭ちゃんが所属する、言わずと知れた大手芸能事務所。

テレビ局などの業界と強力なパイプがあるため、最短3ヶ月でデビューも可能。

即戦力を育てるための充実したレッスンなど伝統と実績のある事務所なので、ぜひオススメしたい事務所です。

気づいたら台本に自分の名前が!

他の人と違うことがやりたくて、テアトルアカデミーのオーディションを受けたんです。

そしたら合格してしまって、気づいたら事務所に入って3ヶ月でドラマに出演することに。

台本に自分の名前が載っていて、「あの日、オーディションを受けてよかった」と思いました。

脇知弘(ごくせん、必殺仕事人、真田丸など多数出演)

・実践的なレッスン
・業界との強力なつながり

…といった強みで、全面的にバックアップしてくれる事務所です。

テアトルアカデミー

所属タレント
鈴木福、小林星蘭、谷花音、脇知弘 他多数

出演実績
「真田丸」「相棒」「下町ロケット」
「ちはやふる」「信長協奏曲」「僕だけがいない街」他多数

オーディション情報
・随時無料オーディション実施中
・最短3ヶ月でデビュー可能
・何度でも受験可能
・強力なバックアップ

テアトルアカデミー

スターダストプロモーション

芸能事務所 オーディション

引用:http://www.stardust.co.jp/

山田孝之や本田翼など旬な俳優や女優、アーティストが多数所属する大手芸能プロダクション。

全国的にオーディションを開催し、積極的に新人を発掘、育成している。
本格的に俳優や女優になりたい方にオススメ。

スターダスト

所属タレント
山田孝之、本田翼 他多数

出演実績
「小さな巨人」「雪女」「女の勲章」他多数

オーディション情報
・6〜25歳まで応募可能
・直接応募はNG

スターダスト

ホリプロ

芸能事務所 オーディション

引用:http://www.horipro.co.jp/

ホリプロスカウトキャラバンなどのオーディションから、スターになり得る人材を発掘している。

映画やドラマ、バラエティやお笑い、舞台制作など様々な事業を複合的にマネジメントしている総合エンターテインメントプロダクション。

石原さとみや綾瀬はるかなど芸能界には欠かせない人材を常に輩出し続けています。

俳優一本ではなく、タレントとして様々なことにチャレンジしたい方におすすめです。

ホリプロ

所属タレント
石原さとみ、綾瀬はるか 他多数

出演実績
「炎の経営者」「リバース」他多数

オーディション情報
・年に1度オーディション開催

ホリプロ

2-4.よくある質問Q&A

履歴書 自己PR

ここまで、自己PRの具体的な作り方を見てきました。

しかし、まだいまいち全体像が掴めていない方もいらっしゃると思います。

ここでは、そんな方のためによくある質問をQ&A方式でご紹介し、少しでも疑問を解消していきます。

Q:オーディションで自己PRを失敗したり、忘れてしまったら?

A:ミスや失敗したあとの対応を見られてます。
ミスは人間なら誰でもしますし、緊張によって上手く出来ないことも審査員は理解しています。

失敗してひどく落ち込んだり取り乱したりせず、落ち着いて対応しましょう。

Q:どれだけ考えても、自己PRで発表できるほどの趣味や特技がない

A:前述の「2-1.自己PRの具体的な作り方やまとめ方、実例」でもご紹介した通り、それだけが自己PRのもとになるわけではありません。

自分の好きなことや今まで体験したこと、夢に向かって努力していることなど自分の身近な題材からいくらでも考えられるはずです。

「自慢できる趣味や特技はないが、僕はこんな人なんだ!」と審査員にアピールしましょう。

Q:書きたいことが多すぎて、まとまりません!

A:アピールしたいことがたくさんあることはいいことですが、必ず一つに絞りましょう。

そして、あなたがどんな人間なのかが分かる具体的なエピソードとともに審査員に紹介しましょう。

Q:履歴書に書いた自己PRと、オーディションで発表する自己PRはほとんど同じ内容でもいいの?

A:題材は同じでも構いません。
しかし、オーディションで審査員に発表する自己PRは履歴書のものよりももっと内容を掘り下げて具体的に言う必要があります。

履歴書に書いたことの丸暗記ではなく、あなたの熱い思いをしっかりと審査員にぶつけましょう。

履歴書に書く自己PRに関しては、別記事の「審査員を魅了する履歴書の自己PRを書くための3つの手順」でご紹介しているので、参考にして下さい。

Q:「何でもできます」や「どんなことでも頑張ります」は、自己PRにならないの?

A:「何でもできます」ということは、ひとつのアピールではありますが、そう述べるだけでは審査員の印象に残りにくいです。

なぜなら、全てが行なえるということは、特定のジャンルでの専門性がないと判断されてしまうからです。

多くのオーディション応募者の中で審査員に興味を持ってもらうためには、あなたの抜きん出ている能力をアピールすることが大切です。

4.まとめ

いかがでしたか?
これであなたの自己PRはかなり合格に近づきました。

あとは本番で緊張せずに発表できるように、何度も練習を重ねて下さい。

また、再び別のオーディションを受けようと思った際には、この記事に戻ってきていただき、はじめから自己PRを作っていただきたいです。

あなた自身の魅力を発揮し、オーディションに合格するようにがんばりましょう!

20160416_CTA_2