jazmin-quaynor-_t9quy5aKkM-unsplash-min

30代で芸能界デビュー!オーディション合格へのコツ

デビューは、早ければ早いほどいい。
デビューは、10代のうちにすべきだ。

ちょっと前までは、こんな風に考えられていた時期もありました。
けれども、最近の芸能界では遅咲きの芸能人達がとても多いのです!

30代で芸能界デビューも、珍しくはないというわけですね

そこで今回は、30代で芸能界デビューをしたい人必見!「オーディション合格へのコツ」と題してお話をしていきます。

この記事は、こんな人におすすめ

・どうしても芸能界に入りたい
・30代デビューを目指している
・遅咲きデビューが目標である
・何が何でも芸能人になりたい

20160416_CTA_2

30代でデビューは十分あり得る

結論を先にお伝えしますが…30代で芸能界デビューは十分あり得ることです。なぜなら、30代は役の幅が広がり、役者やモデルとして十分需要があるからです。

30代は、一般的に考えて、長い人生の中でもさまざまな変化が訪れる年代でもあります。

仕事にバリバリと打ち込んでいる人もいれば、結婚や出産など人生のターニングポイントを迎える人もいる30代は、役の幅が広がり需要があるからこそ、デビューの可能性も十分にあると考えて良いでしょう。

ですから、30代で芸能界デビューを目標するのは、全く問題ありません。未練を残したまま過ごすのなら、30代を遅いと思わずに、遅咲きでもデビューを目指しましょう。

オーディション要項の年齢制限をチェックする

30代の新人にもデビューのチャンスがある一方で、やはり年齢制限は避けては通れません。オーディションの募集要項を見てみると、「0才~18歳まで」「35歳以下」などの年齢制限をほとんどの場合で見かけます。

芸能事務所としても、大事に育てた所属タレントや俳優が長きに渡って活躍するような存在になって欲しいと願うのは、ごく普通のことですよね。ですから、将来性のある10代・20代前半の新人を数多く抱えておきたいと思うのです。

でも、30代でのデビューを諦める必要は全くありません。あまり多くはありませんが、年齢制限を設けないで事務所所属のオーディションをしている事務所もあります。

実際に20代~30代でテレビデビューした人達は、こんな感じ↓

・タモリさん(テレビの初主演は30歳の時)
・沢村一樹さん(役者デビューは30歳手前。その前はモデル)
・壇蜜さん(28歳の時にゲームのオーディション)
・吉田羊さん(30代で映像の世界へ。その前は舞台中心)
・向井理さん(24才でデビュー。その前はバーテンダー)

いかがですか?名だたるメンバーが揃っていますよね。10代でデビューしなくても、現在テレビ業界で引っ張りだこの方々がたくさんいることが分かるでしょう。

30代デビュー!オーディション合格の5つのコツ

10代の頃ならオーディションだけではなく、スカウトというきっかけを通して芸能界デビューへの道も開けてきますが・・・30代でのスカウトはほとんどありません。

読者モデルやスタッフなど、何らかの形で芸能界に関わっていた人ならスカウトの可能性もありますが、会社員や主婦として芸能界とは関わりのない生活を送っていた場合は、スカウトの可能性はゼロに等しいでしょう。

自らを売り込む!オーディションでアピールをする!
これが、30代でオーディションを受けていくには、必要なことです。

早速、オーディション合格の5つのコツを確認していきましょう。

コツ1.これまでの人生に自信をもつ

10代と30代の大きな違いは、当たり前のことですが「生きてきた人生の長さ」です。芸能界を目指しているのに、なかなか芽が出ずに30代になってしまうと「どうせ自分は才能がなかったから・・・」と悲観的な考え方になってしまいがちです。

実際のオーディションでも「下積み時代ばかりが長くなってしまって、焦っています」などと、マイナス思考の人は少なくないそうです。でも、30代まで生きてきたからこそ、なかなかデビューまで至らなかったこそ、得たものはたくさんあるはずです。

