履歴書

ジャニーズ事務所に履歴書を送る方法と書き方

ジャニーズ事務所に入る方法

日本の大手プロダクションで男性アイドルが多数所属しているジャニーズ事務所は、1962年の創業以来、数々の人気アイドルグループを輩出していますよね。

そんなキラキラ輝くジャニーズ事務所のアイドルに憧れて、ジャニーズJr.に興味を持つ人も多いのではないでしょうか。
また、ジャニーズJr.に入れそうなカッコいい男の子がいれば、家族や友人がジャニーズ事務所に履歴書を送りたいと思うこともあるでしょう。
そこでジャニーズ事務所に入る方法について見ていきましょう。

ジャニーズJr.への入所を希望する場合には、ジャニーズファミリークラブ宛てに履歴書と写真を送ります。
送り先の住所と宛て名は以下になります。

<ジャニーズJr.のオーディションへの応募先>
〒150-8550
ジャニーズファミリークラブ「ジャニーズJr.希望(履歴書在中)」係

ジャニーズJr.は随時募集しており、ある程度応募が集まった時点でオーディションが行われるので、開催は不定期になります。
そのため、応募してすぐに合格通知が来た人もいれば、1年以上経ってから連絡がきたというパターンもあります。

20160416_CTA_2

ジャニーズ事務所に送る履歴書の書き方

ジャニーズJr.への応募は、本人の希望ではなく推薦での応募も多いですが、履歴書は本人が書くのが基本になります。
ジャニーズ事務所に所属しているタレントのエピソードには「家族が勝手に応募して、行きたくなかったけれどオーディションに連れていかれた」という話もよくありますが、履歴書に正確な情報を書けるように、可能な限り本人が書きましょう。

応募者が未成年の場合は、必ず保護者の同意が必要です。
履歴書は市販の一般的なもので問題ありません。
自己PRなど、ジャニーズ事務所に入りたいという意気込みや、ジャニーズJr.になりたい理由などを詳しく記入しましょう。
また、書類審査に合格した時にスムーズに連絡ができるように、住所と電話番号は間違えないように注意して記入しなければなりません。
電話番号については、本人と連絡が取れる番号を書く必要があるので、履歴書には友人や親戚などの連絡先を書かないように注意しましょう。

ジャニーズ事務所に履歴書を送る時のルール

ジャニーズJr.のオーディションは、応募するタイミングによって書類選考に合格していても、連絡がなかなかこないことも多いです。
いつまでに連絡がくるという決まりがないので、結果が気になりますが、審査結果に関する問い合わせは受け付けていません。
長期間待っていても連絡がこなければ不合格ということになりますが、中には「履歴書が届いていなかったのかもしれない」ともう一度応募する人もいるようです。
ジャニーズJr.のオーディションに応募する回数に制限はないので、何度か応募しても問題ありません。
実際に初めての応募では連絡がなく、再度応募して合格した人もいます。

また、履歴書には正直に本当のことを書くのがルールです。
ジャニーズJr.のオーディションだけではありませんが、書類審査に通過したいがために、履歴書に偽った情報を書いてしまう人も少なくありません。
実際よりも身長を高く書いてしまう、年齢を若く偽るという人も多いようですが、後々バレてしまうことは言うまでもありません。
正々堂々と本来の自分を審査してもらう気持ちで、履歴書を記入しましょう。

履歴書に同封する写真

ジャニーズJr.のオーディションに応募する履歴書には写真を同封します。
写真は全身、顔、バストアップをそれぞれ1枚ずつ、合計3枚が必要です。
写真のサイズには指定はありませんが、L版くらいの一般的に写真に使われるサイズの写真を同封しましょう。

履歴書と同じで偽りのない、本来の自分の姿がよく分かる写真で応募しましょう。
画像を加工したり、光を飛ばし過ぎて不自然な写真はNGです。
また、全身写真も極端に上や下から撮ったものではなく正面から撮った、スタイルが分かりやすい写真を選びましょう。
服装は自由ですが、シンプルで体型がよく分かる服装、髪型も前髪で目が隠れてしまわないように顔の輪郭が見える髪型で撮影しましょう。

写真は、必ず1人で写っている写真を送るのが基本です。
友達や兄弟と写っている写真に「真ん中が僕です」などと書いて応募する人もいますが、オーディションに応募する写真は、分かりやすいのが鉄則です。
審査員が紛らわしいと感じるような写真は、例え写りが良くても送らないようにしましょう。

履歴書でアピールしておきたいポイントとは

ジャニーズJr.のオーディションに応募する履歴書では、合格に繋がるような特技や自己PRは必ず記入しておきましょう。
ジャニーズファミリークラブのホームページに記載されている募集要項にも、音楽や体操が得意であれば、特技に記入するように書かれています。
ギターやドラムなどの楽器ができたり、バク転、バク宙ができる人は、ジャニーズJr.として活動していく中で武器となる特技となります。
ダンスや歌など何でもいいので、ジャニーズJr.になれた時に役に立ちそうな特技があれば、積極的にアピールしておいた方が、書類審査を通過しやすくなります。

履歴書にまつわるエピソード

ジャニーズJr.のオーディションに応募する履歴書では、他の人とは一味違う特技や、事務所のスタッフが実際に一度会ってみたいと思うような自己PRができれば、二次審査に進むきっかけとなります。
そこで、実際にジャニーズJr.のオーディションに合格したタレントの、履歴書にまつわるエピソードを紹介します。

岩橋玄樹(King&Prince)
岩橋玄樹さんは、履歴書の特技に「野球」と書いたそうです。
実際に4歳~中学3年生まで野球をしていた岩橋玄樹さんですが、ジャニーズ事務所に所属してから、合格の決め手は野球だったと聞かされたというエピソードがあります。
ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川さんは、大の野球好きでも知られており、岩橋玄樹さんの他にも亀梨和也さん(KAT-TUN)や二宮和也さん(嵐)など野球経験者が多く所属しています。

丸山隆平さん(関ジャニ∞)
丸山隆平さんは、ジャニーズJr.のオーディションに履歴書を2回送ったことがあるそうです。
一度目で見事書類選考を通過し、二次審査でも合格と言われ雑誌の撮影にも参加しました。
しかし、その後事務所からの連絡が全くこなくなり、不合格だったと思い込んだ丸山隆平さんは、もう一度履歴書を送り、オーディションまで進みました。
二回目のオーディションとなる会場でジャニー喜多川さんから「何で合格しているのにここにいるの?」と言われ、1回目のオーディションに合格した後、連絡を忘れられていただけだということが発覚したそうです。

風間俊介さん
ジャニーズ事務所では数少ない、グループには属さずに俳優やテレビ番組のMCなど幅広く活躍している風間俊介さんは、履歴書に同封する写真を、中華街で偶然出会った料理人の周富徳さんと一緒に撮ってもらった写真を選び送ったそうです。
オーディションの結果、見事合格した風間俊介さんは、数年後にジャニー喜多川さんから「周富徳さんの息子か何かだと思って、合格にした」と明かされたそうです。
本来は、1人で写っている写真で応募するのが基本ですが、風間俊介さんは稀なパターンですね。

20160416_CTA_2