筋トレをする女性

芸能人の筋トレ事情とは?効果や方法を具体的に解説します

2020.05.19 / 芸能人

芸能人に筋トレが必要な理由

芸能人には筋トレをしている人が本当に多いですよね。
筋トレの方法は人それぞれですが、多かれ少なかれほとんどの芸能人が筋トレをしていると言っても過言ではないでしょう。
「筋肉芸能人」と言われるほど、本格的に筋トレをしている芸能人は、その筋肉が芸能界でのポジションにも繋がっていることはよく分かりますよね。

しかし、それ以外の芸能人もみんな筋トレをするのには訳があります。
体に美しい筋肉が付けば、姿勢が良くなり見た目も美しくなります。
例えばモデルの仕事をする場合にも、長時間綺麗な姿勢を保つために、筋肉を鍛えておく必要があります。
歌手の場合でも、良い声を出すためには体の筋力がとても重要です。
長時間のコンサートでもバテて声が出なくなるようなことが無いように、筋トレで体を鍛えておく必要があります。
役者でも同じで華奢な役を演じる場合は、目に見える筋肉は必要ありませんが、役者も体力勝負の仕事です。
筋トレで体に筋力をつけておくことは必要だと言えるでしょう。

このように芸能界の中でも、多くの分野で筋トレは必要なトレーニングとなっています。
特に男性アイドルや俳優は、テレビや雑誌で美しい筋肉を披露することを期待されていることも多く、見せるために筋肉をつけておく必要があるでしょう。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6

男性芸能人に多い筋トレ方法

男性芸能人が行っている筋トレ方法で、最も多いのはジムでのウエイトトレーニングでしょう。
芸能人が通うジムは、一流のパーソナルトレーナーが指導するような費用も高いジムである場合が多いようです。
また、筋トレにハマっている芸能人は、自宅に筋トレルームを作ってベンチプレスなどのトレーニング器具を置いて、プライベートな空間でトレーニングを行う人もいます。
ジムで行うようなウエイトトレーニングは、筋トレをしている人なら必ずと言っていいほど行っているでしょう。
上半身を撮影されることが多い芸能人に必要な筋肉をつける為には、ジムでの筋肉に負荷をかけるトレーニングは不可欠だということでしょう。
また、男性芸能人は毎回、筋肉に良い食事をするのが難しいので、手軽にたんぱく質が摂れるプロテインを利用している人も多いです。
プロテインは、手っ取り早く良質なタンパク質を摂ることができるので、忙しい芸能人には適しているということですね。

実際に筋トレをしている男性芸能人

実際に筋トレをしている男性芸能人と、筋トレ方法を紹介します。
俳優の西島秀俊さんは、ドラマや映画で肉体美を披露する度に、鍛え上げられた筋肉が話題になりますが、かなりストイックに筋トレをされているそうです。
ジムでパーソナルトレーナーの指導の元、と週4回程度筋トレを行っています。
筋トレ好きの芸能人の中でも、特にストイックにトレーニングをするタイプで、1回のジムで3時間ほど筋トレをすることもあるそうです。
また、食事にも気を使っており、タンパク質の多い食事を心がけ、糖質制限などもしっかり管理しています。
普段の移動も自転車を使うようにするなど、常に体を動かし筋肉を作ることを意識して行動されているのでしょう。

歌手のT.M Revolutionこと西川貴教さんもハードな筋トレを行っていることで有名です。
もともとは華奢な体型だった西川貴教さんは、ライブでパフォーマンスを行う体力の無さを改善するため「ライブで最高のパフォーマンスを行う」という強い思いから体力づくりのために筋トレを始めました。
以前、バラエティ番組に出演した西川貴教さんが、自ら普段のトレーニング内容を公開して、そのストイックさが話題となりました。
その内容は、2時間の間にランニング30分、腕立て伏せ10×10セット、腹筋100回など全身の筋肉を鍛えるトレーニングを全14種類もこなしているそうです。
また、3箇所のジムを用途別に使い分けて通っています。
西川貴教さんは、ジムでの筋トレを15年以上続けており、体脂肪率は9%以下を維持しているということなのでかなりストイックだと分かりますね。
普段から筋トレグッズを持ち歩き、食事は1日1食と美しい筋肉を保つために徹底した生活を送っています。

女性芸能人に多い筋トレ方法とは?

女性芸能人の場合、これまでは筋肉をつけるというよりもスレンダーな身体を作るためのダイエット的な意味合いでの引き締める筋トレが主流でした。
しかし、ここ最近は女性芸能人の中でも、綺麗で女性らしい筋肉をつける筋トレがブームとなっています。
女性芸能人は、脂肪が燃焼できるヨガや、ジョギングなどの有酸素運動と筋トレを合わせて行っている人が多いようです。

また、女性芸能人の場合、男性芸能人のようにプロテインを摂取している人もいますが、肌や髪など美容面にも気を付けている人が多く、野菜や果物も積極的に摂り入れながら筋肉を作っている人が多いのが特徴です。

実際に筋トレをしている女性芸能人

モデルでタレントの藤田ニコルさんは、約2年前からジムに通い筋トレを始め、Instagramでも度々筋トレの様子を公開しています。
もともと、筋肉が少ない体なのを改善しようと筋トレを始めましたが、今では腹筋やお尻の筋肉を中心にかなり鍛え上げられているそうです。
藤田ニコルさんは、筋トレを始める前より体重は増えていますが、見た目はなかり痩せて引きしまっています。
筋トレの効果でしっかりと脂肪が筋肉変わって、体重が重くなったということですね。

女優の仲里依紗さんはクロスフィットのトレーナーでおなじみのAYAさんの指導で筋トレを行っています。
筋トレと有酸素運動を組み合わせたクロスフィットは、かなりハードなメニューをこなすことで有名ですが、もともと運動はほとんどしていなかった仲里依紗さんが週に1回のペースで行う程ハマっているそうです。
食生活も筋肉のことを考えて、タンパク質を多くしつつ、無理な食事制限をしないことでストレスを抱えないようにするのも楽しく続ける秘訣だそうです。
ドラマで披露される仲里依紗さんの美しい筋肉も度々話題になりますが、Instagramでも筋トレをしている姿を見ることができます。

芸能人が筋トレをするメリット・デメリット

芸能人の中でもこれだけ多くの人が筋トレをしているということは、メリットの方が多いのかもしれません。
特に歌手やアーティストは歌、激しいダンス、長時間のライブなど体力が必要な職業なので、筋トレで筋力をつけておくことは大きなメリットとなるでしょう。
役者やアイドル、タレントなど芸能界の仕事は、時間も不規則で体力勝負な仕事がほとんどです。
体力が付く筋トレは、見た目の美しさだけでなく、芸能界での仕事をこなせるような体を作り、仕事の幅が広げられるきっかけとなるでしょう。
また、運動をすることは、心も体もリフレッシュできる効果があるので、常に前向きに仕事に取り組めるメンタル的な効果も期待できます。

デメリットとなるのは、筋トレにハマり過ぎると「筋肉」のイメージが強くなりすぎて、仕事に支障をきたすこともあるようです。
役者の場合、筋肉が付き過ぎで、できる役が少なくなったり、筋肉ばかり注目されるようになり、本業よりも筋肉の仕事がメインになってしまう場合もあります。
しかし、筋肉が注目されるようになって、仕事が減っていた芸能人が再びブレイクするパターンもあるので、筋肉がメリットになるかデメリットになるかは本人次第になるということかもしれませんね。

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=ehTGVVgm&ai=a5d2d4239c58d6