とんとん拍子に物事が進み、華々しく10代でデビューをした人よりもきっと苦労が多い分、「いずれ芸能界で生きていく時に、必ず役立つ人間力をたくさん身に付けているのだ」とプラスに考えましょう。

「私は遅咲きかもしれません。でも、色んな事を経験して若手には負けない実力を見つけてきたつもりです」と、オーディションの審査員に堂々と伝えてくださいね。

コツ2.自分磨きを怠らない

30代で芸能界デビューを目指しているのなら、男性も女性も自分磨きを怠らないようにしましょう。これは、見た目だけではなく、中身の自分磨きという意味もあります。

30代以降は男女共に役の幅が広がっていくので、既婚者・結婚できない人・主婦・キャリアウーマン・シングルマザー・シングルファーザー・上司など、実生活では経験したことがない役柄が舞い込んでくるかもしれません。

いつどんな役が来てもいいように、見た目も磨きつつ、色んな分野に興味を持って内面も磨いていくことが大切なのです。

「薄っぺらい30代だな」と言われないように、さまざまな経験をして、考えを深めていきましょう。

コツ3.得意なことを明確にする

10代のうちは「色んな可能性を秘めた原石」などと言われ、事務所も「これから得意なことを一緒に見つけていこう」というスタンスをとっていきます。しかしながら30代以上の新人の場合、これから得意なことを見つけていく十分な時間はありません。

オーディションの時点で「私は○○が得意です」「○○の演技なら、誰にも負けない自信があります」とハッキリと伝えられるように、得意なことを明確にしておくべきでしょう。

審査員が「この人は、○○の分野で需要があるかもしれない」「この人は下積み時代の演技経験が活きているな」など、あなたが活躍する姿を想像できるようにアピールするのがポイントです。

遅咲きデビューを目指すのであれば、自分の強みは自覚しておきましょう。

コツ4.若手に負けないくらいのやる気を見せる

「何でも頑張ります!」という並々ならぬ気合いとやる気は、厳しい芸能界を生き抜く上ではとても大切な要素です。

しかしながら、少しずつ年齢を重ねながら山あり谷ありな人生を送っていくと、残念なことにアグレッシブさが無くなって、守りに徹してしまう人も中にはいます。よく言えば丸くなる、ですが、芸能界で生きていく以上、アグレッシブさはなくしてはいけません。

30代でも新人としてデビューを目指すのなら、新しいことにチャレンジするやる気や何事にも全力で取り組む積極性は、いつまでも前に押し出していく必要があります。

若手に負けないくらいのやる気を見せて、自分の魅力をアップさせて、オーディション合格を勝ち取りましょう。

コツ5.受かりそうなオーディションをリサーチ

正直なところ、がむしゃらに受けたところで、なかなか合格しないのが30代の新人オーディション。芸能事務所はたくさんありますが、30代以上のデビュー実績がある事務所や年齢制限なしでオーディションを受けられる事務所は限られています。

そこでオーディションを受ける前に、徹底的にこれまでのオーディションの結果や、事務所としての実績を調べましょう。リサ―チは、オーディションの大事な事前準備です。

以上が、30代から芸能界デビューを目指す人が知っておくべき「オーディション合格のコツ」です。

チャンスはありますが、正直なところ年齢の壁もあります。
5つのコツをしっかりと頭の中に入れて、オーディションを受けていきましょう。

まとめ。30代デビューを諦めない

今回は、30代でデビューしたい人必見!「オーディションに合格するコツ」をご紹介しました。
もう一度、おさらいしてみましょう。

1.これまでの人生に自信をもつ
2.自分磨きを怠らない
3.得意なことを明確にする
4.若手に負けないくらいのやる気を見せる
5.受かりそうなオーディションをリサーチ

30代だからといって芸能界デビューできないわけではなく、決して若くないからこその魅力や実績を強みとして合格を勝ち取りましょう。

ただし、年齢制限があるオーディションが多いので、どのオーディションを受けるのかは慎重に吟味することをおすすめします。

20160416_CTA_2